MICRODIET.netとは?サイトマップ

RSSMICRODIET Online

microdiet.netは、女性のキレイを応援するダイエット・美容のニュースサイトです。

ダイエット・健康・美容のアレ・コレがわかるマイクロダイエットネット

雑学/健康・ダイエット


かくれ脱水に注意!熱中症の予防と対策

特にのどが渇いていなくてこまめに水分を摂りましょう。のどの渇きを感じた段階では、体の水分はかなり失われているそうです。

めまい、だるさ、食欲不振...もしかして夏バテ?と感じたら、それはもしかすると熱中症の初期症状かもしれません。見逃さないように気を付けましょう。

暑い日はもちろんですが、それほど暑さを感じない程度の気温でも、年齢、体調、水分量、環境、運動の強度や労働の程度などのいろいろな要素によって、熱中症の症状を起こすことがあります。

熱中症というのは、体から水分が失われる「脱水」が最初に起きる病気です。この脱水状態は、脱水症になりかけていても自覚症状がないため「かくれ脱水」と呼ばれており、熱中症の最初の段階です。
熱中症は人によって症状の重さや進行度は異なりますが、必ず最初の段階にこのかくれ脱水があります。そして実は夏バテも隠れ脱水が原因の場合があります。

熱さを感じると、体は体温を調整するために汗をかいて内部の熱を外に出します。その結果、体からは水分が失われ脱水状態になります。失われるのは水分だけでなく、同時にナトリウム(塩分)も失われます。体内の水分が不足すると血流量が減り、血圧が下がります。
その影響によりめまいや頭痛、集中力の低下、胃腸の機能が低下し食欲不振などが起こります。

またナトリウムの不足は、神経や筋肉に影響を与え、足がつる、しびれや脱力といった症状が起こります。ここで水分とナトリウムの補給をしないと、体内の水分や塩分のバランスが崩れ、体温調節機能がうまく働かなくなります。これにより体内に熱がたまり、熱中症の症状が現れ始めます。

熱中症の症状は、下記のようにⅠ~Ⅲに分けられています。

●Ⅰ度 (軽症)
現場での応急処置が可能
めまい・失神、筋肉痛・筋肉の硬直(こむら返り)、大量の発汗

●Ⅱ度 (中等症)
病院への搬送が必要
頭痛・気分の不快・吐き気・おう吐
力が入らない、体がぐったりする(熱疲労、熱疲弊)

●Ⅲ度 (重症)
入院・集中治療の必要
意識がなくなる、けいれん、歩けない、刺激への反応がおかしい、高体温(熱射病)

暑い日はもちろんですが、それほど暑さを感じない程度の気温でも、年齢、体調、水分量、環境、運動の強度や労働の程度などのいろいろな要素によって、熱中症の症状を起こすことがあります。

■熱中症の予防

熱中症にならないためには、予防法を知り実践することが重要です。日常生活の中で以下のようなことに気を付けましょう。

●水分
なんといっても水分補給が最重要です。特にのどが渇いていなくてこまめに水分を摂りましょう。のどの渇きを感じた段階では、体の水分はかなり失われているそうです。
一気飲みするのではなく、こまめに口の中で一旦噛むようにゆっくり飲みましょう。
特に高齢者や子供はこまめに飲むようにしてください。

熱中症患者の多くは高齢者(65歳以上)です。高齢者は暑さや水分不足に対する感覚機能が低下しており、暑さに対する体の調整機能も低下しています。子供も体の調整機能が未発達なため、注意が必要です。
水分は基本的には水やお茶でOKですが、スポーツドリンクのほうが体へ吸収されやすいです。

●塩分
水分と塩分・糖分が摂れ、吸収が良いスポーツドリンクは夏場に最適ですが、カロリーが気になるダイエッターもいるかもしれません。
そこで塩分補給にオススメしたいのが、梅干しです。塩分、クエン酸、ミネラルなどを摂取することができ、カロリーも微々たるもの。最近ではコンビニのお菓子コーナーでも売っていますから、間食に食べるのも良いですね。

●環境
意外にも室内で熱中症を発症するケースが多く見られます。
扇風機やエアコンを使った温度調整、室温が上がりにくい環境の確保(換気、遮光カーテン、すだれ、打ち水など)をしましょう。

●外出時
外出時には日傘や帽子の着用をし、こまめに休憩を。日陰を選んで歩くようにし、服は通気性の良い、吸湿・速乾のものを着用しましょう。

最近では体を冷やすスプレーや、保冷効果のある商品など様々なものがたくさん販売されていますので、熱い場所に行く際にはこうしたものを利用しましょう。

参考:政府広報オンライン(https://www.gov-online.go.jp/useful/article/201206/2.html

今回のまとめ

女性に多い「水太りするタイプだから」と言って、水を控えるのは厳禁です。水だけで太ることはありませんので、体に必要な水分を補給するようにしましょう。
体内の水分が減ると熱中症だけでなく、食欲が落ちたり、消化機能が下がりすぐお腹を壊したりなどの症状が出てしまいます。
自分の体調のちょっとした変化に気をつけて、元気に夏を過ごしましょう。

Category : 雑学/健康・ダイエット

カテゴリTOPへ戻る

TOPページへ戻る

マイクロダイエット公式

サニーヘルス公式オンラインショッピング

カテゴリー

雑学/
健康・ダイエット

ハロウィンといえばかぼちゃ!丸ごと食べて美肌や風邪予防に

掲載日:2018.10.19

雑学/美容

今からでも遅くない!O脚を直して美脚&脚長に

掲載日:2017.02.06

ニュース

マイクロダイエットリゾット&パスタシリーズニューアル

掲載日:2013.12.16


人気記事ランキング

  1. 低糖質・高タンパクの煮干しダイエッ

    カタクチイワシなどの小魚を煮て干す工程を経て作られる、煮干し。 出汁用やおつまみ

  2. 食事代わりにお菓子を食べている人は

    やせたい。でもお菓子やスイーツがどうしても食べたい...じゃあ、いっそのこと食事

  3. ヨーグルトは夜がオススメ!夜ヨーグ

    ヨーグルトには乳酸菌などの善玉菌がたっぷり含まれています。 善玉菌の働きは、悪玉

  4. 「もち麦」がメタボに有効と話題に!

    「もち麦」のダイエットバワーが今注目を集めています。 もち麦とは大麦の一種で、米

  5. ダイエットに使い分けたい「水溶性食

    五大栄養素と呼ばれている、①タンパク質、②脂質、③糖質、④ビタミン、⑤ミネラルの

人気記事ランキング

  1. 太るサラダとダイエット向きサラダ 

    美容や健康、ダイエットなどのために、積極的にサラダを食べる人は多いと思いますが、

  2. 野菜ジュースを飲めば、野菜を食べる

    美容や健康に関心があっても、忙しくてなかなか十分な野菜を食べられない。そんな現代

  3. ダイエット中に太らないアイスの選び

    アイスの美味しい季節となってまいりました! でも冷たくて甘いアイスには、多量の砂

  4. 生食すれば医者いらず!大根おろしの

    昔から「大根おろしに医者いらず」という言葉があるように、大根おろしは様々な面から

  5. 冬が旬の根菜類には体を温める作用が

    食品には体を温めるもの・冷やすものがあります。 体を温めてくれる食品は、にんじん

  1. 体脂肪を燃焼させる!?「ケトン体ダ
  2. 女優やモデルも「白湯」の虜に!飲む
  3. 栄養なんてある?と思われがちな「ジ
  4. 体に良い油・悪い油、種類を知ってキ
  5. 「固太り」ってどうしたらいいの?原
  6. 1日10分で脂肪燃焼!なわとびダイ
  7. 「やせる」と話題沸騰中のサバ缶、食
  8. もやしダイエットは低カロリーで栄養
  9. 長寿日本一の沖縄が首位から急転落!
  10. バターとマーガリンどっちを選ぶべき


サニーヘルス公式オンラインショッピング

サニーヘルス 口コミ・レビュー

みんなの体験談

画像で記事を探す









カロリーセーブスーパー公式サイトはこちら

ダイエット体験談



[PR]

話題のダイエット方法ならe-dietnavi「イーダイエットナビ」

にほんブログ村 ダイエットブログ ダイエットの豆知識へ

SSL グローバルサインのサイトシール

(C) Copyright 2018 Sunny Health. All Rights Reserved.