Twitterでシェア

このサイトの記事をツイートいただいた方の中から抽選で毎月3名様にマイクロダイエット1週間チャレンジセットをプレゼントしています!

Twitterでシェアする

リサーチRESEARCH

記事を読んだらバナーをクリック!

にほんブログ村 ダイエットブログ ダイエットの豆知識へ

Twitterでシェア

このサイトの記事をツイートいただいた方の中から抽選で毎月3名様にマイクロダイエット1週間チャレンジセットをプレゼントしています!

Twitterでシェアする

2019年は75.3%もの人がお正月太りに!あなたは何キロ増えましたか?アンケート集計結果発表!

カテゴリー:リサーチ / 雑学/健康・ダイエット

2019年は75.3%もの人がお正月太りに!あなたは何キロ増えましたか?アンケート集計結果発表!

マイクロダイエットネットで毎年恒例の、お正月太りと今年のダイエット目標アンケート!
さあ、今年の結果はいかに!?

「年末年始太りについてのアンケート」(サニーヘルス調べ/インターネットリサーチ、全国の18歳以上の男女765名が回答)によると、今回の年末年始で太ってしまったという人は75.3%にも上るという結果!
昨年2018年の同アンケートでは 69%でしたので、6.3%も増加したことになります。

今回の年末年始の休みは、土日と併せて9連休だった人も多いのではないでしょうか?
休みが長くなると、やはりその分生活リズムが崩れ食生活は乱れやすくなってしまいます。今年お正月太りをした人が多かったのは、その辺りが原因だと推測されます。

そして増えた体重ですが、「体重が増えなかった」人を含めた平均値は1.54kg、「増えた」と回答した人のみの平均値は2.04kgという結果でした。

過去5年の平均増量キロ数は以下。

2015年 71.3% 平均 2.14kg 増加
2016年 68.3% 平均 2.01kg 増加
2017年 60.8% 平均 1.97kg 増加 
2018年 69.0% 平均 2.11㎏ 増加 
2019年 75.3% 平均 2.04㎏ 増加 ←(今年)
(※「体重が増えた」と回答した人のみの平均増加数)

このアンケートでは例年、およそ7割前後の人たちが2kgほど太ったと回答していますから、年末年始はやはりほとんどの人が太ってしまうようです。連休が終わり、通勤服や制服を着た時に少しきつくなったと感じたら、早めに対処しましょう!

■2019年の調査結果詳細

【年末年始で増えた体重は?】

1位 : 1kg増えた(28.8%)
2位 : 2kg増えた(25.1%)
3位 : 3kg増えた(15.9%)

1~3㎏の微増の人が、全体の約7割という結果でした。この程度であれば、普段の生活に戻ることで体重も徐々に戻っていきますので、それほど心配する必要はありません。
また、体重が増えなかった24.7%の人は、

●通常よりも食べる量が増え、アルコールを飲む機会も多かったが、食べる内容を考慮した。アルコールを飲む際や、後にお茶等のカロリーの無い飲み物を意識して摂り飲みすぎ予防をした。食べ過ぎた分を消費する為に、家の中にいても意識して動いた。

●お正月はあまり暴飲暴食しなかったので、現状維持です。

など、ご自身でコントロールをした結果太らずに済んだ、という声が多く寄せられました。年末年始はクリスマス、忘年会、お正月と宴席が続きますから、こうしたイベントでは食べ方や食べるものを意識的に選ぶことが、太らないためのポイントとなってきます。

問題なのは、4kg以上増えてしまった残りの5.3%の人。食生活や生活習慣全体が乱れたままにならないよう、一度見直してみましょう。気持ちを新たにダイエットに取り組まないと、脂肪と体重がそのまま定着してしまうかもしれません。

【太ってしまった原因は?】

●忘年会はとりあえず参加。調整はしつつも、飲み会に行くとどうしても食べ過ぎる。(28歳・女性)

●夜、晩ご飯を食べた後に、ポテトチップスなどのお菓子を食べていた。運動は全くしてない。(34歳・女性)

●ケーキやお菓子を食べる頻度が多くなったように思います。また、自宅で過ごす時間が長く、運動をする頻度が減ったと思います。(38歳・女性)

●忘年会と新年会、とにかく食べる量とお酒を飲む量、大好物のスイーツを食べ過ぎた。
(51歳・女性)

年末年始に限らず、太る原因は摂取エネルギーが消費エネルギーを上回るため。どうしても食べすぎてしまうことはあると思いますが、その後にどう行動するかが太るかどうかの分かれ目です。
食べ過ぎた直後は、食後30~60分後ぐらいにウォーキングやスクワットなどの軽い運動を行う、次の食事は野菜を中心に食べるなどにより調整し、更なる体重増加を防ぐためにも、一日も早く生活を元に戻すようにしましょう。

【最も年末年始太りをしてしまった年代は?】

年代別(10歳刻み)による増量キロ数

1位 : 20代(2.39kg増)
2位 : 30代(2.16㎏増)
3位 : 40代(2.03kg増)

20代の増量数が最も多いという結果になりました。

●母親が料理を用意しすぎ、寿司+お雑煮等々何食分かを一気に食べることになる。家にいても食べる以外にやることがないので、いる間だらだらと食べることになってしまう。(28歳・女性)

●親戚回りで、かにや揚げ物など常に食べ物に囲まれていました(36歳・女性)

●旅行でその土地のおいしいものを食べました。子供達が帰ってきたのでごちそうを作って食べさせました。一緒に食べるので体重も増加してしまいました。(54歳・女性)

●温泉でごちそう三昧。お正月は、おせち、おもち三昧!週4~5のフィットネスはパスで、運動不足!家族とべったりでダイエットをする暇がありませんでした。(60歳・女性)

年代問わず、お正月太りは状況に逆らえない部分がどうしても出てきます。日常生活に戻った時に、食べ癖を引きずらないようにしましょう。

【2019年の減量目標数】

1位 : 5kg(25%)
2位 : 10kg以上(24.7%)
3位 : 3kg(13.7%)

5~10kg以上の減量を目標にしている人が全体の半数以上を占めるという結果に!減量数が大きければ大きいほどダイエット期間も長くなりますので、モチベーション維持が成功の鍵になります。

そのためには、
・家族や友達にダイエットを宣言する
・やせたら二の腕や脚を気にせずファッションを楽しみたいなど、目標を具体的に設定する
・インターネットのダイエットサイトやダイエットアプリ、SNS等を利用してダイエットの仲間を探す
・前の日の体重ではなく2週間前の体重と比較する
・ダイエットのためにできた行動を自分で褒める
などの方法を試してみてください。

ダイエットはガマンばかりを強いられる苦しいものではありません。もしそうしたダイエットをしているのなら、リバウンドをしてしまう可能性が高いです。ダイエットを通じて、少しずつ変わっていく自分を楽しむということを意識してみてくださいね。

Category : リサーチ / 雑学/健康・ダイエット

記事を読んだらバナーをクリック!

にほんブログ村 ダイエットブログ ダイエットの豆知識へ

注目のキーワード

この記事を読んだひとはこんな記事も読んでいます