MICRODIET.netとは?サイトマップ

RSSMICRODIET Online

microdiet.netは、女性のキレイを応援するダイエット・美容のニュースサイトです。

ダイエット・健康・美容のアレ・コレがわかるマイクロダイエットネット

雑学/健康・ダイエット


赤ワインに含まれるダイエットに注目の成分「エラグ酸」が脂肪を燃焼!?

「ワインが脂肪燃焼効果を持つかもしれない」という研究成果が、アメリカ・オレゴン州立大学のホームページに掲載されました。

日本はこれまで何度かのワインブームを経てきましたが、2012年~現在は過去最高のワインブーム(第七次ワインブーム)だそうです。

97~98年の第六次ワインブームでは、赤ワインに含まれるポリフェノールの健康効果が注目され、赤ワインの消費量が大幅に伸びブームとなりました。その後ワイン人気は定着、家庭や飲食店で気軽に飲まれるように。
以前はワイン=高級、特別な時に飲む、といったイメージが一般的でしたが、今ではスーパーやコンビニで1000円を切る手頃な価格帯のワインが、豊富に陳列されています。
買いやすくなったことでワインを飲む層が拡大しました。

近年ワインの価格が下がり種類も増えた背景には、ワイン生産地であるチリと日本の間で、2007年にEPA(経済連携協定)が発効したことが、一因に考えられます。

ワインの関税は2007年から段階的に引き下げられており、それに伴いチリ産ワインの輸入が増加しています。その勢いは、日本のワイン輸入国2位だったイタリアを抜き(2013年)、1位のフランスに迫るほど。

同じく有力産地のオーストラリアとも2014年にEPAが発効され、ワインの関税はチリ同様最終的に撤廃となる予定。
日本のワイン市場は拡大する一方となりそうです。
 
■ブドウに含まれるダイエットに注目の成分「エラグ酸」

97~98年の第六次ワインブームの主因となったのは、"赤ワインポリフェノール"です。
赤ワインポリフェノールは強い抗酸化作用を持ち、美容や生活習慣病などの予防に効果があることで知られています。
このようにブームの火付け役となり得る機能面において、また新たな研究結果が発表されました。

ブドウに含まれるエラグ酸は苺などベリー系やざくろにも多く含まれ、美白効果を持ち化粧品やサプリメントなどにも使用されており、日本では厚生労働省から認定を受けている成分です。

2015年2月5日、「ワインが脂肪燃焼効果を持つかもしれない」という研究成果が、アメリカ・オレゴン州立大学のホームページに掲載されました。

同大学の分子生物学者Neil Shay氏らによると、グレープジュース又はワインを飲むと、脂肪の燃焼を助け、肥満や脂肪肝などの改善につながるとのこと。

アメリカ南東部の野生種「マスカダイン」という種のブドウから発見された4つの天然成分に、人間の肝臓と肝細胞をさらし経過を観察。
その結果、既存の脂肪細胞の成長を抑えるとともに、新しく脂肪細胞が形成されるのを、劇的に遅らせる効果が見られたといいます。
特に肝細胞内の脂肪酸の代謝を促進させる効果が顕著だったとのことです。

この4つの成分のうち特に強力な効果を持っていたのは、天然ポリフェノールの一種である「エラグ酸」という物質。
エラグ酸は苺などベリー系やざくろにも多く含まれ、美白効果を持ち化粧品やサプリメントなどにも使用されており、日本では厚生労働省から認定を受けている成分です。
 
また、Shay氏らの研究グループは、高脂肪の食事でマウスを太らせ、そのうちの一部に「ピノノワール」という赤ブドウの抽出物を与えながら10週間のテストも行いました。

すると脂肪の多い食事だけを与えられていたマウスに比べて、ブドウ抽出物を与えられたマウスは、肝臓の脂肪の量が少なく、血糖値も低いという結果になりました。
これらのマウスに与えられたブドウ抽出物の量は、人間に換算すると1日1カップ半相当とのこと。

Shay氏は、エラグ酸が実際に人間のダイエットに効果があるかどうかまでは、まだ分からないとのこと。ですが、消費量が今後さらに伸びそうなワイン市場に、エラグ酸がもう一つの追い風となるかもしれません。

オレゴン州立大学(Oregon State University)
http://oregonstate.edu/">http://oregonstate.edu/

今回のまとめ

ワインにの健康効果やダイエット効果は研究により明らかになりつつありますが、飲み過ぎは、逆に健康を損なってしまいます。
お酒はあくまでも適量にしましょうね。

Category : 雑学/健康・ダイエット

カテゴリTOPへ戻る

TOPページへ戻る

マイクロダイエット公式

サニーヘルス公式オンラインショッピング

カテゴリー

雑学/
健康・ダイエット

ダイエットのつもりが逆に太ってしまう4大間違いダイエット法

掲載日:2017.03.17

雑学/美容

今からでも遅くない!O脚を直して美脚&脚長に

掲載日:2017.02.06

リサーチ

2017年も60.8%もの人がお正月太りに!あなたは何kg増えた?アンケ

掲載日:2017.01.20

ニュース

マイクロダイエットリゾット&パスタシリーズニューアル

掲載日:2013.12.16

人気記事ランキング

  1. ダイエットに使い分けたい「水溶性食

    五大栄養素と呼ばれている、①タンパク質、②脂質、③糖質、④ビタミン、⑤ミネラルの

  2. ヨーグルトは夜がオススメ!夜ヨーグ

    ヨーグルトには乳酸菌などの善玉菌がたっぷり含まれています。 善玉菌の働きは、悪玉

  3. 炭水化物を多く含む食品食材のジャン

    「炭水化物抜きダイエット」「糖質オフダイエット」など呼び方はいくつかありますが、

  4. 間違いだらけの炭水化物抜きダイエッ

    炭水化物は太りやすい。...というイメージが先行して「炭水化物抜きダイエット」を

  5. 炭水化物と糖質ってどう違うの?

    ダイエット中には脂質と糖質はなるべく控えめにしたいものです。脂質とはつまり油のこ

人気記事ランキング

  1. 太るサラダとダイエット向きサラダ 

    美容や健康、ダイエットなどのために、積極的にサラダを食べる人は多いと思いますが、

  2. 体脂肪を燃焼させる!?「ケトン体ダ

    炭水化物抜きダイエット、もしくは低炭水化物ダイエットについては、以前こちらのサイ

  3. パスタの太りにくい食べ方

    みんな大好きなパスタ! でも炭水化物だしオイリーだから太りそう...と、ダイエッ

  4. 炭水化物抜きダイエットをオススメし

    根強い人気の「炭水化物抜きダイエット」。 炭水化物(を多く含む食べ物)と言ったら

  5. 何をどれだけ食べれば「バランスの良

    身体にイイとされる、「適量をバランスよく食べましょう」というよく聞くセリフ。

  1. 生食すれば医者いらず!大根おろしの
  2. 体に良い油・悪い油、種類を知ってキ
  3. もやしダイエットは低カロリーで栄養
  4. 太っている人とやせている人の違い、
  5. 野菜ジュースを飲めば、野菜を食べる
  6. ダイエット中のお酒はやっぱりダメ?
  7. ヘルシーな鶏むね肉はダイエットや疲
  8. 秋冬においしい牡蠣!女子に嬉しい栄
  9. 食事代わりにお菓子を食べている人は
  10. バターとマーガリンどっちを選ぶべき


サニーヘルス公式オンラインショッピング

サニーヘルス 口コミ・レビュー

みんなの体験談

画像で記事を探す









カロリーセーブスーパー公式サイトはこちら

ダイエット体験談



[PR]

話題のダイエット方法ならe-dietnavi「イーダイエットナビ」

にほんブログ村 ダイエットブログ ダイエットの豆知識へ

SSL グローバルサインのサイトシール

(C) Copyright 2015 Sunny Health. All Rights Reserved.