Twitterでシェア

このサイトの記事をツイートいただいた方の中から抽選で毎月3名様にマイクロダイエット1週間チャレンジセットをプレゼントしています!

Twitterでシェアする

雑学/健康・ダイエットTRIBIA/HEALTH-DIET

記事を読んだらバナーをクリック!

にほんブログ村 ダイエットブログ ダイエットの豆知識へ

Twitterでシェア

このサイトの記事をツイートいただいた方の中から抽選で毎月3名様にマイクロダイエット1週間チャレンジセットをプレゼントしています!

Twitterでシェアする

簡単薬膳で指先までポカポカ、やせ体質に!

カテゴリー:雑学/健康・ダイエット

簡単薬膳で指先までポカポカ、やせ体質に!

「薬膳」というと薬臭いイメージを持たれがちな存在でしたが、最近では美味しく食べて美容や健康に良い料理として、女性を中心に支持層が広がってきています。

「薬膳」というと薬臭いイメージを持たれがちな存在でしたが、最近では美味しく食べて美容や健康に良い料理として、女性を中心に支持層が広がってきています。

薬膳とは中国の医学書に基づき食材の持つ薬理作用を組み合わせ、体を健康に保つことや病気を予防することを目的とした食事。例えば春夏は体の暑気を取るもの、秋冬は体を温めるものなど、取り入れる食品や組み合わせを季節に応じて変え、体をバランスのとれた状態に導くという考えが大切にされています。

薬膳では「陰陽五行説」が基本的な考え方となっており、食品はその特徴により5つの味「五味」、5つの性質「五性」が「五臓」に結びついているとされています。
五臓は肝(かん)・脾(ひ)・心(しん)・肺(はい)・腎(じん)ですが、肝臓、心臓、などといった概念とは多少異なり、その臓器とそれに関係するその他の器官の働きなども含んでいます。

【五味】

1つの食材でも例えば「甘酸っぱい」というように、2つ以上の要素が含まれる場合もあります。

① 酸(さん) ・・・酸っぱい味。気を引き締める作用があり、肝臓、筋肉、目などを強くする。
② 苦(く) ・・・苦い味。引き締め、体の熱や湿気を取る働き。心臓、脳、心、血脈を強くする。
③ 甘(かん) ・・・甘い味。疲れを取る作用があるが、摂りすぎは体のだるさに繋がる。胃腸など消化器系を強くする。
④ 辛(しん) ・・・辛い味。気血の巡りを良くし、体を温め発汗作用がある。肺、免疫、大腸に関わる。
⑤ 鹹(かん) ・・・塩辛い味。また、ミネラルが含まれていることを表すし、体を潤す働き。腎臓、ホルモン、免疫に関わる。

【五性】

身体を温める「熱性」「温性」と、身体を冷やす「寒性」「涼性」、そのどちらにも属さない「平性」の5つに分けられます。
薬膳ではその季節の旬の食品を食べることが、体の状態を良くすると考えられています。ダイエットにおいて冷えは大敵で、代謝を低下させ太りやすくなってしまいます。反対に体を温めれば代謝は促進され、効率的に脂肪が燃焼されやすくなります。

食品は身体を温める「熱性」「温性」と、身体を冷やす「寒性」「涼性」、そのどちらにも属さない「平性」の5つに分けられます。薬膳ではその季節の旬の食品を食べることが、体の状態を良くすると考えられています。

●熱性・温性の食品

寒い地域で取れるもの、冬が旬のもの、水分が少ないものが多く、体を温める作用があると考えられています。

ねぎ、にんにく、にら、しょうが、かぼちゃ、小松菜、ピーマン、しそ、桃、なつめ、栗、くるみ、梅、さくらんぼ、あんず、みかん、ゆず、レバー、まぐろ、鯛、牡蠣、牛肉、羊肉、鶏肉、玄米、味噌、酢、八角、シナモン、唐辛子、山椒、紅茶など

●寒性・涼性の食品

熱い地域で取れるものや、夏が旬の食品、水分が多い食品がこれに該当するものが多く、熱や炎症を冷ましたりするとされていて、体を冷やす作用があります。

きゅうり、トマト、ナス、ほうれん草、ごぼう、白菜、茄子、とうがん、ゴーヤ、セロリ、三つ葉、れんこん、たけのこ、柿、梨、すいか、バナナ、キウイ、豚肉、海苔、昆布、いわし、たこ、バター、緑茶、ウーロン茶、コーヒーなど

●平性の食品

上記のどちらにも当てはまらいのが平性の食品です。
キャベツ、とうもろこし、大根、にんじん、じゃが芋、里芋、キノコ類、もやし、大豆、苺、ぶどう、りんご、びわ、すもも、銀杏など

身近な食材を使った簡単な薬膳レシピ

薬膳は自分でやってみるには少しハードルが高そうに思えますが、身近な食品を使った簡単なアレンジで取り入れることができます。
例えば寒い時期や冷え対策なら、普段の料理にしょうが、八角、山椒などを利かせたりするだけでも良いのです。これらを煮こみ料理や炒め物、汁物に入れるだけでも体が温まります。
飲食店で一食だけ薬膳を食べるよりも、日常的に取り入れるほうがずっと効果的です。
家庭で簡単にできる薬膳スープのレシピをご紹介します。多めに作って冷凍することも可能です。

≪材料 5人分≫

鶏の手羽先など骨付きのもの 5本/ねぎ 2本/しょうが すりおろし小さじ1/なつめ 5個/クコの実 10個/椎茸6個/エリンギ 1パック/日本酒 200cc/水800cc/塩 小さじ2/ごま油 大さじ2

≪作り方≫

1.深めの鍋にごま油をひき熱し、鶏肉に焼き目を付ける。しょうが、ななめ切りにしたねぎも一緒に炒める。
2.きのこ類を一口大に切り、全て1に入れ軽く炒め合わせる。
3.日本酒を入れ沸騰させてアルコールを飛ばしたら水を入れ再度沸騰させ、クコの実、なつめを入れて弱~中火にし、ふたをして10~30分煮る。時間があれば長めに煮る。鶏肉と骨からうま味が出るので、他のだしを入れる必要はなし。
4.最後に塩を入れて味を調える。

今回のまとめ

秋が深まり冷える日が増えるこの時期、お家でできるカンタン薬膳で、元気に過ごしましょう!

Category : 雑学/健康・ダイエット

記事を読んだらバナーをクリック!

にほんブログ村 ダイエットブログ ダイエットの豆知識へ

注目のキーワード

この記事を読んだひとはこんな記事も読んでいます