雑学/健康・ダイエットTRIBIA/HEALTH-DIET

Twitterでシェア

このサイトの記事をツイートいただいた方の中から抽選で毎月3名様にマイクロダイエット1週間チャレンジセットをプレゼントしています!

Twitterでシェアする
Twitterでシェア

このサイトの記事をツイートいただいた方の中から抽選で毎月3名様にマイクロダイエット1週間チャレンジセットをプレゼントしています!

Twitterでシェアする

次の注目ヘルシーフードは驚異の穀物「アマランサス」

アマランサスはヒユ科ヒユ属の総称で、南米原産の植物です。種子を食用とし紀元前5000年から栽培されていたようです。
アマランサスはヒユ科ヒユ属の総称で、南米原産の植物です。種子を食用とし紀元前5000年から栽培されていたようです。

以前マイクロダイエットネットでご紹介したスーパーフードの「キヌア」と同様に、栄養価が高く注目されているヘルシーフードに「アマランサス」というものがあります。「スーパーグレイン(驚異の穀物)」とも呼ばれ古代から食べられており、ハリウッドセレブらが取り入れていることで近年知名度が上がりました。

アマランサスはヒユ科ヒユ属の総称で、南米原産の植物です。
種子を食用とし紀元前5000年から栽培されていたようです。

他の穀類とエネルギーは同程度ですが、白米と比べてタンパク質が2倍、カルシウムが約32倍、マグネシウム12倍、食物繊維5倍、鉄分はほうれん草の2.4倍もの量が含まれており、穀類の中ではどの栄養素も群を抜います。その他にビタミンB6、葉酸、亜鉛、ポリフェノールなども含んでおり、とても栄養価の高い食品です。
(※文部科学省「日本食品標準成分表2015年版(七訂)」準拠 『七訂 食品成分表2016』より引用(サニーヘルス調べ)

他の雑穀と比べ種皮が柔らかく皮ごと食べられるので、栄養を余すことなく取り入れられることも特徴的です。またその栄養価の高さだけでなく、小麦と違ってアレルギー反応が少ないことからも欧米では注目され、ヘルシーフードとしてセレブだけでなく一般の人にまで人気が高まっているようです。

【アマランサスの美容&ダイエットパワー】

ダイエット中に不足しがちな栄養がたっぷり!

ダイエット中に食事量が少なくなると、必要な栄養素が十分に摂れなくなる場合があります。特に不足しがちなのは、骨密度や精神の安定に関わるカルシウム、血液を作る鉄、便通や腸内環境や血糖値の上昇に影響する食物繊維などです。
アマランサスにはこれらの栄養素が豊富に含まれているので、白米に混ぜて炊いて食べるだけで補うことができます。

雑穀には白米に含まれない栄養素がたっぷりです。毎日の食事は、白米よりも雑穀や玄米がおすすめです。

必須アミノ酸が脂肪燃焼を促進

アマランサスにはタンパク質が多く、体内で合成することのできない必須アミノ酸が含まれています。特に注目したいのが「リジン」という必須アミノ酸です。
米や小麦には含まれないアミノ酸で、脂肪を分解する作用のある酵素「リパーゼ」の働きを活性化させる働きがあります。

天然の美肌オイル

アマランサスには約6%脂肪が含まれており、他の穀類よりも若干多いものの、そのうちの約7%ほど「スクアレン」が含まれています。オリーブオイル(0.4%)などにも含まれますが、比較するとアマランサスには格段に多く含まれており、自然界ではサメの肝油に多量に含まれている成分です。代謝を活性化し美肌効果があり、サプリメントや化粧品に使われています。

【アマランサスの簡単な取り入れ方】

簡単な下ごしらえをするだけで様々な料理に活用することができます。

アマランサスは粒が小さいので目の細かいざるや茶こしに入れ、サッと洗いゴミを洗い流します。そして沸騰したお湯に洗ったアマランサスを入れ、8分程度茹でて湯切りをします。たったこれだけでOK!

下ごしらえなしでお米と一緒に炊いて雑穀ご飯として食べても良いですし、チャーハン、リゾット、オムライスなどにも好相性。

茹でたアマランサスはサラダのトッピング、マリネ、炒めものに加える、ドレッシングに入れる、揚げ物の衣など、幅広く使うことができます。下ごしらえ済みのアマランサスは冷凍保存が可能ですので、ぜひ気軽に取り入れてみてくださいね。

今回のまとめ

アマランサスは白米よりもはるかに栄養価が高いです。
毎日の食事に取り入れて、継続的に食べるようにすると良いでしょう。

Category : 雑学/健康・ダイエット

注目のキーワード

この記事を読んだひとはこんな記事も読んでいます