Twitterでシェア

このサイトの記事をツイートいただいた方の中から抽選で毎月3名様にマイクロダイエット1週間チャレンジセットをプレゼントしています!

Twitterでシェアする

リサーチRESEARCH

記事を読んだらバナーをクリック!

にほんブログ村 ダイエットブログ ダイエットの豆知識へ

Twitterでシェア

このサイトの記事をツイートいただいた方の中から抽選で毎月3名様にマイクロダイエット1週間チャレンジセットをプレゼントしています!

Twitterでシェアする

ダイエット&エコの密接な関係(続編)

カテゴリー:リサーチ / 雑学/健康・ダイエット

ダイエット&エコの密接な関係(続編)

資源を無駄にしないこと、全てにおいて「もったいない」の気持ちを持つ事。今すぐできる、最も身近なエコをあなたも始めてみませんか

前回、多数寄せられた投稿の中でも代表的なご意見をピックアップさせていただいた結果、かなりの反響をいただきました。あらためてダイエット&エコの密接な関係と読者のダイエット意識の高さを痛感しました。

今回は、投稿いただいた中から少数意見ながら素晴らしいエコなコメントをいただきましたので、続編として紹介します!

・キレイに美しく健康的にダイエットすると体の調子も良くなり、病気にもなりにくいので医療費がかからなくなる。(女性・38歳)

・肉食が減る→家畜飼育による森林伐採などがへり、家畜の出すメタンガスも減る。(女性・26歳)

・エレベーターに1度に大勢乗れる(女性・36歳)・買い物をネットで済ませず、外へ出かける。(荷物の配送にかかるCO2や、梱包材の削減)(女性・30歳)

・今までシャワーなど簡単にお風呂を済ませていたのですが、ダイエットのために湯船につかり、残り湯で洗濯を始めたので、水を無駄にしなくなった。また、洗濯機まで湯船のお湯を運んだりして、体を動かすようになった。(女性・36歳)

・ダイエットを始めてジュースよりもお茶派になりました。お茶の出がらしを流し台のシンクの水アカとりや食器を洗剤で洗う前に、出がらしのお茶でこすってから食器を洗うと洗剤がなくてもきれいに汚れが取れる。(女性・36歳)

・体を動かす目的でボランティアに参加する(町のゴミ拾いなど)(女性・21歳)

きれいな花や緑を愛でることができるのも、心に余裕があればこそ。植物を愛でれば心が和んで、良い精神状態を保つことができます

さらに、物質的なエコだけでなく、心のエコも!

・ダイエットで自信が持てるようになり、印象も変わったので人付き合いができるようになった。ストレスが減った。(女性・56歳)

・美容院のいすをUPするとき、ペダルを重そうに何回も踏まれるのがとても嫌だった。ダイエットでそのストレスが減った。(女性・56歳)

・花をめでる余裕ができて、緑を育てたくなる。(女性・48歳)

・自分の基礎代謝以上の食物を摂ると余ったエネルギーで太ってしまう。・・・という事は、「ダイエット」をして自分に必要な分だけを摂取すれば、必要のないものは他者へと譲ることになる。
譲るという精神。
美しく健康的な外見には健康的な精神が宿り、万物に優しく尊敬を持って接することができると思う。
そして、優しく、他を思いやる精神を持つ人は、環境に配慮ができる。
ということで、エコなのです。(女性・50歳)

・全てにおいて「もったいない」の気持ちを持つ事、究極のエコだと思います。(女性・58歳)
世界の67億人の人口のうち、10億人が飢えに喘ぐ一方で、10億人が肥満など食に起因する生活習慣病に苦しんでいます。

「TABLE FOR TWO」という活動をご存知でしょうか。

2007年に日本で設立され、2010年1月にNPO法人(特定非営利活動法人)として認可。
国内の有力企業の協力のもとに、活動しているボランティア団体です。

「TABLE FOR TWO」プログラムは、対象となる定食や食品をご購入いただくと、1食につき20円の寄付金が、「TABLE FOR TWO」を通じて開発途上国の子どもの学校給食になります。 20円というのは、開発途上国の給食1食分の金額です。つまり、先進国で1食とるごとに開発途上国に1食が贈られるという仕組みです。

ご飯を減らしたり、低カロリーにしたメニューを社員食堂でこれまでの価格のままで販売し、そのカロリーを抑えて削減された分を開発途上国に寄付している企業が増えてきています。

これも直接的なダイエット&エコかもしれませんね。

先進諸国に住む
10億の人々が食に起因する肥満・生活習慣病に苦しむ裏側で、いまなお飢えに苦しむ10億の開発途上国の人々が存在することを私たちが日ごろ意識することは少ないのではないでしょうか。

食事も自分に必要な分だけを摂取して、残りを世界各国の人々に目にみえる形で分け与えることができれば、私たちのエコ意識はますます高まるのではないでしょうか。

「TABLE FOR TWO」

前回の記事を読む
「今すぐできる最も身近なエコ、それはダイエット!」

Category : リサーチ / 雑学/健康・ダイエット

記事を読んだらバナーをクリック!

にほんブログ村 ダイエットブログ ダイエットの豆知識へ

注目のキーワード

この記事を読んだひとはこんな記事も読んでいます