MICRODIET.netとは?サイトマップ

RSSMICRODIET Online

microdiet.netは、女性のキレイを応援するダイエット・美容のニュースサイトです。

ダイエット・健康・美容のアレ・コレがわかるマイクロダイエットネット

雑学/健康・ダイエット


朝カレーダイエットのすすめ

朝カレーの先駆者といったら、メジャーリーガーのイチロー選手。
毎日朝食にカレーを食べていたのは有名な話ですよね。その後メニューは、カレーからそうめんと食パンに変わったようで、現在では朝カレーは食べていないとか。

一方、同じく朝カレーを取り入れ、14キロものダイエットに成功したという人物がいます。それは、第二次安倍内閣の菅(すが)内閣官房長官。メディアで取り上げられたので、ご存知の方もいらっしゃるかもしれません。

菅官房長官は奥様お手製のスープカレーを朝食に食べ、ウォーキングも並行して行ったとのこと。あまりのやせぶりに事情を知らない周囲は、病気を心配したという話もありました。

■朝カレーがダイエットに効く理由

カレーは基本的に高カロリーになりがちなメニューではありますが、うまく取り入れることでダイエット効果が期待できます。その秘訣は、食べる時間とスパイスにあります。

カレーの本場であるインドではもちろんのこと、日本でも市販のカレールーには様々な種類のスパイスが使われています。日本のカレールーで一般的によく使われるものと、その作用をご紹介します。

●ガラムマサラ
インド料理でよく使われるミックススパイスで、基本はシナモン、クローブ、ナツメグの3つです。発汗、解熱、鎮痛、抗菌作用、胃腸の調子を整える、食欲改善、体を温めるなどの作用があります。

●クミン(クミンシード)
カレーの特徴的な香りの元となっているのがクミンです。ガラムマサラに使われることも多いです。胃腸の調子を整える、消化促進などのはたらきがあります。インドでは下痢や腹痛の治療薬として使われてきました。

●ターメリック(ウコン)
カレーの黄色の元がターメリックです。日本ではウコンと呼ばれています。お酒の悪酔いを防ぐドリンクやサプリメントにもよく使われているように、肝臓に働きかける力を持っています。インドでは傷薬や炎症を抑える薬として使われてきました。抗酸化、血行促進、代謝の活性化する働きがあると言われています。

●コリアンダー
東南アジアではコリアンダーの葉(パクチー/香菜)が多用されますが、カレーでは種を粉にしたものを使います。消化を助ける、腸内のガスを減らす、食欲増進、発汗などのはたらきが知られています。

●唐辛子
辛みの元となっているのが唐辛子です。
ダイエットに効果のある成分としてカプサイシンが有名です。胃腸の働きを整える、血行促進、代謝の活性化、発汗作用などのはたらきがあります。


カレーを食べると体が温まることは、皆さんも経験的にご存知だと思いますが、それはこれらのスパイスが大きく関わっています。また単品ではなく複数を組み合わせることで相乗効果があり、尚且つどれも血行促進や発汗作用など、ダイエットで重要な代謝に関係するものばかりです。体が温まることで、冷え性の改善や体温の上昇にも繋がります。

ではどうして昼や夜ではなく、朝にカレーを食べるのがダイエットに良いのでしょうか?

眠りから目覚める朝は、リラックス時や睡眠中に優位になる副交感神経から活動時の交感神経に切り替わる時間帯です。この時に血流を促す効果の高いスパイスの入ったカレーを食べることで、交感神経への切り替えを速やかにし、脳も体も目覚めさせます。それにより体は活性化して、ダイエット効率がアップします。

また、カレーは代謝を上げてダイエットを促す効果が期待できるとはいえ、昼ならまだしも夜ではむしろ逆効果で、体重が増えてしまう可能性すらあります。
そもそもカロリーが高く、夜に食べるとそのエネルギーは消費されることなく眠りにつくことになってしまい、体脂肪に蓄えられやすいためです。朝に食べるのであれば、1日の活動によりエネルギーは消費されやすいので、夕食に食べるよりも太りにくくなります。

【朝カレーダイエットの気を付けるポイント】

①毎朝ではなく、週に数度ぐらいの頻度にしておきましょう。胃腸があまり強くない場合は胃に負担がかかる場合がありますので、様子を見ながら取り入れてください。

②市販のカレーのルーは脂質が30~40%と高いので、カロリーカットのルーを使ったり、具を炒める油の量に気を付けるなどなるべく脂質を抑えるようにしましょう。

③カレーの具は脂肪分の高い肉は避けましょう。赤身の肉、皮を除いた鶏肉、豆などを使用し、旬の野菜やきのこをたっぷり入れましょう。

④ご飯の量はお茶碗1杯分(約150g)程度にします。白米よりも栄養価が高い雑穀米や玄米がオススメです。

今回のまとめ

カレーを作る時間のない人は、レトルトでも構いません。
スパイスにダイエット効果があるので、カレーライスとしてのみではなく、普段の炒め物やスープなどにカレー用のスパイスやカレーパウダーを加えても良いでしょう。
シナモンやクローブならヨーグルトやパンケーキにも合うので、ぜひ日常的にスパイスを取り入れてみてくださいね。

Category : 雑学/健康・ダイエット

カテゴリTOPへ戻る

TOPページへ戻る

マイクロダイエット公式

サニーヘルス公式オンラインショッピング

カテゴリー

雑学/
健康・ダイエット

青汁で有名な野菜「ケール」が海外ではオシャレフードとして人気!

掲載日:2018.07.20

雑学/美容

今からでも遅くない!O脚を直して美脚&脚長に

掲載日:2017.02.06

ニュース

マイクロダイエットリゾット&パスタシリーズニューアル

掲載日:2013.12.16


人気記事ランキング

  1. ダイエット中に太らないアイスの選び

    アイスの美味しい季節となってまいりました! でも冷たくて甘いアイスには、多量の砂

  2. 太るサラダとダイエット向きサラダ 

    美容や健康、ダイエットなどのために、積極的にサラダを食べる人は多いと思いますが、

  3. ヨーグルトは夜がオススメ!夜ヨーグ

    ヨーグルトには乳酸菌などの善玉菌がたっぷり含まれています。 善玉菌の働きは、悪玉

  4. 野菜ジュースを飲めば、野菜を食べる

    美容や健康に関心があっても、忙しくてなかなか十分な野菜を食べられない。そんな現代

  5. パスタの太りにくい食べ方

    みんな大好きなパスタ! でも炭水化物だしオイリーだから太りそう...と、ダイエッ

人気記事ランキング

  1. 体脂肪を燃焼させる!?「ケトン体ダ

    炭水化物抜きダイエット、もしくは低炭水化物ダイエットについては、以前こちらのサイ

  2. 夏は男女間の体感温度差にご注意を!

    ある夏の夜。ある夫婦は、別々の部屋で眠ります。なぜでしょう?ケンカ中だから?それ

  3. 食事代わりにお菓子を食べている人は

    やせたい。でもお菓子やスイーツがどうしても食べたい...じゃあ、いっそのこと食事

  4. 1日10分でOK!ダイエットに有効

    運動には「有酸素運動」と「無酸素運動」がありますが、体脂肪を燃やすなら有酸素運動

  5. 夏バテ予防・ダイエットにも有効!お

    早々に梅雨が明けて真夏の暑さになり、「食欲がない」「なんだか体がだるい」「でもや

  1. 炭水化物を多く含む食品食材のジャン
  2. 夏のダイエットで注意するべきポイン
  3. 「固太り」ってどうしたらいいの?原
  4. ダイエットに使い分けたい「水溶性食
  5. ダイエットのつもりが逆に太ってしま
  6. 3つのルールで簡単!ダイエット弁当
  7. ヘルシーな鶏むね肉はダイエットや疲
  8. 太っている人とやせている人の違い、
  9. ダイエット中のお酒はやっぱりダメ?
  10. 生食すれば医者いらず!大根おろしの


サニーヘルス公式オンラインショッピング

サニーヘルス 口コミ・レビュー

みんなの体験談

画像で記事を探す









カロリーセーブスーパー公式サイトはこちら

ダイエット体験談



[PR]

話題のダイエット方法ならe-dietnavi「イーダイエットナビ」

にほんブログ村 ダイエットブログ ダイエットの豆知識へ

SSL グローバルサインのサイトシール

(C) Copyright 2018 Sunny Health. All Rights Reserved.