MICRODIET.netとは?サイトマップ

RSSMICRODIET Online

microdiet.netは、女性のキレイを応援するダイエット・美容のニュースサイトです。

ダイエット・健康・美容のアレ・コレがわかるマイクロダイエットネット

雑学/健康・ダイエット


Twitterでシェア

このサイトの記事をツイートいただいた方の中から抽選で毎月3名様にマイクロダイエット1週間チャレンジセットをプレゼントしています!

Twitterでシェアする

美容とダイエットを促進させるチーズの4つの効果

チーズは脂肪分が多いためダイエッターには敬遠されがちですが、実はダイエット中だからこそ食べることをおすすめしたい、美容力の高い食べ物です。

チーズは脂肪分が多いためダイエッターには敬遠されがちですが、実はダイエット中だからこそ食べることをおすすめしたい、美容・ダイエットをサポートしてくれる効果の高い食べ物です。

チーズ100gを作るためには、牛乳はその10倍の1000mlもの量が必要。つまりチーズは、牛乳の栄養素をギュっと凝縮した食品と言えます。
しかも発酵の工程を経ているので酵素や乳酸菌なども含まれており、勘違いされがちな「悪い動物性脂肪の塊」どころか健康的な食品です。

チーズの種類は大きく「プロセスチーズ」「ナチュラルチーズ」の2つに分けられます。
日本でなじみ深いチーズといえば6Pチーズやベビーチーズなど加工された「プロセスチーズ」やピザ用のシュレッドチーズですが、チーズの本場であるヨーロッパでは、チーズといったら風味の豊かな「ナチュラルチーズ」のことを指し、プロセスチーズはあまり一般的ではありません。

ナチュラルチーズは、水分を抜いた原料乳を固めて、型に入れ発酵・熟成させたもの。
牛や山羊、羊など原料乳の種類や成分、製法などによって非常に多種多様で、その数は1000種類を超えると言われています。ナチュラルチーズは乳酸菌やカビ菌が生きている状態で存在し、菌の働きによりチーズが熟成され、非加熱で食べることでこれらの菌や酵素を摂取することができます。

こうしたナチュラルチーズを1種類~数種類ほど加熱溶解し、乳化剤などを加えて再び成型したものが「プロセスチーズ」です。
プロセスチーズは製造工程で高温にかけられ殺菌されるため、熟成はその時点で止まっています。そのため長期の保存がきくのが利点です。ただし酵素は失活し、善玉菌も死滅しています。

こうした違いはありますが、どちらのチーズも非常に栄養が豊富であることには変わりなく、ダイエットをサポートしてくれる成分が含まれています。
その効果をご紹介いたします。

チーズにはビタミンA、B2が含まれています。このどちらも皮膚や粘膜を健康に保つ働きがあり、肌に潤いを与えてくれます。

① ダイエット中のイライラを防ぐ

ダイエットのために食事量を減らすようになると、空腹感のためや、カルシウムが不足しがちになってイライラすることがあります。
ダイエット中ではなかったとしても、カルシウムは日本人が慢性的に不足しがちな栄養素でもあります。
骨の原料となるほか、精神安定に作用するカルシウムをチーズは多く含んでおり、その吸収率も優れています。
100g当たりのカルシウム量は、プロセスチーズは630mg、カマンベールチーズは460mg、パルメザンチーズは1300mgもの量が含まれています。
牛乳を飲むよりも、少量のチーズで手軽にカルシウム補給をすることができます。

② 美やせに必須のタンパク質が約20%含まれている

筋肉を維持したり増やしたりするのに使われ、やせ体質になるためには必須のタンパク質が、チーズにはだいたい20%前後含まれています。
ダイエット中は食事制限でタンパク質が不足しがちになり、そうすると筋肉量が減少し始めます。
筋肉量が減少すると、運動しなくても生命維持のため自動的に体で消費されるカロリー(基礎代謝量)が落ち、やせにくい体になってしまいます。
基礎代謝量が落ちた分だけ体内でカロリーが余るようになるので、その分は脂肪として蓄積され、タンパク質不足は太りやすくやせにくい体になってしまうのです。

③ チーズの脂肪分は気にしなくてもOK

各種チーズにはおよそ30%前後の脂肪分が含まれており、高脂肪の食べ物ではあるのですが、短鎖脂肪酸や中鎖脂肪酸という種類の脂肪酸が含まれています。これらの脂肪酸は体内でエネルギーに変換されやすく、しかも体脂肪として蓄積されにくいという特徴を持っており、やせるオイルとして大人気のココナッツオイルや最近注目のMCTオイルの主成分でもあります。
また、脂肪燃焼をサポートする働きを持つビタミンB2も含まれているので、大量に食べ過ぎない限りはそれほど脂肪分を気にしなくても大丈夫。
ただし、気を付けなければならない種類のチーズがあり、脂肪分60~75%以上の加工されたタイプです。こうしたチーズは生クリームが添加されているため、脂肪分が高くなっています。栄養成分表示や原材料表示を確認してみてくださいね。なるべく添加物の少ないものを選ぶと良いでしょう。

④ 美肌効果

チーズにはビタミンA、B2が含まれています。このどちらも皮膚や粘膜を健康に保つ働きがあり、肌に潤いを与えてくれます。
また、チーズには乳酸菌が含まれているので、腸内環境を整え肌の状態を良くしてくれる働きもあります。ナチュラルチーズは乳酸菌が生きた状態で存在し腸内フローラに作用し、加熱処理されているプロセスチーズは死滅していますが、どちらにしても腸内で有効に働くと考えられているので、あまりこだわる必要はありません。

今回のまとめ

栄養が偏りがちになるダイエット中こそ、適量を食べるべきチーズ。
チーズはカルシウムをはじめ、ビタミン、ミネラル、タンパク質、脂肪など、身体を維持するうえで欠かすことのできない栄養素のほとんどを含む高栄養食品です。
ただ、ビタミンC、食物繊維、鉄分は不足していますので、野菜や果物と一緒に食べると良いでしょう。

Category : 雑学/健康・ダイエット

カテゴリTOPへ戻る

TOPページへ戻る

サニーヘルス公式オンラインショッピング

カテゴリー

雑学/
健康・ダイエット

コンビニで揃えられる!ヘルシーな「まごわやさしい」食品の選び方

掲載日:2019.04.26

雑学/美容

日本発のスーパーフード「抹茶」のダイエット&美容効果

掲載日:2019.05.17

ニュース

マイクロダイエットリゾット&パスタシリーズニューアル

掲載日:2013.12.16


人気記事ランキング

  1. 太るサラダとダイエット向きサラダ 

    美容や健康、ダイエットなどのために、積極的にサラダを食べる人は多いと思いますが、

  2. パスタの太りにくい食べ方

    みんな大好きなパスタ! でも炭水化物だしオイリーだから太りそう...と、ダイエッ

  3. ヨーグルトは夜がオススメ!夜ヨーグ

    ヨーグルトには乳酸菌などの善玉菌がたっぷり含まれています。 善玉菌の働きは、悪玉

  4. 1日10分でOK!ダイエットに有効

    運動には「有酸素運動」と「無酸素運動」がありますが、体脂肪を燃やすなら有酸素運動

  5. ダイエット中に太らないアイスの選び

    アイスの美味しい季節となってまいりました! でも冷たくて甘いアイスには、多量の砂

人気記事ランキング

  1. 体に良い油・悪い油、種類を知ってキ

    油の摂り過ぎは、ダイエット面でも健康面でもマイナス。誰もが知るこの事実ゆえか、極

  2. 食事代わりにお菓子を食べている人は

    やせたい。でもお菓子やスイーツがどうしても食べたい...じゃあ、いっそのこと食事

  3. パンにはバターを塗るべし?新糖質制

    今、大流行中の「糖質制限ダイエット」「炭水化物抜きダイエット」。 呼び名は糖

  4. 炭水化物を多く含む食品食材のジャン

    「炭水化物抜きダイエット」「糖質オフダイエット」など呼び方はいくつかありますが、

  5. 知っておきたい!太らないケーキの食

    クリスマスや誕生日には絶対に外せないケーキ! 年に一度のせっかくのイベントですか

  1. ラム肉を食べてダイエット 注目成分
  2. 太っている人とやせている人の違い、
  3. 満腹は体に悪い?「腹八分目」のスス
  4. 知っていますか?意外と高い、屋台メ
  5. バターとマーガリンどっちを選ぶべき
  6. ガセリ菌SP株を含むヨーグルトに脂
  7. 夏は男女間の体感温度差にご注意を!
  8. 栄養なんてある?と思われがちな「ジ
  9. 前代未聞!なんと「バターダイエット
  10. 脂肪を燃焼させる、『褐色脂肪細胞』


サニーヘルス公式オンラインショッピング

サニーヘルス 口コミ・レビュー

みんなの体験談

画像で記事を探す









カロリーセーブスーパー公式サイトはこちら

ダイエット体験談



[PR]

話題のダイエット方法ならe-dietnavi「イーダイエットナビ」

にほんブログ村 ダイエットブログ ダイエットの豆知識へ

SSL グローバルサインのサイトシール

(C) Copyright 2018 Sunny Health. All Rights Reserved.