Twitterでシェア

このサイトの記事をツイートいただいた方の中から抽選で毎月3名様にマイクロダイエット1週間チャレンジセットをプレゼントしています!

Twitterでシェアする

雑学/健康・ダイエットTRIBIA/HEALTH-DIET

記事を読んだらバナーをクリック!

にほんブログ村 ダイエットブログ ダイエットの豆知識へ

Twitterでシェア

このサイトの記事をツイートいただいた方の中から抽選で毎月3名様にマイクロダイエット1週間チャレンジセットをプレゼントしています!

Twitterでシェアする

日本の伝統食品は世界から注目されるスーパーフード

カテゴリー:雑学/健康・ダイエット / 雑学/美容

日本の伝統食品は世界から注目されるスーパーフード

日本の伝統的な食品にも、スーパーフードと呼べる素晴らしいものがたくさんあります。

スーパーフードというものが注目を浴び始め、一般的にも浸透してしばらく経ちますが、何も海外発の食品ばかりが凄い訳ではありません。日本の伝統的な食品にも、スーパーフードと呼べる素晴らしいものがたくさんあり、世界から注目されてます。

どれも身近でヘルシーなものばかりです。洋風メニューも美味しいですが、日本の伝統的な食品を見直してみましょう。

【納豆、味噌】

大豆を発酵させて作られる納豆・味噌は、良質なたんぱく質、必須アミノ酸、ビタミンE、カルシウム、マグネシウム、食物繊維、大豆イソフラボンなど、様々な栄養素が含まれています。発酵させることにより酵素が大量に作れられるため、大豆よりも消化吸収率が高くなっているのがその特徴。

納豆には脂溶性の「ビタミンK」が含まれ、大豆から納豆になると大幅に含有量が上昇します。血液を凝固させる(止血)作用、カルシウムを骨に定着させる作用=骨粗鬆症の予防などの働きがあります。

また納豆特有の成分「ナットウキナーゼ」は、強力な血栓融解作用(サラサラ効果)を持つ酵素で、納豆のネバネバに存在しています。市販の納豆1パックを食べれば、1日の必要量のほとんどを摂取することができます。ナットウキナーゼは加熱に弱いので、非加熱で食べることをおすすめします。

【甘酒】

甘酒は麹から作られており、「飲む点滴」と言われるほどの栄養があり、美容や健康面で優れた飲み物です。
食べ物から摂取した糖質・脂質・タンパク質を代謝するのに必要な、ビタミンB1・B2・B6、パントテン酸、ビオチン(ビタミンH)などが豊富で、ダイエット効果があるほか、肌や髪を美しく保つ効果、疲労回復にも効果があります。

そして、代謝を円滑にするための必須アミノ酸、食物繊維と同様の働きをするレジスタントプロテインと呼ばれる成分も含まれているため、腸内環境の改善にも役立ちます。

【海藻類】

世界で海藻を食べる国は日本を含めたアジアの一部、フランス沿岸部など、ごく限られたエリアだけ。その中でも特に日本は昔から海藻の消費量が多く、体質的に消化に優れているという研究結果があります。
わかめ、昆布、海苔、ひじき、もずくなど様々な海藻類には、「フコキサンチン」が含まれ、成人病予防、アレルギーの緩和、体の錆びつき防止などの働きがあるとされ、学術誌や学会で近年注目されています。
各種ミネラルや食物繊維も豊富で、特に便秘解消に効果的な水溶性食物繊維が含まれています。

日本の緑茶は、「グリーンティー」の名で海外でも人気があります。

【梅干し】

梅干しという言葉を聞くだけで唾液が出てくるほど、酸っぱいイメージの梅干し。
酸味の成分は「クエン酸」で、体内のエネルギー産出において非常な重要な役割を担っています。

食事から摂ったエネルギーを、体を動かす燃料に変えたり、疲労の原因物質を分解したりする働きをスムーズに行う働きがあり、不足すると疲れが取れない、やせにくくなるなどの症状が現れます。
他に、食欲増進効果、血流改善効果、二日酔い防止、内臓や胃腸の働きを良くする作用、食中毒予防など、多くの効果があります。

【玄米】

玄米は、発芽するために必要なビタミン・ミネラル・脂質を蓄えています。
これらの栄養素は玄米の胚芽と表皮の部分に95%が存在し、白米となる胚乳部分には5%しか含まれていません。ですので、白米よりも玄米のほうが当然栄養価が高いです。

ダイエットで非常に重要な栄養素である食物繊維は、白米の約6倍もの量が含まれています。便秘の解消だけでなく、体内の余分なコレステロール、有害物質のデトックスの効果によって生活習慣病を防ぐのにも役立ちます。血糖値の急上昇を防ぐため、太りにくいというメリットもあります。

同じくダイエットに欠かせない、糖質の代謝に必要不可欠なビタミンB1は、白米の約5倍量が玄米に含まれます。ビタミンB1は糖質がエネルギーに変わるのをサポートする働きがあり、余った糖質を体に脂肪として溜めこませることを防いでくれる効果があります。
抗酸化作用のあるビタミンE、カルシウムや亜鉛、鉄分などのミネラルも豊富に含まれています。

【緑茶】

コンビニや自販機などでも手軽に手に入り、「グリーンティー」の名で海外でも人気があります。あのミランダ・カーも、美容に良いドリンクということで取り入れているとか!
緑茶特有の成分「カテキン」は、ポリフェノールの一種で、昔からタンニンと呼ばれてきた緑茶の渋みの主成分です。血液をサラサラにし、成人病のケアなどに効果が期待されています。
ほかに殺菌作用、口臭予防にも効果があります。

カテキン以外には、ビタミンCが挙げられます。抗酸化作用やストレス緩和、美容に欠かせないビタミンCですが、水に溶けやすく熱に弱いという特性があります。ですが緑茶のビタミンCは熱に強く、80度でも壊れないうえ保存にも強いです。
緑茶の美味しい入れ方として、少し低めの温度で入れるという方法がありますが、味覚の面だけでなく栄養面でも理に適っています。

今回のまとめ

お米、納豆、味噌汁、梅干し、緑茶と、典型的な日本の朝食が、実はスーパーフードのオンパレードだったとは!
こうした和食を日常的に食べ、間食には甘酒を飲めば、体が喜ぶこと間違いなしです。

Category : 雑学/健康・ダイエット / 雑学/美容

記事を読んだらバナーをクリック!

にほんブログ村 ダイエットブログ ダイエットの豆知識へ

注目のキーワード

この記事を読んだひとはこんな記事も読んでいます