Twitterでシェア

このサイトの記事をツイートいただいた方の中から抽選で毎月3名様にマイクロダイエット1週間チャレンジセットをプレゼントしています!

Twitterでシェアする

雑学/健康・ダイエットTRIBIA/HEALTH-DIET

記事を読んだらバナーをクリック!

にほんブログ村 ダイエットブログ ダイエットの豆知識へ

Twitterでシェア

このサイトの記事をツイートいただいた方の中から抽選で毎月3名様にマイクロダイエット1週間チャレンジセットをプレゼントしています!

Twitterでシェアする

夏バテ予防・ダイエットにも有効!お酢を積極的に取り入れよう

カテゴリー:雑学/健康・ダイエット

夏バテ予防・ダイエットにも有効!お酢を積極的に取り入れよう

煮込み料理や炒め物の味付け時に加えたり、和え物やオイルと合わせてドレッシングにしたりなど、思いのほか何にでも使えます

早々に梅雨が明けて真夏の暑さになり、「食欲がない」「なんだか体がだるい」「でもやせない」なんていう状態になってはいませんか?
暑いときに食べるからこそおいしいものといえば、冷やし中華、そうめん、アイスクリームなど冷たいものですよね。

これらのような、冷たく糖質(炭水化物)の多い食べ物は夏バテを助長してしまうだけでなく、内臓機能の低下や太る原因にもなってしまいます。

そこで積極的に取り入れたいのがお酢です。お酢は暑い時期でもさっぱり食べられるだけでなく、やせやすい体作りに活躍してくれます。

お酢は米や麦など穀物や果実でアルコールを作り、それをさらに発酵させて作られる調味料。
成分は、酢酸、リンゴ酸、コハク酸など、60種類以上の有機酸が含まれています。

主成分は「酢酸」で摂取して体内に入るとクエン酸へと変化するのですが、このクエン酸は体内のエネルギー産出において重要な役割を担っています。また、鉄やカルシウムなどの女性が慢性的に不足しがちな栄養素は、クエン酸と一緒に摂取することで体に吸収されやすくなるという特徴も併せ持っています。

食事から摂った糖質、タンパク質、脂質のエネルギーや、疲労の原因物質である乳酸などを分解しエネルギーに変換するサイクルの事を「クエン酸サイクル」といいます。
このクエン酸サイクルを回すためには、その名の通りクエン酸が必須アイテム。
クエン酸サイクルが潤滑に回っていないと、糖質や脂質の代謝がスムーズに行われず、また疲労物質の乳酸が溜まり、疲れが取れない、疲れやすい、やせにくくなるといった症状が現れます。

早々に梅雨が明けて真夏の暑さになり、「食欲がない」「なんだか体がだるい」「でもやせない」なんていう状態になってはいませんか?

逆にクエン酸サイクルが潤滑になると、エネルギーが効率よく消費されるようになり、疲れにくく、太りにくい体質になります。
クエン酸サイクルを回すためには、クエン酸だけでなく各種の酵素やビタミンC、B1なども必要です。お酢だけを飲んでクエン酸をピンポイントで摂るのではなく、必要な栄養素を食事からまんべんなく摂るように心がけましょう。ビタミンCはブロッコリーやピーマン、キャベツ、キウイ、苺など、ビタミンB1は豚肉、レバー、小麦胚芽、大豆製品などに多く含まれています。

■お酢の活用方法

リンゴ酢などフルーティーな果実酢を薄めて飲用するのも良いですが、毎日積極摂取をするためには、調味料として料理に取り入れるのがおすすめです。和食や中華には米酢や黒酢、洋風の料理にはワインビネガーやバルサミコ酢が合います。多くのお酢の中でも黒酢は他のお酢と比べアミノ酸がかなり多く含まれていて、人の体に必要な必須アミノ酸・非必須アミノ酸の両方の計20種類がバランス良く含まれているという特性もあります。

お酢の活用方法は定番の酢の物だけでなく、煮込み料理や炒め物の味付け時に加えたり、和え物やオイルと合わせてドレッシングにしたりなど、思いのほか何にでも使えます。
特に肉料理とは好相性で、お酢で煮込むと柔らかくしっとりとした仕上りになり、おいしくいただけます。お酢には殺菌作用があるので、日持ちの面でも優等生です。

1食に1品はお酢を使ったメニューにしてみてはいかがでしょうか。

いつもの味とは一味違った、さっぱりとしつつも深い味になりますよ。加熱すれば酸味も気にならず、酸っぱいのが苦手な人でもおいしく食べられます。

Category : 雑学/健康・ダイエット

記事を読んだらバナーをクリック!

にほんブログ村 ダイエットブログ ダイエットの豆知識へ

注目のキーワード

この記事を読んだひとはこんな記事も読んでいます