雑学/健康・ダイエットTRIBIA/HEALTH-DIET

Twitterでシェア

このサイトの記事をツイートいただいた方の中から抽選で毎月3名様にマイクロダイエット1週間チャレンジセットをプレゼントしています!

Twitterでシェアする
Twitterでシェア

このサイトの記事をツイートいただいた方の中から抽選で毎月3名様にマイクロダイエット1週間チャレンジセットをプレゼントしています!

Twitterでシェアする

旬の春野菜でダイエットを促進!

冬の間に体に溜まった余分なものを体外に排出し、体に刺激を与えて目覚めさせることがこの時期重要で、苦味のあるものを食べることが効果的とされています。
冬の間に体に溜まった余分なものを体外に排出し、体に刺激を与えて目覚めさせることがこの時期重要で、苦味のあるものを食べることが効果的とされています。

人間の体には体内時計が備わっているように、体は季節によってもリズムがあります。
例えば、冬は寒さから身を守るために脂肪を溜め込みやすく、一般的によく言われているように、冬はやせにくい傾向にあります。

このような生理的な理由の他にも、クリスマスや年末年始の飲み会が続いたり、肌の露出が少ないので太ったことに気がつきにくいなど複数の要因が重なり、冬は太ってしまう人が多いです。
しかし徐々に暖かくなるにつれ、体は体脂肪を蓄積する必要が少なくなってきます。気温が上がってくること、そして春の食べ物も関係しています。

春は多くの動植物が活動期に入る季節です。
冬の間に体に溜まった余分なものを体外に排出し、体に刺激を与えて目覚めさせることがこの時期重要で、苦味のあるものを食べることが効果的とされています。
春の山菜や春野菜には独特の苦味を持つものが多いことも、うなずけますよね。

この苦味の主成分は、ポリフェノールや植物性アルカロイドと呼ばれる成分で、様々な働きがあります。ポリフェノールは抗酸化作用を持ち、体の錆びつきを防ぎ、全身のエイジングケアをする作用、アルカロイドはデトックス、新陳代謝の促進などの働きをしますので、やせやすい体づくりに役立ちます。
さらに、苦味のある野菜類は、ビタミンCも豊富に含まれているという傾向があります。春先はまだまだ冷える時期ですから風邪の予防や、春から強くなってくる紫外線対策にもなり、健康だけでなく美容にとっても欠かせません。

■ポリフェノール・植物性アルカロイドを豊富に含む、苦みのある春野菜・山菜

【春キャベツ】
ビタミンCや食物繊維が豊富なほか、キャベツ特有のビタミンU(別名キャベジン)も多く含んでいます。胃腸薬などにも多く利用されている成分で胃壁の粘膜を丈夫にし、消化を助ける働きがあると言われています。熱に弱いので、生食で食べやすい春キャベツでこそ効果的にとることができます。

【菜の花】
β-カロテン、ビタミンB群、C、E、Kなどが軒並み豊富な他、カリウム、カルシウム、マグネシウム、鉄などのミネラルも含まれる非常に栄養価の高い春野菜です。

春は多くの動植物が活動期に入る季節です。

【たけのこ】
カリウムや食物繊維、ビタミンEなどが含まれています。たけのこの切り口に見られる白い粉のチロシンは、うまみの素であるアミノ酸の一種。これらの栄養成分が多いのは、根元よりも生長点のある先端部分。うまみも栄養も先端のほうが上です。

【スナップエンドウ】
β-カロテン、ビタミンC、カリウム、カルシウムなど、栄養のバランスもよい野菜。さやごと食べることで、食物繊維もしっかりとることができます。ビタミンCは、熱に弱いので、加熱はなるべく短く。茹ですぎないようにして、さやのシャキシャキ感を残しましょう。

【さやえんどう】
β-カロテン、ビタミンC、カリウム、カルシウムなどが豊富。さやごと食べることで、食物繊維が多くとれるのもポイント。ビタミンCやカリウムなどのミネラル分はごまといっしょに食べることで吸収力がアップするので、ごま和えなどで食べるのもおすすめです。

【グリーンピース】
グリーンピースはえんどう豆の未成熟な実部分、若いえんどう豆をさやごと食べるのが「さやえんどう(絹さや)」。どちらも同じえんどう豆。
β-ベータカロテン、ビタミンCは熟したものよりもグリーンピースのほうが多く、また、食べたエネルギーを代謝するのに必要なビタミンB群も豊富なので、ダイエットにも効果的。カリウムや食物繊維なども多く含有しています。

【そら豆】
たんぱく質、ビタミンB1、B2、C、カリウム、鉄、銅などをバランスよく含みます。薄皮は固くて口当たりが悪いので、外して食べることが多いですが、実は食物繊維を多く含む部分。旬のものは比較的柔らかいので、できるだけ食べるようにしましょう。

【アスパラガス】
グリーンアスパラガスで特徴的なのは、疲労回復効果のあるアスパラギン酸を含む点です。他にも、β-カロテン、ビタミンB2、C,Eなど美肌づくりに効果的な栄養素が豊富に含まれます。ホワイトアスパラガスは日光に当てずに育てられるため、グリーンアスパラガスに比べ栄養価は低く、ビタミンCが少々含まれる程度。

【せり】
β-カロテン、ビタミンC、カルシウム、鉄分など含まれています。せりの香り成分には体を温める作用があるとされています。

【ふき】
ダイエットや腸内環境を良くするのに必須の食物繊維が多く含まれています

今回のまとめ

屋外での運動も、春なら気持ちよくできるというもの。
この季節にしっかり体を動かして鍛え始めておけば、夏の暑さや冬の寒さの中で運動しても肉体的なトラブルが起こりにくくなります。
年間を通じたやせ体質づくりは、春にスタートするのが最も賢いやり方なのです。
春の穏やかな気候の下、まずはウォーキングから始めてみては?

Category : 雑学/健康・ダイエット

注目のキーワード

この記事を読んだひとはこんな記事も読んでいます