MICRODIET.netとは?サイトマップ

RSSMICRODIET Online

microdiet.netは、女性のキレイを応援するダイエット・美容のニュースサイトです。

ダイエット・健康・美容のアレ・コレがわかるマイクロダイエットネット

雑学/健康・ダイエット


ウィンタースポーツの消費カロリーがすごい!

スキー、スノーボード、スケートなどウィンタースポーツは、楽しく滑るだけでランニングと同程度のカロリーを消費することができます。

スキー、スノーボード、スケートなどウィンタースポーツは、楽しく滑るだけでランニングと同程度かそれ以上のカロリーを消費することができます。

これらのウィンタースポーツを行った翌日には、驚くほど全身が筋肉痛に襲われませんか?
滑っている間はあまり気が付きませんが、下半身を中心に全身の筋肉が活発に使われているためです。
レジャーである反面、実はなかなかハードな運動でもあるのです。

■ウィンタースポーツの消費カロリー

運動のハードさを示す、METs(メッツ)という単位があります。
Metabolic equivalentsの略で、運動を行った際に安静時の何倍のエネルギー(カロリー消費)をしているかを表すもので、安静時を1METsとしています。

ウィンタースポーツのMETsと1時間当たりの消費カロリー(体重60kgで計算)は以下の通り。

・スノーボード 5.3METs/334kcal
・スキー    7METs/445kcal
・スケート   7METs/445kcal


参考: 散歩:2.5METs/ランニング:7.0METs/テニス:7.3 METs/水泳(クロール・普通の速さ) :8.3METs

スキーやスケートと同じMETsであるランニングを、1時間するとなるとかなりハードですが、ウィンタースポーツなら1時間では足りないぐらいですよね。

楽しく滑るだけで、ランニング以上にカロリーを消費することができます。
しかも有酸素運動である点もランニングと共通ですので、体脂肪燃焼効果もあります。
そして下半身の筋肉をかなり使うため、引き締まった脚やキュッと上がったヒップなど、ボディメイクにも有効です。

ウィンタースポーツは雪や氷の上でするものですから、寒い環境の中に身を置くことになります。
このことはダイエット効果を増進させます。

寒い冬こそ寒さを味わいながら体を動かすことはダイエット効率が良いです。

人間の体は、寒さを感じると体温を保つために体を温めるようとします。寒い時に体がガタガタ震えるのもこのためで、筋肉を動かして熱を発生させようとしているのです。
これにより基礎代謝が上がり、消費するエネルギー量がアップします。つまり寒い場所に身を置くだけでも、ダイエット効率を高めることができます。

また、寒さを感じることによって、体脂肪燃焼に関わるホルモン「アイリスイン」、「FGF21」が分泌されることが研究により分かっており、体脂肪を燃焼させる「褐色脂肪細胞」を作りだします。
10~15分ほど寒さに震えることで、中程度のエクササイズ1時間分に相当する量のアイリスインが分泌されるそうです。(オーストラリア・シドニー大学の研究チームによる)

その一方で、冬は脂肪を溜めこみやすい傾向にあるのも事実です。

冬は屋外での活動が少なくなり運動量が減ったり、寒さに対応するために体が脂肪を蓄える生理的機能、クリスマスや年末年始の飲み会が続いたり、肌の露出が少ないので太ったことに気がつきにくいなど、様々な要因が重なっています。
こうして、冬の間にたっぷり脂肪をため込むことになってしまいます。

ですが、寒い冬こそ寒さを味わいながら体を動かすことは、ダイエット効率が良いです。
ウィンタースポーツをする機会はそう頻繁にはないと思いますが、楽しく滑るだけでダイエット効果が得られますので、かなりオススメです。

出典:(独)国立健康・栄養研究所 http://www0.nih.go.jp/eiken/programs/2011mets.pdf

今回のまとめ

「冬は脂肪を溜めこみやすい季節だから…」と諦めるのか、「寒いからこそダイエット効率が良い!!」と屋外でアクティブに過ごすかで、雲泥の差ですよね。
薄着になる春夏になる前に、体脂肪を何とかするためには、冬をどう過ごすかが決め手となります。

Category : 雑学/健康・ダイエット

カテゴリTOPへ戻る

TOPページへ戻る

マイクロダイエット公式

サニーヘルス公式オンラインショッピング

カテゴリー

雑学/
健康・ダイエット

リバウンド率の高いダイエット法とは

掲載日:2017.06.23

雑学/美容

今からでも遅くない!O脚を直して美脚&脚長に

掲載日:2017.02.06

リサーチ

2017年も60.8%もの人がお正月太りに!あなたは何kg増えた?アンケ

掲載日:2017.01.20

ニュース

マイクロダイエットリゾット&パスタシリーズニューアル

掲載日:2013.12.16

人気記事ランキング

  1. 野菜ジュースを飲めば、野菜を食べる

    美容や健康に関心があっても、忙しくてなかなか十分な野菜を食べられない。そんな現代

  2. 炭水化物を多く含む食品食材のジャン

    「炭水化物抜きダイエット」「糖質オフダイエット」など呼び方はいくつかありますが、

  3. ダイエットに使い分けたい「水溶性食

    五大栄養素と呼ばれている、①タンパク質、②脂質、③糖質、④ビタミン、⑤ミネラルの

  4. 炭水化物と糖質ってどう違うの?

    ダイエット中には脂質と糖質はなるべく控えめにしたいものです。脂質とはつまり油のこ

  5. 体脂肪を燃焼させる!?「ケトン体ダ

    炭水化物抜きダイエット、もしくは低炭水化物ダイエットについては、以前こちらのサイ

人気記事ランキング

  1. ヨーグルトは夜がオススメ!夜ヨーグ

    ヨーグルトには乳酸菌などの善玉菌がたっぷり含まれています。 善玉菌の働きは、悪玉

  2. 太るサラダとダイエット向きサラダ 

    美容や健康、ダイエットなどのために、積極的にサラダを食べる人は多いと思いますが、

  3. パスタの太りにくい食べ方

    みんな大好きなパスタ! でも炭水化物だしオイリーだから太りそう...と、ダイエッ

  4. 何をどれだけ食べれば「バランスの良

    身体にイイとされる、「適量をバランスよく食べましょう」というよく聞くセリフ。

  5. 囲碁将棋一局で体重2、3キロ減!?

    バレンタインデーは女子どうしでチョコを贈る「友チョコ」なんていうものも定着してい

  1. 体に良い油・悪い油、種類を知ってキ
  2. 生食すれば医者いらず!大根おろしの
  3. ヘルシーな鶏むね肉はダイエットや疲
  4. ダイエット中に太らないアイスの選び
  5. ダイエット中のお酒はやっぱりダメ?
  6. 太っている人とやせている人の違い、
  7. もやしダイエットは低カロリーで栄養
  8. 食事代わりにお菓子を食べている人は
  9. 今注目の海藻由来の成分「フコキサン
  10. ダイエット中の朝ごはん、パンとご飯


サニーヘルス公式オンラインショッピング

サニーヘルス 口コミ・レビュー

みんなの体験談

画像で記事を探す









カロリーセーブスーパー公式サイトはこちら

ダイエット体験談



[PR]

話題のダイエット方法ならe-dietnavi「イーダイエットナビ」

にほんブログ村 ダイエットブログ ダイエットの豆知識へ

SSL グローバルサインのサイトシール

(C) Copyright 2015 Sunny Health. All Rights Reserved.