海外OVERSEAS

ルーマニアではスクワット20回でバスの乗車券が無料に!

ルーマニアではスクワット20回でバスの乗車券が無料に
ルーマニアではスクワット20回でバスの乗車券が無料に

スクワットをすればバス代が無料に!

WHOによると、世界の19億人が過体重、そのうちの6億5000万人が肥満です。
多くの国が肥満問題に取り組む中、ルーマニアの都市クルジュ=ナポカでは、あるユニークな健康促進キャンペーンが実施されました。

そのキャンペーン内容とは、バス停に設置された専用の発券機の前でスクワットを20回行えば、バスの乗車券が無料で発行されるというもの。
エクササイズをする機会が得られバス代が無料になるというメリットしかないこの試みは、市民の間で大好評を博しているようです。

【contents】

市民からは大好評

ルーマニアも肥満大国のひとつ

2020年にテスト的に実施された際に非常に好評だったことから、2021年においては8月23日から12月まで行われる運びになったとのこと。
スクワット20回と引き換えに入手できるこの券は、現地語で「ヘルスチケット」を意味する呼称で呼ばれています。

専用券売機の前でスクワットをするとモニターが回数をカウントし、20回になると乗車券が出てくる仕組みとなっています。発行された乗車券1枚でバスが1回利用でき、有効期間は7日間なので事前にゲットして後日使うことも可能。

このキャンペーンを発案したのは政府や交通機関ではなく、2019年からクルジュ=ナポカで例年開催されているルーマニア最大のマルチスポーツイベント「Sports Festival」が発案したものです。

地元メディアによると、昨年のテスト期間である9月下旬から12月31日までの間に発行されたヘルスチケットは55,000枚以上に達し、トータルで約100万回ものスクワットが行われたことになるとのこと。

ルーマニアにはまだほかにも肥満対策が

ルーマニアでは、肥満問題の対策として2010年に「ジャンクフード税」を導入していることにも注目です

ルーマニアでは、肥満問題の対策として2010年に「ジャンクフード税」を導入していることにも注目です。
フライドポテトやスナック菓子など、栄養価が低く高脂肪な食品への課税が開始され、世界初の肥満に関する税が実現することになりました。
ルーマニアの子供の4人に1人が肥満だというデータがあり、旧東側諸国では冷戦終結後にアメリカのジャンクフードが伝わったことが肥満の一因になっているのではないかとのこと。

スクワットのここがすごい!

スクワットは脚の引き締めやヒップアップなどにも効果的ですし、基礎代謝を上げるのにも効率的です

スクワット10回による消費エネルギーはたったの3.8kcal(30代/55kg/女性で試算)。ルーマニアのキャンペーンのように20回行っても、その倍の7.6kcalです。しかも有酸素運動ではないので、直接的な脂肪燃焼効果も期待はできません。
このように消費エネルギーや脂肪燃焼の面では大した効果がなさそうですが、スクワットに期待する効果はそうしたことではありません。その他にさまざまなメリットがあるのです。

①大きな筋肉を効率よく鍛えられる
しゃがむような動作を繰り返すスクワットは、下半身全体の筋肉が使われます。主に使われるのは、体の中で最も大きな筋肉である太もも前面の大腿四頭筋(だいたいしとうきん)、大きな筋肉第2位のお尻の大殿筋、そして第3位の太ももの後ろ側のハムストリングスです。大きな筋肉トップ3が集まっている部分を、スクワットなら一度に鍛えることが可能です。これらの部分を鍛えることは、脚の引き締めやヒップアップなどにも効果的ですし、基礎代謝を上げるのにも効率的です。

②全身の血流を良くする

スクワットは全身の血流が良くなるので冷え性にも効くといわれています

女性に多い冷え性は、筋肉が少ないため血流が滞りがちになり起こります。反対に、筋肉量の多い男性には冷え性の人が少ないです。スクワットをすると下半身の筋肉がポンプのように働き、脚から心臓へ戻すためのスムーズな血流が促されます。血流が良くなると酸素や栄養が隅々まで滞らずに運ばれるので、冷えのみならず、病気になりにくい強い体づくりにも繋がります。

③日常動作やちょっとした運動がラクに
スクワットで足腰が強くなると、歩くことや階段が苦痛に感じにくくなってくるので、運動することが自体が苦にならないようになってきます。また、筋肉量が増えた体で運動すると、それ以前より運動が楽に感じられるため継続しやすくなる、つまりダイエットがよりはかどるというメリットもあります。

下半身の引き締めに効くスクワットのやり方

正しい姿勢は手は頭の後ろで組む・前を見て、背筋を伸ばします

・肩幅程度に足を広げ、つま先を少し外側に向ける・手は頭の後ろで組む・前を見て、背筋を伸ばす

この姿勢を基本として、息をゆっくり吸いながらお尻を後ろに突き出すように、床と太ももが平行になるまで膝を曲げます。そして息を吐きながら膝を伸ばします。ゆっくり行うとより効果的です。無理のない回数から始めましょう。

関連記事
Romania-insider https://www.romania-insider.com/cluj-squats-free-bus-ride-sept-2020
Sports festival https://www.sportsfestival.com/festival/
https://www.youtube.com/watch?v=wABXUq46x_0&t=2s
WHO https://www.who.int/news-room/fact-sheets/detail/obesity-and-overweight

今回のまとめ

スクワットによって筋肉が付きすぎて脚が太くなるのでは、と気にする人もいるかもしれませんが、アスリート並のトレーニングを行わない限り、その心配はまったく無用です。
大きな筋肉トップ3が集まっている部分を、スクワットなら一度に鍛えることができ、脚の引き締めやヒップアップなどのほか、やせやすく疲れにくい体づくりに有効です。

Category : 海外 / 雑学/健康・ダイエット

注目のキーワード

この記事を読んだひとはこんな記事も読んでいます