MICRODIET.netとは?サイトマップ

RSSMICRODIET Online

microdiet.netは、女性のキレイを応援するダイエット・美容のニュースサイトです。

ダイエット・健康・美容のアレ・コレがわかるマイクロダイエットネット

雑学/健康・ダイエット


連休明けの緊急ダイエット法のポイント3つ

ガマンのしすぎはドカ食いの元!「週1日はケーキを食べても良い日」といったようにルールを決めておけば、ストレスが軽減され、満足感も得られます。

ゴールデンウィークやお盆休みをはじめとする連休は、生活リズムや食生活が乱れがちになります。休み明けにおそるおそる体重計に乗ってみたら驚愕の数値が!!というパターンを繰り返している人も少なくないのでは?
そしてリカバリーすべく数日ほどは頑張ってみるものの、思うように体重が減らず、「もう痩せないのではないか」と...諦めモードになってしまい、そのままダイエットをやめてしまうなんてことも。

連休は心身ともに開放され、リラックスできることはとても良いことですし必要ですが、ダイエットに関しても気持ちが緩んでしまいます。

こういった事態を避けるには、連休明けのすぐの対応の仕方が重要です。食べすぎ飲みすぎのすぐ後日の対処次第で、大きな体重の増加を防ぐことができます。

まずは、体重の増えてしまうパターンを簡単に説明します。

食べすぎてしまった翌日すぐに体重が増えているということは少なく、ここでホッと安心して何日か同じように食べ続けてしまうと、3~4日後に急に増えてしまうことがあります。
ここでは、脂肪量の増加というよりは、体が水分を溜め込んでむくみを生じたり、便通が滞ったりすることなどが原因で体重が増えてしまうことが多く、あくまでも一時的なものです。
食べすぎが続けばもちろん体脂肪量は増加してしまいますが、2、3日ほどカロリーオーバーしたからといって、すぐに肥満化するわけではありません。
ゆえに食べすぎた後日は、早めにケアすることが大事なポイントになってきます。

■食べすぎ・飲みすぎ後のリカバリー方法3つ

【ポイント1】
食べすぎた次の日は、基本的には食べすぎたものを避けること。また、糖質(炭水化物)を極力抑え、脂肪の多い肉や揚げ物は食べず、魚や豆類、野菜などで食事の満足感はキープしつつカロリー調整をします。
カロリーカットよりも糖質オフダイエットが全盛の昨今ですが、カロリーオーバーは確実にダイエットに影響します。
食べ過ぎたそのすぐ後日は、摂取カロリーを抑えるようにします。

休み明けにおそるおそる体重計に乗ってみたら驚愕の数値が!!というパターンを繰り返している人も少なくないのでは?

【ポイント2】
朝起きてすぐから、ノンカロリーの水分(水や砂糖の入っていないお茶など)を積極的に摂ること。
1日に1~1.5リットルをクリアするつもりで飲みます。そんなにたくさん飲める?と思うかもしれませんが、少量ずつをこまめ分けて飲むことで意外と無理なく摂取できる量でもあります。これは特にお酒の飲みすぎに有効ですので、翌日には実行してみてください。

【ポイント3】
お腹が空いていなければ食べないようにします。
意外とこれができない人が多い「なんとなく食べ」で、肥満の大きな原因になります。口寂しいというのもこの一種で、必要ないものまで食べてしまっているのです。
食べすぎが続くと、満腹感が収まってくるだけでお腹が空いたような錯覚を起こす人もいますが、それは栄養補給のための空腹感とは別物。
自分の食欲の変化をよく観察し、1日の食事リズムを整えましょう。5~6時間の間隔を目安に食事を取り、食欲がない時は無理して食べずに軽めにしておきます。 

■我慢のしすぎはドカ食いの元!

食事の内容については、一食でバランスを良くしようとするとなかなか難しいですが、1日の中で、あるいは数日ぐらいのトータルでバランスを取れれば問題ないでしょう。

また、我慢しすぎては必ず反動が来てしまいますから、普段から適度に食べることで満足感を得るようにしておくほうが良いでしょう。
例えば、「土曜日はケーキを食べても良い日(但し1個まで、など)」といったようにルールを決めておけば、たまのご褒美感を味わうことができますし、そうすることでストレスが軽減され、満足感も得られます。

食べすぎてしまっても、早めのリカバリーができれば、ダイエットを順調に進めることができます。我慢のしすぎや無理なダイエットは長続きしません。ご自身のライフスタイルに取り入れられることを実践してみてください。

今回のまとめ

実家や旅先などで食べすぎたとしても、普段食べられない食材を楽しんだり、身内や友人たちとの時間でストレス発散をしたりして、楽しかった!おいしかった!と心を満足させましょう。
そして休み明けからは、気持ちをリセットするというメリハリが大切です。これはダイエットを長続きさせるコツでもあります。

Category : 雑学/健康・ダイエット

カテゴリTOPへ戻る

TOPページへ戻る

マイクロダイエット公式

サニーヘルス公式オンラインショッピング

カテゴリー

雑学/
健康・ダイエット

ハロウィンといえばかぼちゃ!丸ごと食べて美肌や風邪予防に

掲載日:2018.10.19

雑学/美容

今からでも遅くない!O脚を直して美脚&脚長に

掲載日:2017.02.06

ニュース

マイクロダイエットリゾット&パスタシリーズニューアル

掲載日:2013.12.16


人気記事ランキング

  1. 低糖質・高タンパクの煮干しダイエッ

    カタクチイワシなどの小魚を煮て干す工程を経て作られる、煮干し。 出汁用やおつまみ

  2. 食事代わりにお菓子を食べている人は

    やせたい。でもお菓子やスイーツがどうしても食べたい...じゃあ、いっそのこと食事

  3. ヨーグルトは夜がオススメ!夜ヨーグ

    ヨーグルトには乳酸菌などの善玉菌がたっぷり含まれています。 善玉菌の働きは、悪玉

  4. 「もち麦」がメタボに有効と話題に!

    「もち麦」のダイエットバワーが今注目を集めています。 もち麦とは大麦の一種で、米

  5. ダイエットに使い分けたい「水溶性食

    五大栄養素と呼ばれている、①タンパク質、②脂質、③糖質、④ビタミン、⑤ミネラルの

人気記事ランキング

  1. 太るサラダとダイエット向きサラダ 

    美容や健康、ダイエットなどのために、積極的にサラダを食べる人は多いと思いますが、

  2. 野菜ジュースを飲めば、野菜を食べる

    美容や健康に関心があっても、忙しくてなかなか十分な野菜を食べられない。そんな現代

  3. ダイエット中に太らないアイスの選び

    アイスの美味しい季節となってまいりました! でも冷たくて甘いアイスには、多量の砂

  4. 生食すれば医者いらず!大根おろしの

    昔から「大根おろしに医者いらず」という言葉があるように、大根おろしは様々な面から

  5. 冬が旬の根菜類には体を温める作用が

    食品には体を温めるもの・冷やすものがあります。 体を温めてくれる食品は、にんじん

  1. 体脂肪を燃焼させる!?「ケトン体ダ
  2. 女優やモデルも「白湯」の虜に!飲む
  3. 栄養なんてある?と思われがちな「ジ
  4. 体に良い油・悪い油、種類を知ってキ
  5. 「固太り」ってどうしたらいいの?原
  6. 1日10分で脂肪燃焼!なわとびダイ
  7. 「やせる」と話題沸騰中のサバ缶、食
  8. もやしダイエットは低カロリーで栄養
  9. 長寿日本一の沖縄が首位から急転落!
  10. バターとマーガリンどっちを選ぶべき


サニーヘルス公式オンラインショッピング

サニーヘルス 口コミ・レビュー

みんなの体験談

画像で記事を探す









カロリーセーブスーパー公式サイトはこちら

ダイエット体験談



[PR]

話題のダイエット方法ならe-dietnavi「イーダイエットナビ」

にほんブログ村 ダイエットブログ ダイエットの豆知識へ

SSL グローバルサインのサイトシール

(C) Copyright 2018 Sunny Health. All Rights Reserved.