Twitterでシェア

このサイトの記事をツイートいただいた方の中から抽選で毎月3名様にマイクロダイエット1週間チャレンジセットをプレゼントしています!

Twitterでシェアする

雑学/健康・ダイエットTRIBIA/HEALTH-DIET

記事を読んだらバナーをクリック!

にほんブログ村 ダイエットブログ ダイエットの豆知識へ

Twitterでシェア

このサイトの記事をツイートいただいた方の中から抽選で毎月3名様にマイクロダイエット1週間チャレンジセットをプレゼントしています!

Twitterでシェアする

糖質制限ダイエットが体臭の原因に?

カテゴリー:雑学/健康・ダイエット

糖質制限ダイエットが体臭の原因に?

糖質制限ダイエットは小難しいカロリー計算もなく、お米、パン、うどん、パスタなどの糖質の高い主食を断つ、あるは減らすという非常にシンプルなもの。

ここ最近のダイエットのトレンドは、糖質制限ダイエット(=炭水化物抜きダイエット)が圧倒的人気です。
このダイエット法は小難しいカロリー計算もなく、お米、パン、うどん、パスタなどの糖質の高い主食を断つ、あるは減らすという、非常にシンプルなもの。

「糖質」「タンパク質」「脂質」の3大栄養素は、体内に入ると分解され体のエネルギー源となりますが、それぞれ体内での用途・役割が異なります。

糖質制限ダイエットでは、これらの栄養素のうち糖質だけを減らすというもので、血糖値をコントロールすることを目的としています。

糖質が体内に入るとブドウ糖に分解され、血液中に入り血糖となります。
これが「血糖値が上がる」という状態のことです。
健康な人の体では血糖値を下げる「インスリン」と、上げる働きをする「グルカゴン」の作用によって、血糖値は調節されています。

血糖値が上がるとすい臓からインスリンが分泌され、糖をエネルギーとして筋肉や臓器などに送る一方で、使われなかった糖は中性脂肪に換えて溜め込みます。
これが体に脂肪がつく仕組みです。

体内に入ってきた糖がすべてエネルギーとして使われ、余らなければ脂肪に換えられることはないのですが、血糖値の上がり方が急であればあるほどインスリンが多量に分泌されるため、「糖が余っている=脂肪に変換して溜め込まなければ」と体が判断してしまいます。

余剰分が出ないように、運動などでエネルギーを消費すればよいのでは?と思うかもしれませんが、ここで注目したいのが、インスリンのもう一つの働きです。

運動すると脂肪の分解を助けるホルモンが分泌されるのですが、インスリンがたくさん分泌された状態にあると、このホルモンの働きを阻害してしまうのです。

つまり、インスリンは脂肪を蓄えつつ、しかも使われるのを防いでいる、ということです。
この状態にならないためには、糖質の摂取量を適切にすることや、糖質の多いものを食べる前に食物繊維を摂っておくことなどが有効ですが、糖質制限ダイエットにおいては、糖質の摂取量を極端に減らし、とにかく血糖値を上げないようにするということが肝であるとされています。

■糖質が足りないと体脂肪がエネルギーとして使われる

ダイエット臭は自覚できるほどなので、そばにいる人にも気付かれる可能性が高いです。

糖質の摂取量を減らし体内のブドウ糖が不足すると、体はその代わりのエネルギー源として、脂肪が分解された「ケトン体」を使い始めます。
このように、血液中に増えたケトン体がエネルギーとして使われている状態を「ケトーシス」と呼びます。

食べ物から摂取した糖の代わりに、脂肪が分解されてできたケトン体がエネルギーとして使われるため、効率よく体脂肪が減少するという理論です。

糖質制限ダイエットでは、1日の糖質量を20~50gにすることを目標にしています。
白米なら1膳(150g)に含まれる糖質量は約55gですから、1日に1膳弱しか食べられないということになります。
また、野菜や豆、大豆製品、調味料などにも糖質は含まれるので、それを勘案すると更に主食の量は減ることになってしまいます。

主食を減らした分食事の満足度を高めるためには、他の食品でお腹を満たす必要が出てくるわけですが、そこで何を食べるかが重要になってきます。
主食以外なら何をどれだけ食べてもOKという風潮もありますが、決してそのようなことはなく、タンパク質、脂肪も、摂取過多になれば体脂肪になってしまうだけでなく、長期に渡れば病気のリスクを高める可能性があります。これらは適量を守るべきです。

糖質制限しながら満腹感を得るなら、根菜以外の低糖質の野菜やきのこをたっぷり食べると良いでしょう。

そしてもう一点気をつけたいのが塩分です。胃を満たすために汁物の量を増やしたり、おやつ代わりにチーズや魚肉ソーセージを食べたりなど、糖質を抑えたところで塩分過多になってしまっては、むくみや腎臓への負担など肥満以外の問題も発生しかねません。

体がケトーシスになるとすぐに現れるデメリットとしては、体がだるくなる、頭がボーッとする、ケトン体特有の甘酸っぱいツーンとした匂い(いわゆるダイエット臭)が発生するなどがあります。この匂いは自覚できるほどなので、そばにいる人にも気付かれる可能性が高いです。

血中のケトン体濃度が上がると体外へ排出しようとして脱水症状を起こすことがあるため、水分を積極的に摂る必要があります。

早い段階で減量の効果が得られる人が多いので人気のダイエット法となっていますが、10年、20年単位での長期的かつ正しく検証された報告はまだなく、安全性については現在のところよく分かっていません。

もし実践するのであれば、数週間程度の短期間に留めておいたほうが良いでしょう。

Category : 雑学/健康・ダイエット

記事を読んだらバナーをクリック!

にほんブログ村 ダイエットブログ ダイエットの豆知識へ

注目のキーワード

この記事を読んだひとはこんな記事も読んでいます