Twitterでシェア

このサイトの記事をツイートいただいた方の中から抽選で毎月3名様にマイクロダイエット1週間チャレンジセットをプレゼントしています!

Twitterでシェアする

雑学/健康・ダイエットTRIBIA/HEALTH-DIET

記事を読んだらバナーをクリック!

にほんブログ村 ダイエットブログ ダイエットの豆知識へ

Twitterでシェア

このサイトの記事をツイートいただいた方の中から抽選で毎月3名様にマイクロダイエット1週間チャレンジセットをプレゼントしています!

Twitterでシェアする

オーガニック食品にはどんなメリットがある?

カテゴリー:雑学/健康・ダイエット

オーガニック食品にはどんなメリットがある?

オーガニックとは化学的に合成された肥料及び農薬を使用しないこと並びに遺伝子組換え技術を利用しないことを基本としています

最近の世界的な食のトレンドは、「ヘルシー」であることがキーワードとなっています。
日本でもココナッツオイルやチアシードなど、スーパーフードと呼ばれる食品の裾野がかなり広がってきており、美容アンテナ感度の高い人たちだけでなく、全国津々浦々の老若男女までが取り入れるようになってきています。

こうしたブームは食品自体が持つ効果に人気が集まっていますが、農薬や添加物など食の安全性についても高い関心が寄せられています。

そんな中、昨年末にフランス発のオーガニックスーパー「ビオセボン」が東京・麻布十番にオープンしました。同店は2008年にパリで創業後、イタリア、スペイン、ベルギー、スイスなどヨーロッパで100店舗以上を展開するオーガニックスーパーです。
こちらで扱う商品はビオ(=オーガニック)であるものがほとんどで、生鮮食品から加工食品までナチュラルなものが揃えられています。

日本のオーガニックのお店との大きな違いは、輸入の加工食品が非常に多く扱われていること。また、ナッツの量り売りやナチュラルチーズを豊富に扱っている点はいかにも海外のスーパーらしく、文化の違いを感じられ見るだけでも楽しむことができます。ただ、輸入でしかもオーガニックですので、価格は少々お高めと言えます。

■オーガニックのメリットとは?

オーガニックとは日本語で「有機栽培(有機農業)」のことで、「化学的に合成された肥料及び農薬を使用しないこと並びに遺伝子組換え技術を利用しないことを基本として、農業生産に由来する環境への負荷をできる限り低減した農業生産の方法を用いて行われる農業」で、

1) 有機農産物:農薬と化学肥料を3年以上使用しない田畑で、栽培したもの。
2) 転換期中有機農産物:同6ヶ月以上、栽培したもの。

と、法律により定義されています。

米の有機栽培で有名なのが合鴨農法。オーガニックは生態系維持にも良い影響をもたらしてくれます。

食の安全性は気になりますが、口にするもの何もかもをオーガニック食品にというのは現実的に難しいですし、価格的にも続けるには負担が大きいことは否めません。

安全性だけでなく、オーガニックは体に良いのかどうかということですが、個人の感じ方としては大きな差があるようです。オーガニックに変えたら肌がキレイになった、アレルギーが改善された、体調が良くなったという人もいますが、変化が感じられない場合もあります。

化学肥料や農薬を使った野菜でも、残留農薬は厚労省によって基準が設定されており、毎日一生涯に渡って摂取し続けても健康への悪影響がないとされています。さらに、よく洗う、葉物は外側の葉を外して使うなどすれば、より安心です。

消費者目線のオーガニックの良さと言えば、やはり味ではないでしょうか。一般的にオーガニック野菜は、普通の野菜よりも自然の味が濃いと感じる人が多いです。おいしければたくさん食べられますので、その分美容力・ダイエット力も高まります。

そして、オーガニックは農地の生態系維持や環境にも、良い影響をもたらしてくれることを忘れてはなりません。人間だけでなく動植物、虫、微生物などすべての生き物に対して、健全な環境を作ることに役立っています。

Category : 雑学/健康・ダイエット

記事を読んだらバナーをクリック!

にほんブログ村 ダイエットブログ ダイエットの豆知識へ

注目のキーワード

この記事を読んだひとはこんな記事も読んでいます