MICRODIET.netとは?サイトマップ

RSSMICRODIET Online

microdiet.netは、女性のキレイを応援するダイエット・美容のニュースサイトです。

ダイエット・健康・美容のアレ・コレがわかるマイクロダイエットネット

雑学/健康・ダイエット


砂糖代わりに注目の甘味料「ココナッツシュガー」のヘルシー効果

味や香りはココナッツというよりも黒糖を優しくしたような感じで、コクのある甘みがあります。

ココナッツオイルにココナッツウォーターと、ココナッツの美容健康効果が注目され人気に火が付いて早数年。お次はミランダ・カーらセレブも愛用の「ココナッツシュガー」がブレイクするかもしれません。

ココナッツシュガーはココナッツから採取される甘味料のことで、ココナッツの木に咲く黄色い花のつぼみから取れる蜜を集め、煮詰めて作られます。
味や香りはココナッツというよりも黒糖を優しくしたような感じで、コクのある甘みがあります。
このココナッツシュガーは、砂糖よりもずっとヘルシーで様々な効果があると言われています。

■ココナッツシュガーのヘルシー効果

①ダイエット効果 
ココナッツシュガーは、砂糖よりも「GI値」が大幅に低い天然の甘味料です。

GI値とはグリセミック・インデックス(Glycemic Index)の略で、食べ物が人の体内に入り、ブドウ糖に変わって血糖値を上昇させるスピードを測定して数値化したもの。
ブドウ糖を摂取した時の血糖値上昇率を100としており、この数値が0に近いほど血糖値の上昇率は低く、太りにくい食べ物とされています

砂糖をはじめとする甘味料のGI値は、このようになっています。

上白糖(白砂糖)  : 109
グラニュー糖   : 110
三温糖     : 108
黒糖      : 99
はちみつ    : 90
メープルシロップ : 73
ココナッツシュガー : 35 ★

ココナッツシュガーは他の甘味料よりも圧倒的にGI値が低く、れんこんや玉ねぎ等の野菜と同程度です。そのため血糖値が上がりにくく太りにくいのです。

②便秘解消効果
美容・健康・ダイエットの大敵である便秘の予防・解消に有効な水溶性食物繊維の「イヌリン」という成分が、ココナッツシュガーには含まれています。

食物繊維は人体に吸収されませんが排出する能力に優れていて、有害物質を吸着して便とともに体外へ排出します。
その排出能力は多くの疾患の予防に役立つほか、ダイエット面においても満腹感を得られやすい、脂肪の吸収を抑制するなどの働きがあり、とても身体に有用な成分です。

ココナッツオイルにココナッツウォーターと、ココナッツの美容健康効果が注目され人気に火が付いて早数年。お次はミランダ・カーらセレブも愛用の「ココナッツシュガー」がブレイクするかもしれません。

③ミネラルがたっぷり!
白砂糖にはほとんど含まれていない各種ミネラルが、ココナッツシュガーには豊富に含まれています。
骨を作り精神安定に役立つカルシウム、体内の塩分バランスを適正に保つ作用のあるカリウムや、鉄、マグネシウム、亜鉛などが含まれるほか、「イノシトール」を多く含有しています。
イノシトールはミネラルではなくビタミンB群の1種と言われており、「抗脂肪肝ビタミン」とも呼ばれています。
肝臓に余計な脂肪が溜らないようにコントロールする働きや、コレステロールの流れを良くする働きがあり、生活習慣病の予防が期待できます。

④ストレスの緩和
ココナッツシュガーには人間に必要な20種類のアミノ酸のうち16種類が含まれており、特にグルタミン酸が多く含まれています。
グルタミン酸は旨味成分として知られているアミノ酸の一種で、リラックス成分であるGABA(ギャバ)を生成しストレスのケアをする効果をはじめ、脳を活性化させる作用、体の毒素を排出する作用など、多くの働きがあると考えられています。


■ココナッツシュガーの使い方

ココナッツシュガーは風味に強いクセがありませんので、様々なレシピに活用することができます。
基本的な使い方としては、砂糖をココナッツシュガーに置き替えるだけ。
コーヒーや紅茶、ヨーグルト、煮物、お菓子作りなど、用途は何でもOKです。

注意したいのは、ココナッツシュガーは栄養価が高く太りにくい甘味料ですが、積極的にたくさん食べると良いというものではない、ということです。
あくまでも砂糖の代替としてヘルシーに甘みを付けることができる、という位置づけです。
砂糖にしろココナッツシュガーにしろ、どちらにしても摂りすぎは体にも歯にも良くありません。

今回のまとめ

砂糖をココナッツシュガーに、サラダオイルはオリーブオイルやココナッツオイルに、など、よりヘルシーな食品に置き換える美容法は、セレブたちが取り入れている方法です。
日々の少しずつの習慣が、美の最大の秘訣なのかもしれませんね。

Category : 雑学/健康・ダイエット

カテゴリTOPへ戻る

TOPページへ戻る

マイクロダイエット公式

サニーヘルス公式オンラインショッピング

カテゴリー

雑学/
健康・ダイエット

小さな金柑に秘められた美容・健康効果とは?

掲載日:2018.02.16

雑学/美容

今からでも遅くない!O脚を直して美脚&脚長に

掲載日:2017.02.06

ニュース

マイクロダイエットリゾット&パスタシリーズニューアル

掲載日:2013.12.16


人気記事ランキング

  1. ヨーグルトは夜がオススメ!夜ヨーグ

    ヨーグルトには乳酸菌などの善玉菌がたっぷり含まれています。 善玉菌の働きは、悪玉

  2. パスタの太りにくい食べ方

    みんな大好きなパスタ! でも炭水化物だしオイリーだから太りそう...と、ダイエッ

  3. 太るサラダとダイエット向きサラダ 

    美容や健康、ダイエットなどのために、積極的にサラダを食べる人は多いと思いますが、

  4. 野菜ジュースを飲めば、野菜を食べる

    美容や健康に関心があっても、忙しくてなかなか十分な野菜を食べられない。そんな現代

  5. 炭水化物を多く含む食品食材のジャン

    「炭水化物抜きダイエット」「糖質オフダイエット」など呼び方はいくつかありますが、

人気記事ランキング

  1. 秋冬においしい牡蠣!女子に嬉しい栄

    秋冬においしくなる牡蠣! 英語圏では「May(5月)」や「July(7月)」など

  2. 体脂肪を燃焼させる!?「ケトン体ダ

    炭水化物抜きダイエット、もしくは低炭水化物ダイエットについては、以前こちらのサイ

  3. ウィンタースポーツの消費カロリーが

    スキー、スノーボード、スケートなどウィンタースポーツは、楽しく滑るだけでランニン

  4. 食事代わりにお菓子を食べている人は

    やせたい。でもお菓子やスイーツがどうしても食べたい...じゃあ、いっそのこと食事

  5. ダイエットに使い分けたい「水溶性食

    五大栄養素と呼ばれている、①タンパク質、②脂質、③糖質、④ビタミン、⑤ミネラルの

  1. もやしダイエットは低カロリーで栄養
  2. ピーナッツバターにダイエットと美容
  3. ダイエット中に太らないアイスの選び
  4. 体に良い油・悪い油、種類を知ってキ
  5. 生食すれば医者いらず!大根おろしの
  6. 脂肪燃焼させるなら運動前にコーヒー
  7. ヘルシーな鶏むね肉はダイエットや疲
  8. ダイエット中の朝ごはん、パンとご飯
  9. バターとマーガリンどっちを選ぶべき
  10. 栄養なんてある?と思われがちな「ジ


サニーヘルス公式オンラインショッピング

サニーヘルス 口コミ・レビュー

みんなの体験談

画像で記事を探す









カロリーセーブスーパー公式サイトはこちら

ダイエット体験談



[PR]

話題のダイエット方法ならe-dietnavi「イーダイエットナビ」

にほんブログ村 ダイエットブログ ダイエットの豆知識へ

SSL グローバルサインのサイトシール

(C) Copyright 2018 Sunny Health. All Rights Reserved.