雑学/健康・ダイエットTRIBIA/HEALTH-DIET

Twitterでシェア

このサイトの記事をツイートいただいた方の中から抽選で毎月3名様にマイクロダイエット1週間チャレンジセットをプレゼントしています!

Twitterでシェアする

ガマンが人を太らせる!ストレスフリーなダイエット法とは

やせたい一心でガマンにガマンを重ねた結果ストレスが溜まり、自分を抑えられなくなってドカ食い、そして自己嫌悪とリバウンドに陥るという最悪の状態です
やせたい一心でガマンにガマンを重ねた結果ストレスが溜まり、自分を抑えられなくなってドカ食い、そして自己嫌悪とリバウンドに陥るという最悪の状態です

ダイエットはストレスが付き物?

ダイエット=食欲をひたすらガマンするのがマスト、と考える人は多いもの。確かにそれまでの体型から脱却するためには、太った原因となっている食事内容や量を見直すことが必要なので、ある程度のコントロールは必要です。
ですが、食べたい気持ちをただただガマンし強いストレスを受けると、努力の甲斐なく逆に太ってしまうことすらあるのです。
ストレスを感じずにダイエットを成功させる方法とは?そのコツをご紹介します。

【contents】

ストレスがドカ食いを招いてリバウンド

ダイエットのために食事制限→反動でドカ食い、という行動は決して珍しいことではありません。やせたい一心でガマンにガマンを重ねた結果ストレスが溜まり、自分を抑えられなくなってドカ食い、そして自己嫌悪とリバウンドに陥るという最悪の状態です。

なぜこのような状態になってしまうのか、その理由は人間の体に備わる防御反応にあります。
ダイエットのために食事制限やハードな運動を取り入れるなど、脳がストレスを感じると、脳は体に危機が迫っていると判断します。

ストレスに対抗するために、通称ストレスホルモン「コルチゾール」の分泌が高まります。その働きにより、エネルギーをいつも以上に欲するようになり食欲が増して、しかも体に入ってきた栄養を脂肪として溜め込もうとするのです。普段と同じ食事量では満足ができなくなり、ドカ食いに発展します。

頑張って食事制限をしても、少し食べ過ぎただけで体重が元に戻ってしまうどころか、ダイエット前よりも増えてしまうという、「リバウンド」を引き起こすのもこのため。

ダイエットのためにストイックになればなるほどストレスを感じ、体重はうまく減らず、最終的には挫折してしまう可能性が高くなってしまうのです。

ダイエットのためにストイックになればなるほどストレスを感じ、体重はうまく減らず、最終的には挫折してしまう可能性が高くなってしまうのです。

食事制限でやせにくい体に

また、食事制限によって体に入ってくる栄養素が不足すると、肌荒れ、便秘、無気力感、そして筋肉量の低下などの症状が現れます。とりわけ筋肉量の低下は基礎代謝を低下させ、それまでと同じ食事量でもカロリーが余るようになってしまい、その余剰分のカロリーは脂肪として蓄積されます。

ダイエットのために食べる量を減らすことや、無理なトレーニングやランニングをしなければとストイックになればなるほどストレスを感じ、体重はうまく減らず、最終的には挫折してしまう可能性が高くなってしまうのです。

ストレスフリーなダイエット法とは?

①1日3食きちんと食べる

食事制限による空腹との闘いはストレスの元。そして筋肉量を減らさない為にも、栄養バランスの良い食事をきちんと取ることです。
体の代謝をきちんと回しやせやすくするためにも、多くの栄養素が必要です。

また、食事を抜いたり食事量を極端に減らしたりすると、空腹時間が長くなりストレスが溜まるだけでなく、次の食事が入ってきたときに体に脂肪が溜め込まれやすくなります。
トータルの量が同じであれば、食事の回数は少ないよりも多いほうがダイエットには有効です。必ずしも3回でなくても、4回、5回に分けて食べるのもアリです。

糖質制限ダイエットの台頭により、糖質(炭水化物)もダイエットの敵とばかりの扱いとなっていますが、極端に減らすべきではありません。

糖質制限ダイエットの台頭により、糖質(炭水化物)もダイエットの敵とばかりの扱いとなっていますが、極端に減らすべきではありません。

②「食べてはいけないもの」を作らない

これもダメ、あれもダメ、とダイエットのために禁止事項を作るほどストレスになります。
禁止するのではなく、肝心なのは量です。
食べ過ぎさえしなければ、ダイエット中であろうとどんなものを食べてもOK!頻度や量に気を付ければ、揚げ物でもおやつでも食べて構いません。

例えば、揚げ物なら週に1回だけは食べても良い、おやつは1日150キロカロリーまでなど、完全に絶つのではなく上手に取り入れることがポイントです。

糖質制限ダイエットの台頭により、糖質(炭水化物)もダイエットの敵とばかりの扱いとなっていますが、極端に減らすべきではありません。朝・昼は適量を食べ、夕食だけ主食の量を半分にすると良いでしょう。お米は白米ではなく雑穀米や玄米にするだけでもダイエット効果があります。

③食べることに罪悪感を持たない

食べ過ぎてしまったときに自分を責めないようにしましょう。済んだことはもう仕方がないので、「おいしいものを満足するまで食べられて良かった!」と考え、翌日からまた気を取り直してヘルシーな食事をすれば良いのです。

ダイエット中は、食べることが悪いことのように思いがちになりますが、食材や作ってくれた人などへの感謝の気持ちを持って、前向きな気持ちで食べることを意識してみてください。

今回のまとめ

義務や禁止などガマンばかりのダイエットは、ストレスでしかありませんよね。
しかも根性でそれを乗り越えたとしても太りやすい体になってしまうのですから、元も子もないという悲しい結果に。それに、無理の多いダイエットは長続きしません。
高カロリーな食べ物は夜遅くにではなくお昼に食べるようにするなど、ストレスフリーなダイエットにしましょう。

Category : 雑学/健康・ダイエット

注目のキーワード

この記事を読んだひとはこんな記事も読んでいます