Twitterでシェア

このサイトの記事をツイートいただいた方の中から抽選で毎月3名様にマイクロダイエット1週間チャレンジセットをプレゼントしています!

Twitterでシェアする

雑学/健康・ダイエットTRIBIA/HEALTH-DIET

記事を読んだらバナーをクリック!

にほんブログ村 ダイエットブログ ダイエットの豆知識へ

Twitterでシェア

このサイトの記事をツイートいただいた方の中から抽選で毎月3名様にマイクロダイエット1週間チャレンジセットをプレゼントしています!

Twitterでシェアする

腸内環境改善でやせ体質に!「シンバイオティクス」とは

カテゴリー:雑学/健康・ダイエット

腸内環境改善でやせ体質に!「シンバイオティクス」とは

「プロバイオティクス」という言葉を一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。

人の腸には、数百~1000種類、1000兆個以上にも及ぶ多種多様な細菌が住んでいます。特に小腸から大腸にかけてこれらの細菌が種類ごとにまとまって生息しており、顕微鏡で覗いてみると、まるでお花畑のように見えることから「腸内フローラ(腸内細菌叢)」と呼ばれています。

腸内フローラは人によって異なり、生活習慣、食事、人種、年齢などが細菌のバランスを左右していると考えられており、健康状態や体質にまで影響を及ぼしていると考えられています。
腸内フローラのバランスを改善し、体に良い作用をもたらす生きた微生物、つまり善玉菌のこと、又は善玉菌を含む製品や食品のことを総称して「プロバイオティクス」と言います。

腸の中に善玉菌が多い人は太りにくい傾向があるという研究結果があり、腸内環境が良いことがダイエットと健康の両立に役立つと考えられています。

■腸内細菌は3種類

プロバイオティクスを上手に利用し腸内環境を改善することが、健康維持・増進、美容やダイエットなどにまで渡り体調や体質を変える力があるという考えは、認知度が高まってきています。善玉菌の含まれる食品やサプリメントを積極的に摂取している人も多いのではないでしょうか。
代表的な腸内細菌は、以下のように作用によって大きく3種類に分類されます。

◆善玉菌・・・ビタミンの合成、消化吸収の補佐、免疫刺激、悪玉菌の増殖を抑えるなどなど、人に有益な働きをしてくれる菌です。健康や美肌作りに役立ちます。
ビフィズス菌、乳酸菌、ガセリ菌、納豆菌、ラクトバチルス・プランタラムなどがあります。

◆悪玉菌・・・腸内腐敗、細菌毒素の発生、発ガン物質の産生、ガス発生など。肌荒れや病気の原因、老化を促進させます。
ブドウ菌、大腸菌(有毒株)、フェルシュ菌など。

◆日和見菌(ひよりみきん)・・・健康時は活動が少ないのですが、体が弱っていると悪玉菌と同じような働きをする性質を持っています。
バクテロイデス、大腸菌(無毒株)、連鎖球菌など。

善玉菌が減ると、腸内で有害物質やガスを発生させる悪玉菌が優勢になります。すると、腸壁から有害物質が吸収され血液を通じて全身を巡り、様々な形で体に悪影響を及ぼすのです。例えば、便秘、下痢、頭痛、肌荒れ、口臭、体臭、代謝が低下して太りやすくなる といった症状だけでなく、大腸ガンのリスクが高まります。

善玉菌が減り悪玉菌が増える原因としては、便秘、加齢、ストレス、運動不足や不規則な生活などがありますが、何と言ってもやはり食べ物が大きく関わっています。
肉類、インスタント食品、お菓子など脂肪の多い食べ物の摂り過ぎは、十分に消化されないまま大腸に運ばれ、悪玉菌のエサとなってしまいます。悪玉菌はタンパク質や脂肪が大好物なのです。
また、豆類、海藻類、野菜の摂取量が少ない、水分をあまり摂らないことも悪玉菌を増やす原因になってしまいます

■善玉菌を更に増やすことができる「シンバイオティクス」

腸内環境を良くし、体調や体質を改善する働きが期待できるプロバイオティクス。
腸内の善玉菌を増やすには、プロバイオティクスだけでなく、善玉菌のエサになる「プレバイオティクス」を同時に摂取することで相乗効果が得られます。プレバイオティクスにはオリゴ糖、食物繊維などがあり、善玉菌の増殖を促進すると言われています。

また、プロバイオティクスとプレバイオティクスを組み合わせることや、その両方が含まれた食品のことを「シンバイオティクス」と言い、注目を集めています。

私たちの食生活においても、シンバイオティクスを意識して食材を選ぶことで、腸内環境の改善が期待できます。

例えば、乳酸菌の含まれたヨーグルトを単体で食べるよりも、食物繊維たっぷりのフルーツと組み合わせたり、オリゴ糖をかけて食べたりするほうが、腸内環境の改善に相乗効果が得られます。
納豆なら、単体でも納豆菌と食物繊維の両方が含まれているので、シンバイオティクスということになります。

野菜のぬか漬け、たくあん、ザワークラウトなども、善玉菌のラクトバチルス・プランタラムと食物繊維を同時に摂取することができますから、日常的に食事に添えると良いでしょう。ただし市販のものは発酵させていないものもありますので、手作りするか、八百屋や専門店での購入がおすすめです。

Category : 雑学/健康・ダイエット

記事を読んだらバナーをクリック!

にほんブログ村 ダイエットブログ ダイエットの豆知識へ

注目のキーワード

この記事を読んだひとはこんな記事も読んでいます