MICRODIET.netとは?サイトマップ

RSSMICRODIET Online

microdiet.netは、女性のキレイを応援するダイエット・美容のニュースサイトです。

ダイエット・健康・美容のアレ・コレがわかるマイクロダイエットネット

雑学/健康・ダイエット


青汁で有名な野菜のケールがセレブに大人気!

ハリウッド女優やモデルなど、海外ではセレブやヘルシー志向の高い人たちの間でケールが大人気!

ハリウッド女優やモデルなど、海外ではセレブやヘルシー志向の高い人たちの間でケールが大人気!栄養価の高い野菜として、サラダやソテーなどで親しまれています。
日本ではケールといえば青汁の原料として知られ、美味しくないというイメージが定着していますが、最近ではスーパーで野菜として生のケールが陳列されるようなってきており、料理に取り入れる人も増えてきているようです。

ケールは地中海沿岸原産のアブラナ科の野菜で、キャベツやブロッコリーなどの仲間です。
セレブに愛されるその理由は、高い栄養素と強い抗酸化力にあります。
多くの野菜の中でも、ビタミン、ミネラル、フィトケミカル(微量栄養素)などの各種栄養素をバランス良く豊富に含んでいるのが特徴です。

【βカロテン、ルテインなど抗酸化力を持つカロテノイド】

自然界に存在する赤や黄色の色素成分で、強力な抗酸化成分を持つ「カロテノイド」がケールには含まれています。
ケールにはβ(ベータ)カロテン、ルテインなどのカロテノイドが含まれており、体のさびつきを予防し、紫外線ダメージから皮膚や目を守る作用があり、エイジングケアや生活習慣病の予防などに役立ちます。
βカロテンは体内に入ると必要量がビタミンAに変換され、皮膚や粘膜を健康に保つ作用、風邪予防、視覚の正常化などの役割も果たします。

ルテインは、白内障など加齢による目の病気への効果が期待されている成分です。
ケールが持つ強い抗酸化力の理由として考えられているのが、仲間であるキャベツのように丸く結球しないため、葉全体に太陽の光が当たるということ。光合成することのできる面積が広いため、より多くの栄養分を合成し、植物が自衛するための抗酸化物質も増えると考えられています。

【美容に必須のビタミンC】

ビタミンCは野菜の中でトップクラスのピーマンやブロッコーリーに次ぐ含有量。100gあたり81mgもの量が含まれています。

ビタミCは、美白作用、またコラーゲンを生成する上で不可欠で、美容に必須の栄養素です。
現代人は潜在的にビタミンCが欠乏しており、大気汚染や化学物質、ストレスの増加により、体を守るビタミンCの消耗が以前より多いと言われています。
水溶性ビタミンであるため過剰摂取をしても体外に排出されるので、積極的に摂取すべき栄養素です。

日本ではケールといえば青汁の原料として知られ、美味しくないというイメージが定着していますが、最近ではスーパーで野菜として生のケールが陳列されるようなってきており、料理に取り入れる人も増えてきているようです。

【骨を強くするカルシウム、マグネシウム、ビタミンK】

骨の構成や精神安定に必要なカルシウムが、ケール100g当たり220mgと野菜中ではトップクラスの含有量です。
ただ含有量が多いだけでなく、カルシウムの吸収を助け合成に必要なマグネシウムがバランス良く含まれるほか、骨にカルシウムが留まるのを助けるビタミンKも多いです。
反対に、ほうれん草に多く含まれカルシウムの吸収を阻害するシュウ酸は、ケールにはほとんど含まれません。

【クロロフィル】

フィトケミカル(微量栄養素)の1つであり、「葉緑素」とも呼ばれています。ほうれん草やピーマン、オクラなど緑色の植物が光合成を行なう上で欠かせない色素です。抗酸化作用、消臭・殺菌効果があり、体臭や口臭を抑える作用や、抗アレルギー作用なども期待されています。

【イソチオシアネート】

キャベツ、ブロッコリー、白菜などアブラナ科の野菜、大根おろしに多く含まれています。
イソチオシアネートには解毒作用や殺菌作用、抗炎症作用、食中毒予防、血液サラサラ効果、抗酸化作用などがあり、美肌やエイジングケア、健康面でも効果があるとされています。

■セレブもハマる、ケールレシピ

ケールは小松菜やキャベツと同じような調理法で食べることができます。生でサラダに、炒め物やパスタ、おひたしなど幅広く活用することのできる野菜です。
下処理として、葉とその中心の芯の部分(茎)を切り分けてからカットすると扱いやすくなります。

様々な食べ方ができる中でも、セレブたちがヘルシースナックとしておやつにつまんでいるのがケールチップ。ジャンクフード欲も満たしてくれるこのレシピは、ダイエットの強い味方になることでしょう。

●ケールチップスレシピ
ケールをオイルと塩で和えてオーブントースターで焼くだけの、超簡単なケールチップス。焼いたあとにカレー粉や粉チーズなどをかけて、自分好みでアレンジも可能です。

材料
ケール・・・100g/オリーブオイル・・・大さじ1/塩・・・適量

作り方
① ケールを葉と芯の部分に切り分け、食べやすい大きさに切り、ボウルに入れてオリーブオイル、塩を加えて混ぜます。
② オーブントースターの天板又は焼き網にアルミホイルかクッキングシートを敷き、①のケールを乗せ、3~5分ほど焼きます。
機種により温度が異なるため、様子を見ながら時間を調整してくださいね。

今回のまとめ

「まずい!もう一杯」のCMで一躍有名になった青汁の原料が、セレブのおかげでオシャレ食材となって日本でリバイバルしています。
とても栄養価の高い野菜ですので、日々の食卓に取り入れてみてくださいね。

Category : 雑学/健康・ダイエット

カテゴリTOPへ戻る

TOPページへ戻る

マイクロダイエット公式

サニーヘルス公式オンラインショッピング

カテゴリー

雑学/
健康・ダイエット

長期休暇で増えた体重を戻すための緊急ダイエット

掲載日:2018.08.10

雑学/美容

今からでも遅くない!O脚を直して美脚&脚長に

掲載日:2017.02.06

ニュース

マイクロダイエットリゾット&パスタシリーズニューアル

掲載日:2013.12.16


人気記事ランキング

  1. ヨーグルトは夜がオススメ!夜ヨーグ

    ヨーグルトには乳酸菌などの善玉菌がたっぷり含まれています。 善玉菌の働きは、悪玉

  2. 太るサラダとダイエット向きサラダ 

    美容や健康、ダイエットなどのために、積極的にサラダを食べる人は多いと思いますが、

  3. 体脂肪を燃焼させる!?「ケトン体ダ

    炭水化物抜きダイエット、もしくは低炭水化物ダイエットについては、以前こちらのサイ

  4. ダイエット中に太らないアイスの選び

    アイスの美味しい季節となってまいりました! でも冷たくて甘いアイスには、多量の砂

  5. パスタの太りにくい食べ方

    みんな大好きなパスタ! でも炭水化物だしオイリーだから太りそう...と、ダイエッ

人気記事ランキング

  1. 野菜ジュースを飲めば、野菜を食べる

    美容や健康に関心があっても、忙しくてなかなか十分な野菜を食べられない。そんな現代

  2. 食事代わりにお菓子を食べている人は

    やせたい。でもお菓子やスイーツがどうしても食べたい...じゃあ、いっそのこと食事

  3. 「固太り」ってどうしたらいいの?原

    これらの項目に当てはまる人は、「固太り」をしているかもしれません。 ・太っていて

  4. 生食すれば医者いらず!大根おろしの

    昔から「大根おろしに医者いらず」という言葉があるように、大根おろしは様々な面から

  5. ダイエットに使い分けたい「水溶性食

    五大栄養素と呼ばれている、①タンパク質、②脂質、③糖質、④ビタミン、⑤ミネラルの

  1. ダイエット中のお酒はやっぱりダメ?
  2. 1日10分でOK!ダイエットに有効
  3. 体に良い油・悪い油、種類を知ってキ
  4. 炭水化物を多く含む食品食材のジャン
  5. 夏が旬のウリ科の野菜が夏バテ予防や
  6. 長期休暇で増えた体重を戻すための緊
  7. 「もち麦」がメタボに有効と話題に!
  8. 栄養なんてある?と思われがちな「ジ
  9. 漬物がダイエットにも美容にも効果的
  10. お肌のお手入れ摂るならどっち?!


サニーヘルス公式オンラインショッピング

サニーヘルス 口コミ・レビュー

みんなの体験談

画像で記事を探す









カロリーセーブスーパー公式サイトはこちら

ダイエット体験談



[PR]

話題のダイエット方法ならe-dietnavi「イーダイエットナビ」

にほんブログ村 ダイエットブログ ダイエットの豆知識へ

SSL グローバルサインのサイトシール

(C) Copyright 2018 Sunny Health. All Rights Reserved.