MICRODIET.netとは?サイトマップ

RSSMICRODIET Online

microdiet.netは、女性のキレイを応援するダイエット・美容のニュースサイトです。

ダイエット・健康・美容のアレ・コレがわかるマイクロダイエットネット

雑学/健康・ダイエット


腸内環境が体質を決める!話題の「菌活」がダイエットに効く理由

発酵食品には乳酸菌やビフィズス菌が多く含まれているので、食べることで善玉菌そのものを摂ることができます。

婚活、妊活など「○活」という言葉がすっかり定着している昨今、「菌活」というものをチラホラ耳にするようになってきました。

「菌活」とは、体に良い作用をもたらしてくれる菌を含む食品を積極的に食べること。例えば乳酸菌やビフィズス菌などがその代表格です。

菌活によって腸内の善玉菌を増やし腸内環境を整えることで、美容と健康、さらにはダイエット効果まで得られると言われています。

■菌活=腸内環境の改善に!

栄養の消化吸収を行い、有害なものは排出する器官である腸には、およそ100~500種、100兆個にも及ぶ腸内細菌が存在していると考えられています。
こうした菌群は腸内フローラ(腸内細菌叢 ちょうないさいきんそう)と呼ばれ、人によって菌のバランスは異なり、生活習慣や年齢、ストレスなどによっても変化します。代表的な腸内細菌は作用によって大きく3種類に分類されます。

【善玉菌】...ビフィズス菌や乳酸菌など。ビタミンの合成、消化吸収の補佐、免疫刺激、悪玉菌の増殖を抑えるなどなど、人に有益な働きをしてくれる菌です。健康や美肌作りに役立ちます。

【悪玉菌】...腸内腐敗、細菌毒素の発生、発ガン物質の産生、ガス発生など。肌荒れや病気の原因になったり、老化を促進させます。

【日和見菌(ひよりみきん)】...健康時は活動が少ないのですが、体が弱っていると悪玉菌と同じような働きをする性質を持っています。

腸内の菌の数は、善玉菌と悪玉菌の一方が増殖すれば、もう一方が減るというように、一定に保たれるようになっています。

健康な人の腸は善玉菌が悪玉菌を押さえバランスが保たれますが、様々な原因で菌のバランスが悪玉菌優勢になると腸内環境が悪化します。
腸内で食べたものの腐敗が進み、アンモニア、フェノール、インドールなど有害物質が発生し、臭いオナラや便がそのサインとなります。

有害物質は腸管から吸収され全身に巡り、便秘、下痢、頭痛、肌荒れ、口臭、体臭、代謝が低下して太りやすくなるといった症状だけでなく、生活習慣病の原因になることもあります。

有害物質は腸管から吸収され全身に巡り、便秘、下痢、頭痛、肌荒れ、口臭、体臭、代謝が低下して太りやすくなるといった症状だけでなく、生活習慣病の原因になることもあります。

悪玉菌が増える原因は、便秘、加齢、ストレス、運動不足や不規則な生活、加齢などがありますが、何と言ってもやはり食べ物が大きく関わっています。

肉類、インスタント食品、お菓子など脂肪の多い食べ物の摂り過ぎは、十分に消化されないまま大腸に運ばれ、悪玉菌のエサとなってしまいます。悪玉菌はタンパク質や脂肪が大好物なのです。

また、豆類、海藻類、野菜の摂取量が少なかったり、水分をあまり摂らないことも悪玉菌を増やす原因になります。

■善玉菌の上手な摂り方・増やし方

善玉菌の働きは、悪玉菌の増殖を抑えて腸を健康に保ち、有害物質の発生や病原性細菌の繁殖を抑える、免疫力アップ、風邪の予防、アレルギー症状の緩和、便通を良くする、肌荒れ改善、肥満予防など、全身の健康に繋がっています。
では、善玉菌を増やすにはどうしたら良いのでしょうか?

【1】発酵食品を食べる

ヨーグルト、チーズ、納豆、味噌、醤油、糠漬け、キムチなどの発酵食品には乳酸菌やビフィズス菌が多く含まれているので、食べることで善玉菌そのものを摂ることができます。胃酸で死滅してしまう菌もいますが、死んでしまった菌がまったく無意味になるわけではなく、間接的に腸内環境を良くすることに役立ちます。生きて腸まで届くかどうかはそれほど気にせず、積極的に発酵食品を取り入れましょう。

【2】食物繊維とオリゴ糖

食物繊維やオリゴ糖は腸内で善玉菌のエサとなって善玉菌を増やし、腸内環境のバランスを整えてくれる働きがあります。
食物繊維は野菜全般、果物、穀類、豆類、海藻、きのこなど植物性の食べ物に多く含まれています。

オリゴ糖は糖質の一種で、シロップや健康食品等の形で販売されているものもありますが、食品から十分に摂ることができます。アスパラガス、玉ねぎ、キャベツ、じゃがいも、ごぼう、バナナ、牛乳などのほか、大豆にも多く含まれています。大豆を発酵させた納豆、味噌、醤油は、善玉菌を増やすにはとても良い食べ物です。

【3】よく噛む

口の中でペースト状になるまで噛むことが理想的です。早食いや飲み物で流し込むような食べ方は、消化に悪いだけなく太りやすい食べ方でもあります。咀嚼は消化酵素の分泌が促されるので、消化吸収が良くなり、悪玉菌のエサを増やさないことに繋がります。
暴飲暴食は消化不良を起こす原因となるので、腸で悪玉菌のエサとなりやすいです。

今回のまとめ

菌活は継続なり!
毎日の食事からとり入れ、単発ではなく毎日何かしらの菌を含むものを食べるようにすることが大切です。

Category : 雑学/健康・ダイエット

カテゴリTOPへ戻る

TOPページへ戻る

マイクロダイエット公式

サニーヘルス公式オンラインショッピング

カテゴリー

雑学/
健康・ダイエット

「酸化」と「糖化」が老化を促進!防ぐ方法とは?

掲載日:2017.10.20

雑学/美容

今からでも遅くない!O脚を直して美脚&脚長に

掲載日:2017.02.06

リサーチ

2017年も60.8%もの人がお正月太りに!あなたは何kg増えた?アンケ

掲載日:2017.01.20

ニュース

マイクロダイエットリゾット&パスタシリーズニューアル

掲載日:2013.12.16

人気記事ランキング

  1. 炭水化物を多く含む食品食材のジャン

    「炭水化物抜きダイエット」「糖質オフダイエット」など呼び方はいくつかありますが、

  2. ダイエットに使い分けたい「水溶性食

    五大栄養素と呼ばれている、①タンパク質、②脂質、③糖質、④ビタミン、⑤ミネラルの

  3. 体脂肪を燃焼させる!?「ケトン体ダ

    炭水化物抜きダイエット、もしくは低炭水化物ダイエットについては、以前こちらのサイ

  4. ヨーグルトは夜がオススメ!夜ヨーグ

    ヨーグルトには乳酸菌などの善玉菌がたっぷり含まれています。 善玉菌の働きは、悪玉

  5. 野菜ジュースを飲めば、野菜を食べる

    美容や健康に関心があっても、忙しくてなかなか十分な野菜を食べられない。そんな現代

人気記事ランキング

  1. 太るサラダとダイエット向きサラダ 

    美容や健康、ダイエットなどのために、積極的にサラダを食べる人は多いと思いますが、

  2. パスタの太りにくい食べ方

    みんな大好きなパスタ! でも炭水化物だしオイリーだから太りそう...と、ダイエッ

  3. 秋冬においしい牡蠣!女子に嬉しい栄

    秋冬においしくなる牡蠣! 英語圏では「May(5月)」や「July(7月)」など

  4. 炭水化物と糖質ってどう違うの?

    ダイエット中には脂質と糖質はなるべく控えめにしたいものです。脂質とはつまり油のこ

  5. 何をどれだけ食べれば「バランスの良

    身体にイイとされる、「適量をバランスよく食べましょう」というよく聞くセリフ。

  1. 食事代わりにお菓子を食べている人は
  2. 生食すれば医者いらず!大根おろしの
  3. 体に良い油・悪い油、種類を知ってキ
  4. ピーナッツバターにダイエットと美容
  5. ダイエット中に太らないアイスの選び
  6. 「酸化」と「糖化」が老化を促進!防
  7. 太っている人とやせている人の違い、
  8. その老け顔...レンジの使い過ぎで
  9. ヘルシーな鶏むね肉はダイエットや疲
  10. 避けて通れない?更年期太りを防ぐに


サニーヘルス公式オンラインショッピング

サニーヘルス 口コミ・レビュー

みんなの体験談

画像で記事を探す









カロリーセーブスーパー公式サイトはこちら

ダイエット体験談



[PR]

話題のダイエット方法ならe-dietnavi「イーダイエットナビ」

にほんブログ村 ダイエットブログ ダイエットの豆知識へ

SSL グローバルサインのサイトシール

(C) Copyright 2015 Sunny Health. All Rights Reserved.