Twitterでシェア

このサイトの記事をツイートいただいた方の中から抽選で毎月3名様にマイクロダイエット1週間チャレンジセットをプレゼントしています!

Twitterでシェアする

雑学/健康・ダイエットTRIBIA/HEALTH-DIET

記事を読んだらバナーをクリック!

にほんブログ村 ダイエットブログ ダイエットの豆知識へ

Twitterでシェア

このサイトの記事をツイートいただいた方の中から抽選で毎月3名様にマイクロダイエット1週間チャレンジセットをプレゼントしています!

Twitterでシェアする

実はダイエットがうまくいかない原因かも?要注意食品6選

カテゴリー:雑学/健康・ダイエット

実はダイエットがうまくいかない原因かも?要注意食品6選

市販の野菜ジュース類の多くは、厚労省が推奨する1日の野菜摂取量350gを下回る量の栄養素しか含んでいないことが成分分析でわかっています

ダイエットに良いらしいということで積極的に食べていた食べ物が、実はダイエットの妨げとなっていた...なんていうことがあります。
美容や健康に良さそうなヘルシーだと思われている食べ物の中には、実はヘルシーではないものや、食べ方に気を付けないと逆に太ってしまうものがあるのです。
今回はそうした「要注意食品」をご紹介いたします。

【実はヘルシーじゃない食品6選!】

●カップ春雨スープ
春雨は低カロリーでヘルシーだと思っている人は多いかもしれませんが、糖質(炭水化物)が主成分ですので決してそうではありません。
市販のカップ春雨スープに表示されているカロリーは100~200kcal程度とは言え、それは春雨の量
そのものが少ないだけであって春雨10gあたり35kcalほどあります。これはうどんやパスタなど他の麺類とほぼ同じぐらいのカロリーです。
また、カップ春雨スープはスープを飲み干すことが多いと思いますが、1食あたり約3gとスープの塩分がやや高めです。むくみの原因になるだけでなく健康面でも気になるところですので、食べる頻度は低めにしておいたほうが良いでしょう。

●グラノーラ
ダイエットのためにグラノーラを食べているけどやせない、それどころか逆に太ってしまった、という失敗談をよく耳にしますが、これは食事+グラノーラや、おやつとして食べている人に多いパターンです。
グラノーラは様々な商品が販売されていますが、基本的にはオーツ麦(えん麦)をメインに小麦、玄米など数種の穀物をシロップ、砂糖、ココナッツ、はちみつなどで甘みを付け、油脂を混ぜてオーブンで焼いて作られています。つまり糖質+糖質+脂肪という組み合わせでできています。

1食の目安量である50gあたりのカロリーは約220kcalで、これはコンビニのおにぎり1個分に相当します。カロリーも糖質も決して低い食品ではありませんので、食べ過ぎは禁物です。
食べるタイミングは、グラノーラは糖質(炭水化物)が多いので夜よりも朝食のほうが良いです。デザートではなく、食事として適量のグラノーラを食べるようにしましょう。

●野菜ジュース
「1本で1日分の野菜を使用」などと表示された野菜ジュース類の多くは、厚生労働省が推奨する1日の野菜摂取量350gを下回る量の栄養素しか含んでいないことが、名古屋市消費生活センターの実施した成分分析でわかっています。
野菜350gを「原料」としているだけであって、加工する段階で含まれるほとんどの栄養素は減少しています。

野菜ジュースができるまでには、濃縮や殺菌のために加熱されています。すると熱に弱い酵素は失活し、ビタミンCは激減してしまいますので、これらの摂取はまったく期待できません。
もう一つ、本物の野菜とは決定的に異なるのが食物繊維です。

国民生活センターの調べによると、野菜系飲料の 1 パッケージ(200ml)当りの食物繊維量は緑黄色野菜 120g 当たりに含まれる量(推定値)と比べると、ほとんどの商品が半分以下だそうです。
このように野菜ジュースは野菜そのものとは違いますから、あくまでも補助的なもの位置づけましょう。栄養素を補うためにビタミンやミネラルを添加している商品もあるので、パッケージの表示を参考にしてみてください。

サラダにおいて最も気を付けたいのがポテトサラダ、かぼちゃサラダ、マカロニサラダ、春雨サラダなど、糖質がメインのもの

●コンビニのスムージー
自宅やジュース専門店など、フレッシュフルーツや生野菜を使って作るスムージーであれば良いのですが、コンビニでよく見かけるものは濃縮還元ジュースなど加工されたジュースが使用されていたり、砂糖や果糖ブドウ糖液糖が加えられていたりするため、ヘルシーとは言い難い商品も多く存在します。「野菜ジュース」の項と同様に栄養素が損なわれており、無駄に糖質を摂ってしまうことにもなりかねません。

●サラダ
ダイエットのためにサラダをたくさん食べるのは良いですが、マヨネーズや脂肪分の高いドレッシングをドバドバとかけてしまっては元も子もありませんよね。しかしながら、ノンオイルドレッシングを選ぶ時にも注意が必要です。
低カロリーが売りのノンオイルドレッシングは、通常のドレッシングの1/4ほどのカロリーでダイエット中の人や健康志向の人に需要がありますが、塩分や糖質が高めの商品が多いのが特徴です。ノンオイルドレッシングを選ぶなら「減塩」や「糖分控えめ」などの表示をチェックしましょう。

また市販のドレッシングには、質が良いとは言い難い油分がたっぷり使われていたり、ノンオイルであっても人工甘味料が使われていたりすることがあるため、選ぶ際には表示をよく見るようにしましょう。
脂肪分の摂り過ぎはよくありませんが、油にはビタミンの吸収を助けるなど、体に有用なはたらきもあります。ここで大切なのは油の質です。市販のドレッシングの油よりも、オリーブオイルや今話題のアマニ油、ココナッツオイルなどのほうが質が良く、ダイエットに向いています。こうした油を使って、ドレッシングを手作りできるとベストです。適量の油は体に必要です。

そしてサラダにおいて最も気を付けたいのが、「太るサラダ」をもりもり食べないことです。
太るサラダとは、ポテトサラダ、かぼちゃサラダ、マカロニサラダ、春雨サラダなど、糖質がメインのものや、ごぼうサラダやツナサラダなど、マヨネーズで和えているサラダのこと。これらのサラダは箸休め程度の量に留めておいたほうが無難です。

●ゼロカロリー系飲料水
「糖質ゼロ」「カロリーオフ」をセールスポイントにしているダイエット飲料を選ぶ時に気を付けたいのが、人工甘味料です。

カロリーオフのために砂糖ではなくその代替に人工甘味料が使われていることがほとんどですので、表示をチェックしましょう。
ダイエット飲料は、砂糖が入っていないということで安心してしまいそうになりますが、また別のリスクがあることを認識しておいたほうが良いと思います。

人工甘味料の代表的なものはアスパルテーム、アセスルファムK(カリウム)、スクラロースなどがあります。
米ハーバード大学、テキサス大学、パデュー大学などの研究によると、こうした人工甘味料は砂糖以上に太りやすく且つ中毒性があり、腎臓への悪影響があるという研究結果が発表されています。
人工甘味料の人体への影響は未知の部分がまだありますので、なるべく自然のものを口にするようにしたいところ。

今回のまとめ

良かれと思ってやっていたことが、実は逆効果になることもあります。
正しく知ることが、ダイエット成功への近道です。

Category : 雑学/健康・ダイエット

記事を読んだらバナーをクリック!

にほんブログ村 ダイエットブログ ダイエットの豆知識へ

注目のキーワード

この記事を読んだひとはこんな記事も読んでいます