Twitterでシェア

このサイトの記事をツイートいただいた方の中から抽選で毎月3名様にマイクロダイエット1週間チャレンジセットをプレゼントしています!

Twitterでシェアする

雑学/健康・ダイエットTRIBIA/HEALTH-DIET

記事を読んだらバナーをクリック!

にほんブログ村 ダイエットブログ ダイエットの豆知識へ

Twitterでシェア

このサイトの記事をツイートいただいた方の中から抽選で毎月3名様にマイクロダイエット1週間チャレンジセットをプレゼントしています!

Twitterでシェアする

「ホットヨーグルト」はダイエットや花粉症対策にも効果的?

カテゴリー:雑学/健康・ダイエット / 雑学/美容

「ホットヨーグルト」はダイエットや花粉症対策にも効果的?

ヨーグルトは美容や健康にも良い食べ物なので、季節を問わず食べるのがベストとは言え、お腹の冷えも気になるところ。

まだまだ寒い日々が続いていますが、春はもうすぐそこまで来ています。花粉症の人は、症状が出る人が増えてくる時期でもあります。

花粉症に効果がある食べ物として知られているのは何といってもヨーグルトですが、寒い時に冷たいヨーグルトはあまり食べたくないもの。
花粉症だけでなく美容や健康にも良い食べ物なので、季節を問わず食べるのがベストとは言え、お腹の冷えも気になるところ。
そこでおすすめしたいのが、「ホットヨーグルト」です。

その名の通り、ヨーグルトを温めるだけなのですが、冷たい状態で食べるよりもお腹が冷えないことはもちろんのこと、温めて食べるため胃腸が冷えず、消化吸収の機能が高まりヨーグルトの持つ美容健康効果が発揮されやすくなると言われています。

そして、更にヨーグルト効果を引き出すのなら朝ではなく夜に食べるのがおすすめ!
人間の体は1日の中で、朝は排泄、昼は食べたものを消化し栄養の補給、夜間は吸収というリズムがあります。
朝にお通じがあったり、夜遅くに食べると太りやすかったりすることからも、このリズムは実感できると思います。
こうした体のリズムには、腸の働きが最も活発になる「腸のゴールデンタイム」があり、22時~翌2時がその時間帯だと言われています。

この時間に合わせて腸を整えるヨーグルトを食べることで、腸のゴールデンタイムをさらに後押しすることができるというのが、夜にヨーグルトを食べることのメリットなのです。

夕食の時間帯にヨーグルトを食べることで、眠っている間に乳酸菌などの善玉菌が働いて腸が活性化し、腸内環境を整えたり、老廃物の排泄や有害物質を減らしたり、太りにくい体質作りに役立つとされています。

花粉症に効果がある食べ物として知られているのは何といってもヨーグルトですが、寒い時に冷たいヨーグルトはあまり食べたくないもの。

■ホットヨーグルトの作り方

ホットヨーグルトの作り方はとても簡単で、ヨーグルトを耐熱皿に入れてレンジで温めるだけ!
ただ、注意点がいくつかあります。

「ホット」と言っても、温める温度は40度前後。この人肌程度の温度が、善玉菌が活動するのに最適な温度なのです。
温度が上がり過ぎると、ヨーグルトの善玉菌は死滅してしまいます。

加熱時間はレンジの種類や出力、器、ヨーグルトの量により変わってくるので、初めはヨーグルト200gに水を大さじ2加えて混ぜ、レンジ1分で試してみてください。ヨーグルトを指で触ってみて温かさを感じる程度になるまで温めます。水を加えることで加熱ムラや分離を防ぐ効果があります。もし加熱後にヨーグルトが分離していたら温めすぎのサインですので、レンジのタイマーを短めに調整してください。

お好みではちみつ、フルーツ、シナモンパウダー等をトッピングしてお召し上がりくださいね。
食べる時間帯は夜をおすすめしましたが、基本的にはご自分の生活に合った時間帯でOKです。朝食代わりにしても良いですし、おやつとして食べても良いでしょう。1回に食べる量は100~200gを目安にしてください。

Category : 雑学/健康・ダイエット / 雑学/美容

記事を読んだらバナーをクリック!

にほんブログ村 ダイエットブログ ダイエットの豆知識へ

注目のキーワード

この記事を読んだひとはこんな記事も読んでいます