Twitterでシェア

このサイトの記事をツイートいただいた方の中から抽選で毎月3名様にマイクロダイエット1週間チャレンジセットをプレゼントしています!

Twitterでシェアする

雑学/健康・ダイエットTRIBIA/HEALTH-DIET

記事を読んだらバナーをクリック!

にほんブログ村 ダイエットブログ ダイエットの豆知識へ

Twitterでシェア

このサイトの記事をツイートいただいた方の中から抽選で毎月3名様にマイクロダイエット1週間チャレンジセットをプレゼントしています!

Twitterでシェアする

糖質オフダイエットを効率化する「MCTオイル」とは?

カテゴリー:雑学/健康・ダイエット

糖質オフダイエットを効率化する「MCTオイル」とは?

MCTとは「Medium Chain Triglyceride」の頭文字で、日本語に訳すと「中鎖脂肪酸」という意味です。この成分が100%のオイルがMCTオイルです。

高カロリーの油はダイエットの天敵と考えられていたのも今は昔。近年では良い油を摂取することで、ダイエット効果や健康に作用するという考え方がポピュラーになってきています。
体に良い油といえば、オリーブオイル、えごま油、そして最近では何といってもココナッツオイルがブームとなっています。

ココナッツオイルがダイエッターに人気の理由は、主成分が「中鎖脂肪酸」と呼ばれる種類の脂肪であることが大きな理由なのですが、その割合は6割ほど。

この成分が100%のオイルがあるのです。それは「MCTオイル」。

MCTオイルは日本ではまだそれほど認知度は高くありませんが、アメリカでは既にメジャーな存在となっているオイルで、ココナッツやパームフルーツというヤシの一種が原料です。

名称であるMCTとは、「Medium Chain Triglyceride」の頭文字で、日本語に訳すと「中鎖脂肪酸」という意味です。

脂肪は大別すると「飽和脂肪酸」「不飽和脂肪酸」の2種類があります。
動物性か植物性かというよりは、基本的に室温でも固体なのが飽和脂肪酸、液状なのが不飽和脂肪酸と捉えてください。ただ中鎖脂肪酸は飽和脂肪酸に分類されますが、MCTオイルは液状です。

飽和脂肪酸はバターや肉など動物性脂肪に多く含まれており、コレステロール値が上がることから、健康志向の人には敬遠されがちな種類の脂肪。
しかしながら、飽和脂肪酸といってもいくつかの種類に分類され、体に蓄積されるタイプと、効率よくエネルギーに代謝されて体に溜まりにくいタイプがあります。

中鎖脂肪酸が主体のMCTオイルやココナッツオイルは、後者のタイプなのです。

一般的なサラダ油や動物性脂肪と比べてMCTオイルやココナッツオイルが優れているのは、この「エネルギーとして燃焼」される効率が非常に良い点です。

サラダ油に多い「長鎖脂肪酸」と比べて「中鎖脂肪酸」は、消化吸収は約4倍、代謝は約10倍も速いため、中性脂肪になりにくいのです。
また、中鎖脂肪酸は善玉コレステロールの働きを助け、悪玉コレステロールを減少させる働きがあるため、ダイエットや生活習慣病のケアにも効果があると考えられています。

MCTオイルは無味無臭なので、様々な料理や飲み物、汁物、などにかけても違和感なく口にすることができます。常温でも液状なので、ドレッシングに使うのにも適しています。

■MCTオイルが糖質オフダイエットを効率化

MCTオイルのダイエット効果は、これだけではなくもう一つ重要なものがあります。
糖質オフダイエットで注目されるようになった、「ケトン体」を効率的に生成する能力です。

糖質の摂取量を減らすなどにより体内でエネルギー源となるブドウ糖が不足すると、体はその代わりとして体脂肪を分解して作られる「ケトン体」を使い始めます。意図的にこの状態(=ケトーシス)を作り体脂肪を燃焼させるのが、糖質オフダイエットのメソッド。
反対に言うと、体のエネルギー源はブドウ糖が優先的に使われるため、ブドウ糖が足りていればケトン体が作られることはありません。

しかし中鎖脂肪酸は、ブドウ糖が体内で不足していなくてもケトン体を作り出す働きがあるため、効率的に脂肪を燃焼させることができるようになるのです。
ただ中鎖脂肪酸も完璧ではなく、ある程度のブドウ糖が体内に残っている場合はそちらが使われるので、中鎖脂肪酸をダイエット利用するのであれば、糖質の摂取量は控えめにするほうがより効果は出やすいでしょう。

■MCTオイルの取り入れ方

MCTオイルは加熱調理には向かないので、常温でそのまま摂取します。炒め物や揚げ物に使用するなら、加熱による酸化に強いココナッツオイルが適しているので、使い分けると良いでしょう。
MCTオイルは無色透明・無味無臭なので、様々な料理や飲み物、汁物、などにかけても違和感なく口にすることができます。常温でも液状なので、ドレッシングに使うのにも適しています。
目安量は1日に大さじ1~2杯程度ですが、商品によっても異なりますので、表示を確認してみてくださいね。
便秘が改善されたというケースが多いため、お腹が緩くなりやすい人は、初めは少量から試すことをおすすめします。

Category : 雑学/健康・ダイエット

記事を読んだらバナーをクリック!

にほんブログ村 ダイエットブログ ダイエットの豆知識へ

注目のキーワード

この記事を読んだひとはこんな記事も読んでいます