MICRODIET.netとは?サイトマップ

RSSMICRODIET Online

microdiet.netは、女性のキレイを応援するダイエット・美容のニュースサイトです。

ダイエット・健康・美容のアレ・コレがわかるマイクロダイエットネット

雑学/健康・ダイエット


体に良い成分がいっぱいのサバ缶が人気

サバ缶なら、骨も食べられるほどに柔らかく加工されているので、生のサバを食べるよりも多くのカルシウムを摂取することができます

よく使う缶詰と言えば、これまではツナ缶でした。ですが今、日本で最も多く生産されている水産缶詰食品は、ツナ缶ではなく「サバ缶」だそうです。

ツナ缶の原料となっているマグロやカツオの水揚げ量が減少し、その一方でサバは安定しているという背景もありますが、サバ缶人気の理由はメディアで健康面やダイエット効果がクローズアップされたことが大きいでしょう。加工されていない生のサバよりも缶詰のサバのほうがより栄養価が高く、しかも安定して安価ですから、人気に火が付くのにも納得が行きます。

■DHA・EPAとカルシウムがたっぷり摂れるサバ缶

「魚の脂は体にいい脂」とよく言われますが、この脂とは不飽和脂肪酸のオメガ3脂肪酸に分類されるDHAとEPAのこと。
青魚、えごま油、アマニ油、最近注目のスーパーフードであるチアシードなどに含まれます。青魚には特に多く含まれ、中でもサバはトップクラスの含有量です。

DHA、EPAには、中性脂肪やコレステロール値を抑制、血管をしなやかにして血流を改善、月経前症候群(PMS)の緩和、冠動脈疾患の予防などの効果が認められています。
ほとんどの人が不足しがちな脂肪酸であり、1日1~2g程度の摂取が推奨されています。

テレビなどのメディアでは、EPAが食欲抑制効果や、糖質が腸で緩やかに吸収される働きを持ち、血糖値を下げる「GLP-1」というホルモンの分泌を促進させると紹介されました。

GLP-1の分泌量が多い人、EPAの摂取量が多い人ほどやせやすい体質だと言われています。日本人は欧米人よりもスリムな人が多く肥満率が低いですが、それはEPAが多く含まれる魚をよく食べていることが一因であるという説もあるほどです。

100gあたりのカルシウム量で比較すると、生は6mg、サバ缶は210mgと35倍もの差があります。

さらにサバ缶なら、骨も食べられるほどに柔らかく加工されているので、生のサバを食べるよりも多くのカルシウムを摂取することができます。100gあたりのカルシウム量で比較すると、生は6mg、サバ缶は210mgと35倍もの差があります。

カルシウムは骨を作る元になるだけでなく、実はダイエットにも影響を及ぼします。
血中のカルシウム濃度を一定に保つために、骨や脂肪に貯蔵されたカルシウムが溶かし出されて利用されます。溶かし出されたカルシウムは血中に入るのですが、血中カルシウム濃度が高くなると、脂肪細胞では脂肪酸合成酵素が多く作られるようになり、中性脂肪が増えます。

このようにカルシウムは脂肪の代謝にも関わっており、体内に十分なカルシウムがあると脂肪の合成が抑えられ、分解が促進されることが分かっています。

サバ缶なら、DHA、EPAなどの体に良い脂であるオメガ3脂肪酸、カルシウムを安価に手軽に摂ることができるのです。


■サバ缶を食べるだけでやせるというのは誤解

必ずしもサバ缶でなくても、GLP-1を増やすことはできます。
小腸の下の方(大腸に近い部分)に、GLP-1を分泌する細胞が多く存在しており、その部分まで届く成分を摂取することでGLP-1を増やすことができます。

その成分とは、EPAの他は食物繊維。これらがGLP-1を増やす手助けをするのに有効だとされています。
確かにEPA含有量はサバがトップクラスですが、マグロ(トロ)、イワシ、ブリ、サンマなど脂ののった他の青魚にもたくさん含まれています。青魚100gの摂取で1日の必要量が満たされるとされており、サバ缶にこだわる必要はありません。
他の青魚や青魚の缶詰も含めて、日々の食事にコンスタントに取り入れるように変えてみるというのはいかがでしょうか。

今回のまとめ

サバが人気になりすぎて漁獲量が追いつかず、販売量は頭打ちになりつつあると言われています。そのため、缶詰なら同じ青魚のイワシやサンマもEPAやカルシウムが豊富なので、複数の種類を取り入れましょう。
秋になれば生のサンマが安く出回りますし、旬の時期なら生の青魚もおすすめです。

Category : 雑学/健康・ダイエット

カテゴリTOPへ戻る

TOPページへ戻る

サニーヘルス公式オンラインショッピング

カテゴリー

雑学/
健康・ダイエット

冬のランチにぴったり!スープジャーで燃焼系ダイエット弁当

掲載日:2018.12.14

雑学/美容

今からでも遅くない!O脚を直して美脚&脚長に

掲載日:2017.02.06

ニュース

マイクロダイエットリゾット&パスタシリーズニューアル

掲載日:2013.12.16


人気記事ランキング

  1. 食事代わりにお菓子を食べている人は

    やせたい。でもお菓子やスイーツがどうしても食べたい...じゃあ、いっそのこと食事

  2. ダイエット中に太らないアイスの選び

    アイスの美味しい季節となってまいりました! でも冷たくて甘いアイスには、多量の砂

  3. ピーナッツバターにダイエットと美容

    脂肪分が多く高カロリーなピーナッツバター。太る、鼻血が出る、ニキビができる...

  4. 足腰に負担の少ない有酸素運動3選

    秋が深まり寒くなるにつれ、足腰に痛みが出るなど調子が悪くなってくることがあります

  5. 長寿日本一の沖縄が首位から急転落!

    食の欧米化が急速進行 日本一の長寿県といえば沖縄。しかし近年、異変が起きていま

人気記事ランキング

  1. 太っている人とやせている人の違い、

    よく、太っている人は「あまり食べてないのに太る」と言い、やせている人は逆に「よく

  2. バターとマーガリンどっちを選ぶべき

    普段、パンに塗るのはバターですか?それともとマーガリン?あなたはどちら派ですか?

  3. 美しさを維持したい、マイクロは私の

    産後のカロリー調整をきっかけに選んだマイクロダイエット数々のファッション誌に出演

  4. 甘いものはなぜ太る?太らないスイー

    「スイーツは太りやすい」というイメージを大多数の人が持っています。おそらく「スイ

  5. キャベツの葉2、3枚で1日分のビタ

    3~5月が旬の春キャベツはまさに今が食べどき。丸い形で巻きがゆるいのが特徴で、瑞

  1. 野菜ジュースを飲めば、野菜を食べる
  2. 秋冬においしい牡蠣!女子に嬉しい栄
  3. ダイエットの基本、太る仕組みとやせ
  4. お肌のお手入れ摂るならどっち?!
  5. ウィンタースポーツの消費カロリーが
  6. ヨーグルトは夜がオススメ!夜ヨーグ
  7. 餃子を食べてダイエット効率アップを
  8. 太らない炭水化物の食べ方とは?
  9. 次なるブレイクなるか!?スーパーフ
  10. その老け顔...レンジの使い過ぎで


サニーヘルス公式オンラインショッピング

サニーヘルス 口コミ・レビュー

みんなの体験談

画像で記事を探す









カロリーセーブスーパー公式サイトはこちら

ダイエット体験談



[PR]

話題のダイエット方法ならe-dietnavi「イーダイエットナビ」

にほんブログ村 ダイエットブログ ダイエットの豆知識へ

SSL グローバルサインのサイトシール

(C) Copyright 2018 Sunny Health. All Rights Reserved.