MICRODIET.netとは?サイトマップ

RSSMICRODIET Online

microdiet.netは、女性のキレイを応援するダイエット・美容のニュースサイトです。

ダイエット・健康・美容のアレ・コレがわかるマイクロダイエットネット

雑学/健康・ダイエット


美腸力抜群!今話題の乳酸キャベツとは

トライする人がジワジワ増えてきている「乳酸キャベツ」。この言葉は初耳の人も多いかもしれませんが、「ザワークラウト」といえば聞いたことがあるのではないでしょうか。

テレビで紹介されたことで、トライする人がジワジワ増えてきている「乳酸キャベツ」。この言葉は初耳の人も多いかもしれませんが、「ザワークラウト」といえば聞いたことがあるのではないでしょうか。

ザワークラウトはドイツの伝統的なキャベツの漬物で、キャベツに塩を加えて作られる乳酸発酵させた保存食。自然な酸味があり、そのままサラダ感覚で食べたり、肉や魚の付け合わせにしたり、スープに入れるなどして食べられています。
乳酸キャベツはザワークラウトとほとんど同じですが、レシピに多少のアレンジがあり、自宅で簡単に作ることができます。

基本の材料はキャベツと塩で非常にシンプル。なぜこれだけで発酵するのかというと、キャベツだけに限らず、野菜の表面には元々乳酸菌が付着しています。塩漬けにすることで食材を腐らせる腐敗菌は殺菌され、乳酸菌だけが生き残って発酵が進みます。

■腸内環境の改善や美容に効果的!

キャベツは野菜の中でもまんべんなく各種栄養素含まれている、優秀な野菜の一つです。
中でもビタミンCは100g中41gもの量が含まれていて、キャベツの葉を2,3枚食べるだけで、1日に必要な所要量を満たすことができてしまいます。これはレモン1/2個分とほぼ同じ量です。
ビタミンCは、免疫力を高めたり、美白作用、またコラーゲンを生成したりする上で不可欠で、美容に必須の栄養素です。仮に必要以上に摂取しても、余分な量はほとんど尿から排出されますので、摂りすぎても心配はありません。

そして忘れてはならないのが、ビタミンU
別名キャベジンと呼ばれ、キャベツを始めとするアブラナ科の野菜に多く含まれ、胃壁を守り、肝機能アップや活性酸素除去の働きをします。胃薬の主成分にも使われる健康成分です。

そんな高栄養価のキャベツを乳酸発酵させ、乳酸キャベツにすることで「美腸力」がパワーアップします。
発酵させることで、善玉菌の代表格である乳酸菌が増殖します。善玉菌の働きは、腸内環境を整え、有害物質の発生や病原性細菌の繁殖を抑える、アレルギー症状の緩和、美肌、便通を良くする、肥満予防など、全身の健康につながっています。

腸内の善玉菌を増やすためには、発酵食品を食べて善玉菌そのものを体内に入れることが有効です。
腸に到達する前に胃酸で死滅してしまう菌もいますが、死んでしまった菌がまったく無意味になるわけではありません。死滅した善玉菌が腸内の善玉菌のエサとなり、間接的に腸内環境を良くすることに役立ちます。生きて腸まで届くかどうかはそれほど気にする必要はありません。
キャベツ自体の持つ食物繊維に乳酸菌が加わることで、一段と高い美腸力を持つ食べ物へと進化するのです。

キャベツは野菜の中でもまんべんなく各種栄養素含まれている、優秀な野菜の一つです。

■乳酸キャベツの作り方

作り方は至ってシンプル。材料はキャベツ、塩だけでも作れますが、味をマイルドにし、発酵を促進させるために砂糖も入れます。
キャベツを切って混ぜて寝かせるだけで、乳酸キャベツのできあがりです。

【材料】

・新鮮で痛みのないキャベツ 1/4個
・塩 小さじ1
・砂糖(きび砂糖、甜菜糖などでも可) ひとつまみ
お好みで、粒の黒こしょう3粒、ローリエ1枚、鷹の爪1本などを加えても風味が良くなります。

【作り方】

①.キャベツを千切りにし、ジッパー付きの袋に入れる。

②.キャベツの入った袋に塩、砂糖を入れて、キャベツがしんなりするまで揉みこむ。スパイス類を入れる場合は、キャベツがしんなりしてから投入します。
③.袋の中のキャベツを平らにならし、ジッパー付きの袋の空気を抜いて、口をしっかりと閉じる。
④.③の上に水の入ったペットボトルなど重石となるものを載せ、常温に置く。涼しい時期は3~5日、夏場は1~2日が目安。発酵する前から冷蔵庫に入れておくと、発酵するまでに1~2週間ほどかかります。
⑤.表面が泡立ち、味を見て酸味が出てきていれば発酵しているサインです。発酵し始めると袋が膨らむので、その都度空気を抜きます。冷蔵庫で1か月間保存が可能。発酵が進むほどに酸味が強くなります。

サラダのようにそのまま食べるだけでなく、サンドイッチやホットドッグ、ソーセージの付け合わせ、魚・肉料理の付け合わせ、カレーの付け合わせにも好相性です。

【注意点】
・発酵時には乳酸菌だけでなく他の雑菌も増えやすいので、清潔な道具を使いましょう。
・キャベツは表面をさっと洗う程度にしましょう。又は外葉を取り除くだけでもOK。洗いすぎると付着している乳酸菌が流されてしまい、発酵が進みにくくなることがあります。
・漬け込み時にキャベツから出た水分には乳酸菌が含まれているので、捨てずにそのまま一緒に漬け込みます。
・常温で5日以上が経過しても変化がない場合は、発酵が失敗している可能性があります
・少しでもおかしなにおいや味がする場合は、腐敗している可能性があるので食べずに廃棄しましょう。

今回のまとめ

ビタミン、食物繊維、乳酸菌が一挙に摂れてしまう乳酸キャベツ。
和洋中と何にでも合わせやすく保存性も高いので、日常の食卓にも是非お試しくださいね。

Category : 雑学/健康・ダイエット

カテゴリTOPへ戻る

TOPページへ戻る

マイクロダイエット公式

サニーヘルス公式オンラインショッピング

カテゴリー

雑学/
健康・ダイエット

ハロウィンといえばかぼちゃ!丸ごと食べて美肌や風邪予防に

掲載日:2018.10.19

雑学/美容

今からでも遅くない!O脚を直して美脚&脚長に

掲載日:2017.02.06

ニュース

マイクロダイエットリゾット&パスタシリーズニューアル

掲載日:2013.12.16


人気記事ランキング

  1. ヨーグルトは夜がオススメ!夜ヨーグ

    ヨーグルトには乳酸菌などの善玉菌がたっぷり含まれています。 善玉菌の働きは、悪玉

  2. 女優やモデルも「白湯」の虜に!飲む

    白湯(さゆ)というと、赤ちゃんや体の弱っている人が飲むものというイメージがあるの

  3. 「もち麦」がメタボに有効と話題に!

    「もち麦」のダイエットバワーが今注目を集めています。 もち麦とは大麦の一種で、米

  4. 食事代わりにお菓子を食べている人は

    やせたい。でもお菓子やスイーツがどうしても食べたい...じゃあ、いっそのこと食事

  5. 低糖質・高タンパクの煮干しダイエッ

    カタクチイワシなどの小魚を煮て干す工程を経て作られる、煮干し。 出汁用やおつまみ

人気記事ランキング

  1. ダイエット中に太らないアイスの選び

    アイスの美味しい季節となってまいりました! でも冷たくて甘いアイスには、多量の砂

  2. 太るサラダとダイエット向きサラダ 

    美容や健康、ダイエットなどのために、積極的にサラダを食べる人は多いと思いますが、

  3. 生食すれば医者いらず!大根おろしの

    昔から「大根おろしに医者いらず」という言葉があるように、大根おろしは様々な面から

  4. 「固太り」ってどうしたらいいの?原

    これらの項目に当てはまる人は、「固太り」をしているかもしれません。 ・太っていて

  5. 冬が旬の根菜類には体を温める作用が

    食品には体を温めるもの・冷やすものがあります。 体を温めてくれる食品は、にんじん

  1. 栄養なんてある?と思われがちな「ジ
  2. 体脂肪を燃焼させる!?「ケトン体ダ
  3. 野菜ジュースを飲めば、野菜を食べる
  4. 体に良い油・悪い油、種類を知ってキ
  5. パスタの太りにくい食べ方
  6. バターとマーガリンどっちを選ぶべき
  7. 1日10分で脂肪燃焼!なわとびダイ
  8. ダイエットに使い分けたい「水溶性食
  9. お肌のお手入れ摂るならどっち?!
  10. ハロウィンといえばかぼちゃ!丸ごと


サニーヘルス公式オンラインショッピング

サニーヘルス 口コミ・レビュー

みんなの体験談

画像で記事を探す









カロリーセーブスーパー公式サイトはこちら

ダイエット体験談



[PR]

話題のダイエット方法ならe-dietnavi「イーダイエットナビ」

にほんブログ村 ダイエットブログ ダイエットの豆知識へ

SSL グローバルサインのサイトシール

(C) Copyright 2018 Sunny Health. All Rights Reserved.