MICRODIET.netとは?サイトマップ

RSSMICRODIET Online

microdiet.netは、女性のキレイを応援するダイエット・美容のニュースサイトです。

ダイエット・健康・美容のアレ・コレがわかるマイクロダイエットネット

雑学/健康・ダイエット


ゴマ特有の成分「ゴマリグナン」の抗酸化作用がすごい!

ゴマは非常に栄養価の高い食品ですが、粒のままのゴマは硬い皮に覆われているので体内で消化されにくく、栄養素が十分に吸収されません。すりゴマや練りゴマなら皮が破れた状態なので、消化吸収に優れています。

目立つことはないけれど、あるとないとでは料理の風味が大違いになるゴマ。

一般的なゴマの種類としては、皮の色によって白ゴマ、黒ゴマ、金ゴマに分けられ、それぞれ風味の強弱や合う料理は異なるものの、栄養面で大きな違いはありません。強いて言えば、黒ゴマには色素成分であるポリフェノールの一種であるアントシアニンが含まれるため、白ゴマ・金ゴマよりも抗酸化成分が若干多いです。
ちなみにゴマ油は、白ゴマから作られているものがほとんどです。

ゴマは非常に栄養価の高い食品ですが、粒のままのゴマは硬い皮に覆われているので体内で消化されにくく、栄養素が十分に吸収されません。
反対に、すりゴマや練りゴマなら皮が破れた状態なので、消化吸収に優れています。
自分ですりゴマや練りゴマを作るのは手間が掛かりますが、あらかじめ加工された商品を購入すればそのまま手軽に使うことができ、多くの栄養を吸収できます。

■小さくても栄養たっぷり!

ゴマは小さな粒の中に栄養がぎゅっと詰まっています。
構成は大雑把に言うと、50%が脂肪、20%がタンパク質、30%がビタミン、ミネラル、炭水化物、食物繊維、フィトケミカル(微量栄養素)となっています。

このようにゴマには脂肪が多くまれており、脂肪の主成分はリノール酸(オメガ6脂肪酸)が約40%と、オレイン酸(オメガ9脂肪酸)が約44%です。

リノール酸は体内で合成することができないために、食品から摂取する必要のある必須脂肪酸ですが、現代人は摂取過多の傾向にあるため、意識的に摂らなくても十分に摂取できていると言われており、過剰摂取はアレルギーや成人病などのリスクが高まる可能性があります。
オレイン酸はオリーブオイルで知られている成分で、抗酸化作用があり油脂の中では健康的な成分として位置づけられています。

それでは、ゴマならではの成分を見てみましょう。

ゴマリグナンは、大豆イソフラボンのように女性ホルモンと似た働きがあり、女性ホルモンの分泌の乱れや減少で起こる更年期障害やPMSなど様々な症状の改善にも効果があると考えられています。

ゴマ特有の成分に、「ゴマリグナン」という非常に強力な抗酸化物質があります。
サプリメントでもおなじみのゴマ由来の成分「セサミン」もこのゴマリグナンの一種で、他にセサモリン、セサミノール、セサモールなどが存在します。

脂溶性の抗酸化物質のためゴマの脂肪分に存在しており、ゴマ油が酸化しにくいのはこのゴマリグナンの作用によるものです。また、ゴマに豊富に含まれているビタミンEにも抗酸化作用がありますので、血液さらさら効果、体の錆つき防止、老化のスピードを緩やかにするなどに最適な食品だと言えます。

ゴマリグナンは、大豆イソフラボンのように女性ホルモンと似た働きがあり、女性ホルモンの分泌の乱れや減少で起こる更年期障害やPMSなど様々な症状の改善にも効果があると考えられています。

他に、肝機能を良くし脂肪の代謝を高める作用、アルコール分解に必要な酵素を活性化させる働きがあることなどが分かっており、飲酒時にかかる肝臓への負担を減らしたり、二日酔いを防いだりする効果があるとされています。
血中アルコール濃度を下げる作用もあるので、お酒のおつまみにはゴマやゴマ油を使った料理などを選ぶようにすると、翌日も爽快に過ごせるかもしれませんね。

今回のまとめ

普段の食事に簡単に取り入れられるという点でも、ゴマは非常に優秀な食品です。
炒め物にはサラダ油ではなくゴマ油を使ったり、納豆や味噌汁、冷ややっこ、などにもゴマをふりかけたりなど、多くの食品と相性が良いので、ぜひ積極的に取り入れてみてくださいね。
オメガ6脂肪酸のリノール酸が多いので、ゴマ油よりもすりゴマなどゴマそのものの使用がおすすめです。

Category : 雑学/健康・ダイエット

カテゴリTOPへ戻る

TOPページへ戻る

マイクロダイエット公式

サニーヘルス公式オンラインショッピング

カテゴリー

雑学/
健康・ダイエット

連休明けの緊急ダイエット法のポイント3つ

掲載日:2017.08.21

雑学/美容

今からでも遅くない!O脚を直して美脚&脚長に

掲載日:2017.02.06

リサーチ

2017年も60.8%もの人がお正月太りに!あなたは何kg増えた?アンケ

掲載日:2017.01.20

ニュース

マイクロダイエットリゾット&パスタシリーズニューアル

掲載日:2013.12.16

人気記事ランキング

  1. ダイエットに使い分けたい「水溶性食

    五大栄養素と呼ばれている、①タンパク質、②脂質、③糖質、④ビタミン、⑤ミネラルの

  2. 炭水化物を多く含む食品食材のジャン

    「炭水化物抜きダイエット」「糖質オフダイエット」など呼び方はいくつかありますが、

  3. 体脂肪を燃焼させる!?「ケトン体ダ

    炭水化物抜きダイエット、もしくは低炭水化物ダイエットについては、以前こちらのサイ

  4. 炭水化物と糖質ってどう違うの?

    ダイエット中には脂質と糖質はなるべく控えめにしたいものです。脂質とはつまり油のこ

  5. ヨーグルトは夜がオススメ!夜ヨーグ

    ヨーグルトには乳酸菌などの善玉菌がたっぷり含まれています。 善玉菌の働きは、悪玉

人気記事ランキング

  1. 太るサラダとダイエット向きサラダ 

    美容や健康、ダイエットなどのために、積極的にサラダを食べる人は多いと思いますが、

  2. パスタの太りにくい食べ方

    みんな大好きなパスタ! でも炭水化物だしオイリーだから太りそう...と、ダイエッ

  3. 何をどれだけ食べれば「バランスの良

    身体にイイとされる、「適量をバランスよく食べましょう」というよく聞くセリフ。

  4. ダイエット中に太らないアイスの選び

    アイスの美味しい季節となってまいりました! でも冷たくて甘いアイスには、多量の砂

  5. 野菜ジュースを飲めば、野菜を食べる

    美容や健康に関心があっても、忙しくてなかなか十分な野菜を食べられない。そんな現代

  1. 生食すれば医者いらず!大根おろしの
  2. 体に良い油・悪い油、種類を知ってキ
  3. 太っている人とやせている人の違い、
  4. もやしダイエットは低カロリーで栄養
  5. ダイエット中のお酒はやっぱりダメ?
  6. 食事代わりにお菓子を食べている人は
  7. ヘルシーな鶏むね肉はダイエットや疲
  8. 間違いだらけの炭水化物抜きダイエッ
  9. 秋冬においしい牡蠣!女子に嬉しい栄
  10. 脂肪燃焼させるなら運動前にコーヒー


サニーヘルス公式オンラインショッピング

サニーヘルス 口コミ・レビュー

みんなの体験談

画像で記事を探す









カロリーセーブスーパー公式サイトはこちら

ダイエット体験談



[PR]

話題のダイエット方法ならe-dietnavi「イーダイエットナビ」

にほんブログ村 ダイエットブログ ダイエットの豆知識へ

SSL グローバルサインのサイトシール

(C) Copyright 2015 Sunny Health. All Rights Reserved.