雑学/健康・ダイエットTRIBIA/HEALTH-DIET

健康に良いはずのあの飲み物がダイエットにはNG?避けるべき飲み物とは

ダイエット中においては食べ物のセレクトが重要なことであると同時に、飲み物についても選び方次第でダイエット効率が変わってきます
ダイエット中においては食べ物のセレクトが重要なことであると同時に、飲み物についても選び方次第でダイエット効率が変わってきます

ダイエット中の飲み物、意識していますか?

ダイエット中は1日2リットルの水分を取るのがセオリー。

2リットルの水分は食事の水分量を含めてですが、それ以外の水分を補給する際にはどんな飲み物を選んでいますか?

水分といっても当然何でも良いわけではなく、甘いジュースやカフェの甘いコーヒードリンクはNG。
ダイエット中においては食べ物のセレクトが重要なことであると同時に、飲み物についても選び方次第でダイエット効率が変わってきます。

思ったようにやせない時は、飲み物を見直してみるのも良いかもしれません。
積極的に飲むべきもの、避けるべきものを把握しておきましょう。

【contents】

ダイエット中はなぜ水分が必要?

美肌やスタイルを維持するためには、水分を1日に2リットル摂ることを目標にしましょう

美肌やスタイルを維持するためには、水分を1日に2リットル摂るというのはよく聞く話ですが、何のためでしょうか?空腹を紛らわす効果もありますが、それだけではありません。

①代謝が上がる
体脂肪を燃焼させるには、体の代謝がスムーズに行われている必要があります。水をたくさん飲むことで、血液やリンパなど体液の循環が良くなり、代謝を高めることに繋がります。代謝が高まるということは、エネルギー消費量が増えますので、その分脂肪を燃焼させやすくなります。

②腸内環境が良くなる
腸内環境は、美容・健康・ダイエットの観点で非常に重要なファクターです。
便秘など腸内環境が悪化すると、悪玉物質が腸壁から吸収され血液によって全身に巡り、肌荒れや様々な病気の原因となるほか、代謝が低下してやせにくい体にもなってしまいます。

便秘の予防や解消には、水分を十分量摂る必要があります。便秘で硬くなった便が水分を含むので排出しやすくなり、また、水分によって便のかさが増し、腸のぜん動運動を促進。便通を起こさせます。

③デトックス効果
血液により回収された体の老廃物は、腎臓でろ過され、不要なものは尿から排出されます。水分をたくさん摂ると尿量が多くなり、自然にデトックスに繋がります。

水太りタイプの人もたくさん飲むべき?

「水太りするタイプだから」と言って、水分を控えるのは厳禁です。
体の仕組みとしては、水を飲んでそれが体内で脂肪に変わるということはまずありません。代謝機能が正常な人であれば、飲んだ水分は汗や尿となります。

水太りやむくみは、体内の塩分が多くカリウムが少ない場合に起こります。カリウムを多く含む野菜や果物を積極的に食べるようにしましょう。代謝が落ちている人や筋肉量が少ない人も水太りやむくみが起きやすいです。水分をこまめに摂り、体を動かし血行を促進することや、お風呂にゆっくり使って体を温めることを心掛けてみてください

積極的に飲むべきダイエットにおすすめの飲み物

積極的に水を飲むことでダイエットを促進させることができます

積極的に飲むことでダイエットを促進させることができる飲み物をご紹介します。体を冷やさないためにも、常温~ホットで飲むようにしましょう。

●水
基本中の基本である水。浄水器の水でも良いので、積極的に飲みましょう。
便秘にお悩みの方は、マグネシウムが豊富に含まれている硬水が効果的です。

●炭酸水
砂糖など甘味料が入っていないプレーンな炭酸水は、ダイエットに効果的です。炭酸を飲むと二酸化炭素が血中に入ります。血管が拡張されると血流が良くなり、代謝がアップします。つまり、体が消費するエネルギー量が増え、余計な脂肪を蓄えにくくなるのです。

●緑茶
緑茶のカテキンはポリフェノールの一種で、悪玉コレステロールを抑制する作用があり、生活習慣病のケアにも期待されている成分です。

●ほうじ茶
ほうじ茶ならではの香ばしい香り成分に「ピラジン」というものがあります。
ほうじ茶の特筆すべき成分で、リラックス効果が期待できるほか、血液サラサラ効果や、血行を良くし冷えの改善、疲労回復などの作用がります。

●トクホ(特定保健機能食品)のお茶
緑茶やウーロン茶などトクホに指定されているお茶も、適量であれば利用してみるのも良いでしょう。商品により1日の目安量が異なるので、表示をよく確認してください。
通常のお茶よりも、ダイエットや生活習慣病などのケアに対する効果があることが表示されています。

●烏龍茶
脂っこい中華料理と一緒に飲むことでさっぱりさせてくれる烏龍茶。烏龍茶ポリフェノールは、脂肪の分解・吸収する消化酵素・膵リパーゼを抑える働きがあります。つまり脂肪が吸収されにくくなるという効果があります。

●ルイボスティー
カフェインレスなので、どんな人でも飲むことができる体に優しいお茶です。活性酸素を抑える「SOD様酵素」が含まれています。ルチン、マグネシウムなども含まれているので、血流を良くし代謝アップが期待できます。リラックス効果があるので、眠る前にもおすすめ。

●コーヒー
カフェインには利尿作用があり、むくみの解消に期待ができます。
また、血行を良くする効果があるため、基礎代謝が高まります。血液の循環が良くなり、代謝が良くなることで、冷え性や肩こりの解消にもつながります。ダイエット目的で飲むのなら、ブラックかミルクだけを入れて飲むようにしましょう。

要注意!ダイエット中に避けるべき飲み物

「水太りするタイプだから」と言って、水分を控えるのは厳禁です。体の仕組みとしては、水を飲んでそれが体内で脂肪に変わるということはまずありません

砂糖など甘味料が使われているものは、少量ならまだしも「水分補給」として飲んでいたらあっという間に体重が増えてしまいます。ペットボトルのジュース、野菜ジュース、甘いコーヒー飲料など明らかに糖質が高いものは当然避けるべきです。

その他に気を付けたいのが、体に良いと言われている類の飲み物。体に良い面もあるのですが、ダイエット面では妨げになることがあるので注意が必要なものをご紹介します。

●豆乳
「調整豆乳」と記載されているものは、糖分が添加されているものがほとんどです。余計な糖質を摂取することになってしまいます。
どうしても豆乳が飲みたい場合は、「無調整豆乳」「成分無調整」などを選ぶようにしましょう。

●甘酒
ビタミンB群が豊富に含まれ、「飲む点滴」と言われるほど栄養価が高く人気もありますが、甘酒の甘さはブドウ糖によるものです。砂糖が入っている訳ではないものの、麹菌がお米のデンプンをブドウ糖に分解しています。ブドウ糖は体への吸収スピードがとても速いので、血糖値が急上昇し脂肪になりやすいです。

●飲むヨーグルト
飲みやすくするために、ほとんどの商品には砂糖や人工甘味料が使用されています。人工甘味料は非常に低カロリーである反面、その甘さから糖が入ってきたと脳が勘違いしますが、実際には入って来ないのでより糖質を欲して食欲コントロールが難しくなります。

●カロリーゼロ・カロリーオフの飲み物
カロリーゼロやカロリーオフの表示された飲み物は、人工甘味料が使用されていることがほとんどです。砂糖が入ってないので血糖値の上昇は抑えられるとはいえ、「飲むヨーグルト」の項にもあるように、食欲コントロールが難しくなるのと同時に中毒性のある人工甘味料もあると言われています。

参考
Wikipedia https://tinyurl.com/ycgxvpme
https://tinyurl.com/y9cj9y42

今回のまとめ

飲み物は液体なので、固形物よりも体への吸収スピードが速いです。ダイエット中に糖質の高い飲み物を口にすることがないよう、商品の表示を確認してから購入しましょう。

Category : 雑学/健康・ダイエット

注目のキーワード

この記事を読んだひとはこんな記事も読んでいます