MICRODIET.netとは?サイトマップ

RSSMICRODIET Online

microdiet.netは、女性のキレイを応援するダイエット・美容のニュースサイトです。

ダイエット・健康・美容のアレ・コレがわかるマイクロダイエットネット

雑学/健康・ダイエット


見た目では分からない!病気リスクを高める「隠れ肥満」に要注意

肥満には皮下脂肪型と内臓脂肪型があり、隠れ肥満に多いのは内臓脂肪型です。自分がこのどちらに該当するかは、腹囲のサイズによって分かります。

一見太っているようには見えないのに、実は体脂肪率が高い状態のことを「隠れ肥満」と言います。
見た目や体重だけでは判別ができないため、本人も気づかないうちに隠れ肥満の状態になっていることもあるので、定期的に体脂肪を測定することが大切です。

体重的には標準(BMI18.5以上25未満)であっても、体脂肪率が男性25%以上、女性30%以上なら隠れ肥満と言えます。

BMIの計算式: 体重(kg)÷(身長(m)×身長(m))

肥満には皮下脂肪型内臓脂肪型があり、隠れ肥満に多いのは内臓脂肪型です。
自分がこのどちらに該当するかは、腹囲のサイズによって分かります。男性は85cm以上、女性は90cm以上の場合、内臓脂肪型肥満です。身長や筋肉量などの要素もあるので腹囲だけで一概には言えませんが、目安にしてみてください。

■内臓脂肪型肥満の病気リスク

皮下脂肪型肥満に比べ、内臓脂肪型のほうが病気のリスクが高まると言われています。
過剰に増えた内臓脂肪の細胞からは、ホルモンに似た悪玉物質が分泌されるようになります。この物質は、インスリンの働きを妨げ血糖値を上昇させる、血栓をできやすくする、血圧を上昇させる、などの作用があります。

この作用によって、高血糖、高血圧、脂質異常が誘引され、その結果、脳疾患、心疾患など命に関わる病気を引き起こしてしまうのです。これらの症状のうち2つ以上の症状が一度に出ている状態が「メタボリックシンドローム」です。

内臓脂肪は加齢により付きやすくなり、女性は中高年に入ると皮下脂肪型から内臓脂肪型へとシフトするパターン多く、一方男性は若くても内臓に脂肪が付きやすい傾向にあります。
加齢以外では、単純な食べすぎ・飲みすぎ、運動不足、そしてダイエット遍歴によっても隠れ肥満の原因となります。

まず運動不足ですが、筋肉は使われないと減少するため代謝も低下し、エネルギーが体内で余るようになります。その余剰分のエネルギーは、内臓脂肪として蓄えられてしまいます。

揚げ物+カレーのカツカレーは、高カロリー・高脂肪・高糖質の三拍子。

次に、ダイエット遍歴についてです。
ダイエット後にリバウンドをすることで、内臓脂肪が付きやすくなってしまいます。
リバウンドするということは、そのダイエット法が間違っていたということ。

例えば、極端な食事制限をする無理なダイエットや、特定の食品ばかりを食べるなど、栄養バランスを欠いた食生活で一時的に体重が落ちたとしても、ダイエットをやめた途端にリバウンドし、元の体よりも太りやすくやせにくい体へとなってしまいます。この時に内臓に脂肪が蓄えられやすいのです。

■隠れ肥満を解消するには?

内臓脂肪は付きやすい反面、落としやすいという特徴を持っています。
落とすためには食事内容・量の適正化と有酸素運動を並行して行うことが有効です。

有酸素運動とはウォーキング、ランニング、サイクリングなど、少し息が上がる程度(脈拍125~155が目安)で、酸素を消費し充分な呼吸を確保しながら行う継続的な運動のこと。

体脂肪を燃焼させるには、20分以上の連続した有酸素運動が必要という認識の人が多いかもしれませんが、最近では連続して10分程度で効果があると考えられています。これが有酸素運動の効果を得られる最低ラインの時間です。

しかも10分の有酸素運動を1日2回に分けて別の時間に行ったとしても、連続で20分行ったのと同様の効果があるとされています。
有酸素運動の頻度については、例えば週に1回だけまとめて行うよりも、月・水・金など、1日10分以上を週3日に分けて行う方が効果的です。

たったの10分とはいえ時間を取ることができない人は、一駅分歩いたり、エスカレーターやエレベーターを使わずに階段を使ったりなど、生活の中できる運動を行いましょう。

食事については、無理な食事制限や偏った食事内容は厳禁です。そうした食生活を続けることにより栄養バランスが崩れると、体は飢餓の危機を感じ脂肪を溜めこもうとします。
また、筋肉の材料となるタンパク質不足にも陥るので、内臓脂肪を減らすどころか太りやすい体になってしまうことも。

揚げ物や丼もの、カレー、パスタなどの高カロリーかつ脂肪や糖質(炭水化物)も多いメニューを減らし、ご飯(玄米、雑穀米)、味噌汁、魚・肉の主菜、といったような、和食+たっぷりの野菜を食生活の中心にしましょう。
食べる順番は野菜や汁物に先に箸を付け、ご飯を最後にするとよりダイエット効果が高まります。

今回のまとめ

良い生活習慣を身に着けておくことで、スリム体型を維持することができます。
特別な食事や運動でなく、毎日無理なくできる範囲で続けましょう。

Category : 雑学/健康・ダイエット

カテゴリTOPへ戻る

TOPページへ戻る

マイクロダイエット公式

サニーヘルス公式オンラインショッピング

カテゴリー

雑学/
健康・ダイエット

お酒の搾りかす「酒粕」はダイエット成分の宝庫!

掲載日:2017.12.15

雑学/美容

今からでも遅くない!O脚を直して美脚&脚長に

掲載日:2017.02.06

リサーチ

2017年も60.8%もの人がお正月太りに!あなたは何kg増えた?アンケ

掲載日:2017.01.20

ニュース

マイクロダイエットリゾット&パスタシリーズニューアル

掲載日:2013.12.16



マイクロダイエットアンケート

人気記事ランキング

  1. ダイエットに使い分けたい「水溶性食

    五大栄養素と呼ばれている、①タンパク質、②脂質、③糖質、④ビタミン、⑤ミネラルの

  2. 野菜ジュースを飲めば、野菜を食べる

    美容や健康に関心があっても、忙しくてなかなか十分な野菜を食べられない。そんな現代

  3. 寒さで肩こりが悪化する人必見!1日

    冬になると寒さで体が縮こまってしまい、肩や背中のこりがひどくなる人も多いのではな

  4. 炭水化物を多く含む食品食材のジャン

    「炭水化物抜きダイエット」「糖質オフダイエット」など呼び方はいくつかありますが、

  5. ヨーグルトは夜がオススメ!夜ヨーグ

    ヨーグルトには乳酸菌などの善玉菌がたっぷり含まれています。 善玉菌の働きは、悪玉

人気記事ランキング

  1. 秋冬においしい牡蠣!女子に嬉しい栄

    秋冬においしくなる牡蠣! 英語圏では「May(5月)」や「July(7月)」など

  2. 体脂肪を燃焼させる!?「ケトン体ダ

    炭水化物抜きダイエット、もしくは低炭水化物ダイエットについては、以前こちらのサイ

  3. パスタの太りにくい食べ方

    みんな大好きなパスタ! でも炭水化物だしオイリーだから太りそう...と、ダイエッ

  4. 太るサラダとダイエット向きサラダ 

    美容や健康、ダイエットなどのために、積極的にサラダを食べる人は多いと思いますが、

  5. 食事代わりにお菓子を食べている人は

    やせたい。でもお菓子やスイーツがどうしても食べたい...じゃあ、いっそのこと食事

  1. 体に良い油・悪い油、種類を知ってキ
  2. 生食すれば医者いらず!大根おろしの
  3. 冬が旬の根菜類には体を温める作用が
  4. ピーナッツバターにダイエットと美容
  5. もやしダイエットは低カロリーで栄養
  6. 何をどれだけ食べれば「バランスの良
  7. ダイエット中に太らないアイスの選び
  8. ヘルシーな鶏むね肉はダイエットや疲
  9. 炭水化物と糖質ってどう違うの?
  10. 知っておきたい!太らないケーキの食


サニーヘルス公式オンラインショッピング

サニーヘルス 口コミ・レビュー

みんなの体験談

画像で記事を探す









カロリーセーブスーパー公式サイトはこちら

ダイエット体験談



[PR]

話題のダイエット方法ならe-dietnavi「イーダイエットナビ」

にほんブログ村 ダイエットブログ ダイエットの豆知識へ

SSL グローバルサインのサイトシール

(C) Copyright 2015 Sunny Health. All Rights Reserved.