Twitterでシェア

このサイトの記事をツイートいただいた方の中から抽選で毎月3名様にマイクロダイエット1週間チャレンジセットをプレゼントしています!

Twitterでシェアする

雑学/健康・ダイエットTRIBIA/HEALTH-DIET

記事を読んだらバナーをクリック!

にほんブログ村 ダイエットブログ ダイエットの豆知識へ

Twitterでシェア

このサイトの記事をツイートいただいた方の中から抽選で毎月3名様にマイクロダイエット1週間チャレンジセットをプレゼントしています!

Twitterでシェアする

太って見える!顔のむくみの原因と解消法

カテゴリー:雑学/健康・ダイエット / 雑学/美容

太って見える!顔のむくみの原因と解消法

朝起きたら顔がパンパンにむくんでいて、今日は誰にも会いたくない...誰しもにそんな日があると思います。
顔がむくんでいると太ったように見えますし、目元も腫れぼったくなり目が小さく見えてしまいます。

朝起きてから時間の経過とともに、昼過ぎ頃には顔のむくみは自然に解消されていきますが、午前中から仕事や用事がある時は困りますよね。
今回は、顔のむくみの原因と解消方法をご紹介します。

■顔がむくむ原因

むくみとは、皮膚の下に体内の余分な水分が溜まった状態のことです。血流やリンパの流れが滞ることで水分が溜まってしまい、むくみが生じます。腎機能の不調や体調不良などでもないにもかかわらず、一時的にそうした状態になってしまう原因は、基本的には以下の4つが考えられます。

①お酒の飲み過ぎ

お酒には利尿作用があり、飲んでいる最中はトイレが近くなり体内の水分が排出されるため、体はその水分を補おうとします。そうした際には脱水症状を起こさないためにも、十分に水分を摂取する必要があるのですが、尿として処理しきれなくなると、水分が細胞内に滞ってしまいます。

また、アルコールには血管を拡張する作用もあり、これは血液中の水分が外へ染み出しやすい状態、つまりむくみが生じやすいということでもあります。
飲酒により眠りが浅くなることも、むくむ原因となります。質の良い睡眠が十分に取れていないと代謝が悪くなり、水分や疲労物質がうまく排出されずに体に溜まってしまいます。
飲酒によるむくみは、これらの理由によって起こってしまいます。

②塩分の摂り過ぎ

体内では塩分濃度を一定に保つために、塩分(ナトリウム)を摂り過ぎると体の水分量が増えます。すると体はむくんでしまい、むくんだ状態が続くと代謝が落ち、やせにくい体になってしまいます。
こうならないためには塩分を摂り過ぎないことと、余計な塩分を排出する作用のあるカリウムをしっかり摂ることです。翌朝の顔のむくみが気になる人は、特に夕食時の塩分に気を付けてみてください。カリウムは野菜、果物、海藻類に多く含まれています。

③血流が悪い(運動・筋肉不足、冷え)

運動不足や冷え性などで血流が悪くなると、代謝が滞りむくみやすくなってしまいます。
女性に多い冷え性は、筋肉が少ないため血流が滞りがちになり起こります。反対に、筋肉量の多い男性には冷え性が少ないです。筋肉量を増やすことでむくみにくい体になることができるので、定期的に運動を取り入れると良いでしょう。

④泣く

泣くと涙腺の血管に血液が集まり、目のまわりは水分の多い状態になります。そのため、泣いた後間もなく眠りにつくと、集まった血液や水分が目の周辺に滞ってしまいます。泣いた時に目をこするとより腫れてしまいますので、ティッシュやハンカチでそっと拭くようにしましょう。
泣いた後は、まぶたを冷やしてから眠ると翌朝のまぶたのむくみを防ぐことができます。

■顔のむくみの解消法

まず首を左右5回程度回しほぐします。そして指の腹を使って耳の後ろから鎖骨あたりまでを少し強めに上下にマッサージ。10往復ほどし、リンパの流れを良くします。その後で、顔のむくみの気になる部分から外側に向かって流すようにマッサージします。
乳液やクリーム等を使うと、スムーズに顔のマッサージをすることができます。

親指以外の4本の指を揃えてあごに置き、右手は右耳の後ろ、左手は左耳の後ろまで下から上へと一方方向にマッサージをします。
これを10回行ったら、また指の腹を使って耳の後ろから鎖骨あたりまでを少し強めに上から下へと、これも一方方向に10回マッサージ。

次に、目元のマッサージです。

指の腹で目頭から目尻へ、内側から外側に向かって骨に沿って軽く圧をかけながらマッサージをし、目尻に指を置いたままキツネ目になるように斜め上へ引き上げ10秒ほどキープ。
まぶたのむくみがひどいときには、温冷ケアも有効です。蒸しタオルを1~2分顔に当てた後、冷水で顔を洗います。顔の血行が促され、むくみの解消に有効です。

今回のまとめ

ストレッチなどの軽い運動を行い全身の血流を良くすることも、顔や全身のむくみ解消に効果があります。
顔のむくみは実際の体重以上に太って見えてしまいます。予防とケアですっきり小顔を目指しましょう。

Category : 雑学/健康・ダイエット / 雑学/美容

記事を読んだらバナーをクリック!

にほんブログ村 ダイエットブログ ダイエットの豆知識へ

注目のキーワード

この記事を読んだひとはこんな記事も読んでいます