Twitterでシェア

このサイトの記事をツイートいただいた方の中から抽選で毎月3名様にマイクロダイエット1週間チャレンジセットをプレゼントしています!

Twitterでシェアする

雑学/健康・ダイエットTRIBIA/HEALTH-DIET

記事を読んだらバナーをクリック!

にほんブログ村 ダイエットブログ ダイエットの豆知識へ

Twitterでシェア

このサイトの記事をツイートいただいた方の中から抽選で毎月3名様にマイクロダイエット1週間チャレンジセットをプレゼントしています!

Twitterでシェアする

ウィンタースポーツの消費カロリーがすごい!

カテゴリー:雑学/健康・ダイエット

ウィンタースポーツの消費カロリーがすごい!

スキー、スノーボード、スケートなどウィンタースポーツは、楽しく滑るだけでランニングと同程度のカロリーを消費することができます。

スキー、スノーボード、スケートなどウィンタースポーツは、楽しく滑るだけでランニングと同程度かそれ以上のカロリーを消費することができます。

これらのウィンタースポーツを行った翌日には、驚くほど全身が筋肉痛に襲われませんか?
滑っている間はあまり気が付きませんが、下半身を中心に全身の筋肉が活発に使われているためです。
レジャーである反面、実はなかなかハードな運動でもあるのです。

■ウィンタースポーツの消費カロリー

運動のハードさを示す、METs(メッツ)という単位があります。
Metabolic equivalentsの略で、運動を行った際に安静時の何倍のエネルギー(カロリー消費)をしているかを表すもので、安静時を1METsとしています。

ウィンタースポーツのMETsと1時間当たりの消費カロリー(体重60kgで計算)は以下の通り。

・スノーボード 5.3METs/334kcal
・スキー    7METs/445kcal
・スケート   7METs/445kcal

参考: 散歩:2.5METs/ランニング:7.0METs/テニス:7.3 METs/水泳(クロール・普通の速さ) :8.3METs

スキーやスケートと同じMETsであるランニングを、1時間するとなるとかなりハードですが、ウィンタースポーツなら1時間では足りないぐらいですよね。

楽しく滑るだけで、ランニング以上にカロリーを消費することができます。
しかも有酸素運動である点もランニングと共通ですので、体脂肪燃焼効果もあります。
そして下半身の筋肉をかなり使うため、引き締まった脚やキュッと上がったヒップなど、ボディメイクにも有効です。

ウィンタースポーツは雪や氷の上でするものですから、寒い環境の中に身を置くことになります。
このことはダイエット効果を増進させます。

寒い冬こそ寒さを味わいながら体を動かすことはダイエット効率が良いです。

人間の体は、寒さを感じると体温を保つために体を温めるようとします。寒い時に体がガタガタ震えるのもこのためで、筋肉を動かして熱を発生させようとしているのです。
これにより基礎代謝が上がり、消費するエネルギー量がアップします。つまり寒い場所に身を置くだけでも、ダイエット効率を高めることができます。

また、寒さを感じることによって、体脂肪燃焼に関わるホルモン「アイリスイン」、「FGF21」が分泌されることが研究により分かっており、体脂肪を燃焼させる「褐色脂肪細胞」を作りだします。
10~15分ほど寒さに震えることで、中程度のエクササイズ1時間分に相当する量のアイリスインが分泌されるそうです。(オーストラリア・シドニー大学の研究チームによる)

その一方で、冬は脂肪を溜めこみやすい傾向にあるのも事実です。

冬は屋外での活動が少なくなり運動量が減ったり、寒さに対応するために体が脂肪を蓄える生理的機能、クリスマスや年末年始の飲み会が続いたり、肌の露出が少ないので太ったことに気がつきにくいなど、様々な要因が重なっています。
こうして、冬の間にたっぷり脂肪をため込むことになってしまいます。

ですが、寒い冬こそ寒さを味わいながら体を動かすことは、ダイエット効率が良いです。
ウィンタースポーツをする機会はそう頻繁にはないと思いますが、楽しく滑るだけでダイエット効果が得られますので、かなりオススメです。

出典:(独)国立健康・栄養研究所 http://www0.nih.go.jp/eiken/programs/2011mets.pdf

Category : 雑学/健康・ダイエット

記事を読んだらバナーをクリック!

にほんブログ村 ダイエットブログ ダイエットの豆知識へ

注目のキーワード

この記事を読んだひとはこんな記事も読んでいます