MICRODIET.netとは?サイトマップ

RSSMICRODIET Online

microdiet.netは、女性のキレイを応援するダイエット・美容のニュースサイトです。

ダイエット・健康・美容のアレ・コレがわかるマイクロダイエットネット

雑学/健康・ダイエット


なぜ続かない?ダイエット失敗してしまうのはこんなタイプ!

一念発起してダイエットを始めたはずなのに、なぜだか続かない…。それは、気合いや根性が足りないせいではありません

一念発起してダイエットを始めたはずなのに、なぜだか続かない...。それは、気合いや根性が足りないせいではありません。
ダイエットに失敗する理由にはいくつかのパターンがあります。
自分の負けパターンを認識するところから始め、考え方や行動の癖を把握し、それを改善することがダイエットを成功へと導いてくれます。

そこで今回は、ダイエットが続かない人の特徴や理由をご紹介したいと思います。

【漠然タイプ】

具体的な目標を設定せずに、「とりあえずやせたい」と何となく考えているタイプが「漠然タイプ」です。
ダイエットを始める時は、どのぐらいの期間で何キロ減らすのか、はっきりとした目標を立てましょう。
目標を立てずにただやせたいという気持ちでダイエットを始めても、モチベーションの維持が難しく、いつの間にかダイエットがフェイドアウトしてしまう確率が高くなりがち。ダイエット期間、減量キロ数や服のサイズダウンなど目標を数値にして設定しましょう。

【目標が高すぎるタイプ】

漠然タイプとは反対に、やるからにはと高い目標を掲げてしまうのがこのタイプ。
目標を設定することが重要であることは上述した通りなのですが、実現できる目標でなければ意味がありません。
高すぎる目標のために無理なダイエットをしても続きませんし、健康面への影響やリバウンドなどのリスクが高まってしまいます。
では無理なく健康的にやせられる目標値とはどのぐらいかということですが、1週間で1kg、1か月で4kgが目安です。
目標は達成できそうな範囲で設定しましょう。

【完璧主義タイプ】

自分が設定したダイエットのルールを徹底して守ろうとする「完璧主義タイプ」。
普段から自分に厳しく真面目な性格の人が多いタイプです。
食事量を大幅に制限したり体重の増減にこだわったりなど、自分を追い込みやすいタイプなのでストレスが溜まり、ダイエットが上手くいかなくなると一気にリバウンドしがちです。
ダイエットの初期段階では体重がみるみるうちに減っていきますが、やがて停滞期が訪れます。完璧主義な人はそこまで気合いと根性でやってきて結果が出ているので、停滞期に入り体重が落ちないとダイエットが続かなくなってしまいます。

完璧にできない日があっても、翌日からまたリセットして新たな気持ちでダイエットに取り組めばOKです。ルールを外れずにやることを目的とせずに、最終的にダイエットを成功させることを目標にしましょう。

「トマトダイエット」のようにある一つの特定の食材を取り入れるダイエットは、一時的に体重が減りますが、ダイエットをやめた途端にリバウンドしてしまいます

【三日坊主タイプ】

テレビや雑誌で話題のダイエット法に手を出してはすぐにやめてしまうのが、「三日坊主タイプ」。
楽しみながらダイエットをできるタイプで、その点はとても良いことなのですが、好奇心のままに積極的に話題のダイエットにチャレンジしてみるものの、長続きしないので成功には近づけません。「トマトダイエット」や「ココナッツオイルダイエット」のように、ある一つの特定の食材を取り入れるダイエットに手を出すのもこのタイプ。こうしたダイエットは一時的に体重が減りますが、ダイエットをやめた途端にリバウンドしてしまいます。
食生活の改善、運動を取り入れるなど、王道のダイエットを心掛けて。

【体重にこだわりすぎタイプ】

ダイエットというからには、体重を減らすことを目標にしている人がほとんどだと思いますが、それよりも重視すべきなのは見た目や服のサイズです。

ダイエット中は毎日体重を測ることが基本。ですが、増減に一喜一憂する必要はないのです。体重を気にしすぎるとうまくいっている時は良いものの、停滞期や増えてしまった時のモチベーションの維持が難しく、ダイエットが続かない原因になってしまいます。
とはいえダイエットをしていれば、どうしても体重が気になりますよね。

そんな時は、体重を長期間で見るようにしましょう。体重を毎日測っていると前日の体重と比較してしまうことが多いと思いますが、前週、1か月前と少し前の数値を比べてみてください。日々の少しの増減があったとしても、長い目で見て体重が減っていれば、ダイエットがうまくいっているということ。
また、ダイエットにおいて体重よりも重要なのは、見た目がスリムになっているかどうかです。

体重が大きく減らなくても、運動を取り入れることで体は引き締まって見えるようになりますし、手持ちの服がゆるくなってきているかどうかもダイエットがうまくいっているかどうかの指標になります。

今回のまとめ

今回ご紹介した5タイプは、どれか1つに当てはまるというよりは複合的に組み合わさっていることが多いです。
ダイエットが続かない原因を知ることが成功に繋がりますので、まずは自分に近いのがどのタイプなのか、分析してみてください。
自分がどんな傾向にあるのかを自覚するところからダイエットが始まります。

Category : 雑学/健康・ダイエット

カテゴリTOPへ戻る

TOPページへ戻る

マイクロダイエット公式

サニーヘルス公式オンラインショッピング

カテゴリー

雑学/
健康・ダイエット

W杯開催国ロシアの定番ダイエットフードはそば!?

掲載日:2018.06.15

雑学/美容

今からでも遅くない!O脚を直して美脚&脚長に

掲載日:2017.02.06

ニュース

マイクロダイエットリゾット&パスタシリーズニューアル

掲載日:2013.12.16


人気記事ランキング

  1. 太るサラダとダイエット向きサラダ 

    美容や健康、ダイエットなどのために、積極的にサラダを食べる人は多いと思いますが、

  2. ヨーグルトは夜がオススメ!夜ヨーグ

    ヨーグルトには乳酸菌などの善玉菌がたっぷり含まれています。 善玉菌の働きは、悪玉

  3. 脂肪を燃焼させる、『褐色脂肪細胞』

    余計な体脂肪を何とかしたい。言うまでもなく、ダイエッター全員の願いです。いわゆる

  4. パスタの太りにくい食べ方

    みんな大好きなパスタ! でも炭水化物だしオイリーだから太りそう...と、ダイエッ

  5. 体脂肪を燃焼させる!?「ケトン体ダ

    炭水化物抜きダイエット、もしくは低炭水化物ダイエットについては、以前こちらのサイ

人気記事ランキング

  1. ダイエット中に太らないアイスの選び

    アイスの美味しい季節となってまいりました! でも冷たくて甘いアイスには、多量の砂

  2. 食事代わりにお菓子を食べている人は

    やせたい。でもお菓子やスイーツがどうしても食べたい...じゃあ、いっそのこと食事

  3. 野菜ジュースを飲めば、野菜を食べる

    美容や健康に関心があっても、忙しくてなかなか十分な野菜を食べられない。そんな現代

  4. 炭水化物を多く含む食品食材のジャン

    「炭水化物抜きダイエット」「糖質オフダイエット」など呼び方はいくつかありますが、

  5. 体に良い油・悪い油、種類を知ってキ

    油の摂り過ぎは、ダイエット面でも健康面でもマイナス。誰もが知るこの事実ゆえか、極

  1. ピーナッツバターにダイエットと美容
  2. サッカー1試合でどのぐらいのカロリ
  3. 生食すれば医者いらず!大根おろしの
  4. ダイエットに使い分けたい「水溶性食
  5. ヘルシーな鶏むね肉はダイエットや疲
  6. 1日10分でOK!ダイエットに有効
  7. 「固太り」ってどうしたらいいの?原
  8. 栄養なんてある?と思われがちな「ジ
  9. ダイエット中のお酒はやっぱりダメ?
  10. ダイエットのつもりが逆に太ってしま


サニーヘルス公式オンラインショッピング

サニーヘルス 口コミ・レビュー

みんなの体験談

画像で記事を探す









カロリーセーブスーパー公式サイトはこちら

ダイエット体験談



[PR]

話題のダイエット方法ならe-dietnavi「イーダイエットナビ」

にほんブログ村 ダイエットブログ ダイエットの豆知識へ

SSL グローバルサインのサイトシール

(C) Copyright 2018 Sunny Health. All Rights Reserved.