Twitterでシェア

このサイトの記事をツイートいただいた方の中から抽選で毎月3名様にマイクロダイエット1週間チャレンジセットをプレゼントしています!

Twitterでシェアする

雑学/健康・ダイエットTRIBIA/HEALTH-DIET

記事を読んだらバナーをクリック!

にほんブログ村 ダイエットブログ ダイエットの豆知識へ

Twitterでシェア

このサイトの記事をツイートいただいた方の中から抽選で毎月3名様にマイクロダイエット1週間チャレンジセットをプレゼントしています!

Twitterでシェアする

ダイエットドリンク「スウィッチェル」が海外セレブの間で人気急上昇中!

カテゴリー:雑学/健康・ダイエット

ダイエットドリンク「スウィッチェル」が海外セレブの間で人気急上昇中!

海外セレブの間では今、ヘルシーデトックスドリンク「スウィッチェル」が人気急上昇中!ダイエットやデトックスなどをはじめ、体の内側から美容効果を発揮してくれると言われています。

海外セレブの間では今、ヘルシーダイエットドリンク「スウィッチェル」が人気急上昇中!
ダイエットやデトックスなどをはじめ、体の内側から美容効果を発揮してくれると言われています。

スウィッチェルというのは、リンゴ酢と生姜、はちみつなどを水か炭酸水で割った飲み物で、市販されている商品もありますが自分で簡単に作ることも可能!
まずはスウィッチェルの様々な嬉しい効果をご紹介します。

①ダイエット効果

スウィッチェルの材料に使われている生姜は、漢方薬にも多用されている薬効の高い食品です。たくさんの辛味成分が含まれていて、主なものは、「ジンゲロール」、「ショウガオール」などです。
これらの成分は血行をよくする働きがあり、体を温める作用や、脂肪分解を促す酵素「リパーゼ」を活性化させる作用があります。
また、リンゴ酢にはむくみを解消するカリウム、糖質や脂肪の代謝を潤滑にするクエン酸、水溶性食物繊維のペクチンなども含まれているので、ダイエットを促進させる効果が期待できます。

スウィッチェルは水又は炭酸水で割って飲むのですが、ダイエット効果をさらに高めるには炭酸水を使いましょう。炭酸水を飲むと、炭酸水に溶けている二酸化炭素が血中に入ることにより血液は酸素欠乏になり、酸素量を増やすために血管を広げ、更に酸素や栄養を送り込もうとします。すると血流が良くなり、代謝がアップします。つまり、体が消費するエネルギー量が増え、余計な脂肪を蓄えにくくなるのです。

②疲労回復効果

リンゴ酢の酸味の主成分は「酢酸」で、摂取して体内に入るとクエン酸へと変化するのですが、このクエン酸は体内のエネルギー産出において重要な役割を担っています。
食事から摂った糖質、タンパク質、脂質のエネルギーや、疲労の原因物質である乳酸などを分解しエネルギーに変換するサイクルの事を「クエン酸サイクル」といいます。
このクエン酸サイクルを回すためには、その名の通りクエン酸が必須アイテム。
クエン酸サイクルが潤滑に回っていないと、糖質や脂質の代謝がスムーズに行われず、また乳酸が溜まるなど、痩せにくくなったり疲れが取れにくかったりといった症状が現れます。リンゴ酢にはクエン酸の元となる酢酸がたっぷり含まれているので、日常的に摂取していれば不足することはありません。

さっぱりした飽きのこない味ですので、お風呂上りや運動時の水分補給に、食事のお供になど、日常的に飲むようにしましょう。

③美肌効果

リンゴ酢はリンゴから作られているため、リンゴポリフェノールやペクチンが含まれています。
リンゴポリフェノールは抗酸化物質の一種で、その主成分である「プロシアニジン」は特に強い抗酸化力を持ち、活性酸素の発生を抑え、しみ、シワなど肌のエイジングケアや、生活習慣病にも効果があるという研究結果が発表されています。
ペクチンは水溶性食物繊維ですので、腸内環境を整えて、美肌だけでなく便通の改善にも効果的です。

■スウィッチェルの作り方

作り方はとっても簡単ですので、ぜひ自分で作ってみましょう!市販されているものを購入するよりも断然リーズナブルですし、自分好みにいろいろ調整しやすいです。
さっぱりした飽きのこない味で、お風呂上りや運動時の水分補給に、食事のお供になど、日常的に飲むようにしましょう。そうすることでメリットを享受しやすくなります。

【スウィッチェルの作り方(分量500ml)】
・リンゴ酢 大さじ2
・おろし生姜(チューブでも可) 小さじ1~2
・はちみつ 小さじ3~4
・水又は無糖の炭酸水 500cc

分量の水又は炭酸水にこれらをすべて入れて、はちみつが溶けるまで混ぜるだけです。生姜、はちみつはお好みで量を調節してください。
ミントの葉やローズマリー、シナモンパウダー、輪切りのレモンやライムなども相性が良いので、アレンジを楽しむこともできます。

出来上がったスウィッチェルは、もちろんそのまま飲んでも良いですし、温めて飲むことも可能です。温める場合は炭酸水ではなく水のほうが好相性です。
多めに作っておいて、冷蔵庫で保存することもできます。1~2日で飲み切るようにしましょう。

Category : 雑学/健康・ダイエット

記事を読んだらバナーをクリック!

にほんブログ村 ダイエットブログ ダイエットの豆知識へ

注目のキーワード

この記事を読んだひとはこんな記事も読んでいます